布団は冷たいが町は温かい 

                           
DSC_5132bh.jpg DSC_5173bh.jpg DSC_5200bh.jpg
思い出の松浦食堂。右の酒屋はお休み
DSC_5118bh.jpg

いやはや、今回の帰省(墓参)は雨風に祟られて散々であった。1日目(13日)は東京も雨で駅まで行くうちに手提げ袋の上に載せた新聞がビショビショになった。雨風が強いので墓参は中止、草取りも写真撮影もできないので、ローソンでカーネーション1本を買い仏壇にお土産と伴に供える。カーネーションは土の代わりに消臭剤と似たようなビーズが入っている。どのくらい持つものであろうか。夕食を食べ、飲んでいるうちに弟が絡み出したので、まだ6時だが早々に引き上げる。風呂は面倒だし私が入った後のお湯は捨てることになり、もったいないのでシャワーにするが当然寒い。ベッドは冬布団を掛けたので大丈夫だろうと思っていたが、夜中に風が強くなり、身体が温まらない。毛布を追加したがまだ寒く、PETボトルにお湯を入れて湯たんぽ代わりにしたが効かず、熱いお湯を入れてやっと寝付けた。

                    
DSC_5121bh.jpg DSC_5183bh.jpg DSC_5193bh.jpg
DSC_5167bh.jpg DSC_5245bh.jpg

次の日は寝坊したので、昼ご飯を食べてから墓参りに行く。周りを掃除して花を供えるが、線香やろうそくは風が強いので立てられない。写真を撮り歩きついでに、本町の旧姓Aさんの薬局に寄り四方山話。中学のN先生が亡くなったという。N先生は音楽の担当で私をコーラスメンバーから降ろした事件の恨みが忘れられない。顛末についてはこちら(たかしくんに言わせると生徒虐待だという)。ついでに大根のど飴を1つ買う。家のまわりの草取りをするが、地面が濡れているので靴が泥だらけになってしまった。ダイエーのアイディアショップで買った狭いところの草が取れるという器具を使ってみたが、屈んでやるので膝と腰がけっこう痛くなる。結局、3分の1ほどはやり残した。
さて下町の途中に脇へ入る二股道があり、いつも歩いて撮っている道だが何となく気になっていた。今回たまたまそこにいた男性と話をしたところ、この道が江戸期の旧道だと聞かされた。道は川で途切れているが、かつては橋で川向こうの道につながっていたのだという。意外な情報だった。藤川旅館の横の道は新しい道だということになる。

真ん中の写真、右の道が江戸時代の旧道だという
DSC_5060bh.jpg DSC_5099bh.jpg DSC_5085bh.jpg

3日目も烏帽子のお山は姿を見せない。親戚のHさんのところへお土産を届け、写真を撮って歩くが天気が悪く遠出する気にならない。鳥居が壊れた石神様へ行ってみた。再度近所のYさんやUさんと話をする。石神様が財務省の土地であること、Uさんの本家(在北海道)から毎年しめ縄が送られてきていること、石神様は軽石なので年々小さくなってきていること(屋根を掛けるのが望ましい)、鳥居の廃材で賽銭箱を作ってもらったらお賽銭ごと盗まれたことなどの話を聞かされる。塩ビの鳥居が安価なので本家の人の意向も聞き、何とかご近所を纏めてもらえないだろうかなどと話していると、Uさんが私には荷が重すぎてできないと言い出した。とりあえず本家の電話と住所を聞いて置いてもらうことにする。確かに高齢のUさんに負担を掛けるべき案件ではない。帰り際にYさんはこっそり「(ご近所は)みんなこうなんですよ」と打ち明けてくれた。石神様の存続に責任を負わされたくないという思いらしい。

                
DSC_5202bh.jpg DSC_5204bh.jpg
DSC_5112bh.jpg DSC_5137bh.jpg DSC_5119bh.jpg DSC_5225bh.jpg

もう一度お墓に寄り灯明だけ点けて懇ろに拝んでおく。帰り道、偶然役場の近くにGARDEN CAFEという小洒落た喫茶&雑貨の店を発見したので入って珈琲を飲む。広い店内はログハウスふうでテーブルやイスも手造りで纏められ、カントリーウエスタンが掛かっている。弟に聞くと彼の同級生の娘さん達がやっている店だそうだ。女性向けだというが、野辺地は喫茶店が少ないので続いてほしいと思う。

                    
DSC_5215bh.jpg DSC_5224bh.jpg DSC_5128bh.jpg
DSC_5256bh.jpg DSC_5280bh2.jpg
                           
                      

スポンサーサイト

木枯らしの街にて 

自分の仕事が進まない。新聞の山を片付けるつもりだったが、視力が予想以上に悪くなり免許更新でも危うい状況だった。視力を守るにはスキャンと新聞の仕分けを交互にし、しかも時間を制限する必要がある。おまけに安倍政権がへんなことを次々に仕掛けるので、1日の新聞に数個の重要記事が載っていることもあり、まともにやっているとへばってしまう。ギャラリー回りのノルマは何とかこなしているが、このところ本はほとんど読めていない。

                 
DSC08282bh.jpg DSC08276bh.jpg DSC08305bh.jpg

東京の人情のかけらもない木枯らしがこたえる。今年の寒さは格別ではないだろうか。地球温暖化はちっとも進んでいないようだ。おまけにこちらは風邪の後遺症(?)で寒けがヒドい。風邪薬は残っているが飲み合わせがきかないので、バファリンを飲み始めた。少しいいところを見ると、やはり風邪だったのか。36.4度。体温計では熱が下がったようには見えないが……。
私はと言うと、今年は半袖のアンダーシャツの上に長袖のアンダーシャツを着込み、ズボン下はもちろん、セーターの下にチョッキを着込んで使い捨てカイロを持って出かける。めっきり寒さに弱くなった。使い終わったカイロは夜寝るときに敷き布団の足元の一番下に入れると具合がよい。
手の特に指先が冷たくてかなわない。ノブに触りたくない。食器洗いはしたくない。家にいても暖かいのは畳の居間だけで、キッチンもトイレも風呂場も寒いので行きたくない。行動の自由を確保しヒートショックを防ぐには、不経済でももう1つ熱源を据え付けなければならないのかな。

                   
DSC08267bh.jpg DSC08269bh.jpg DSC08270bh.jpg

食生活の改善を図っている。まず、毎朝飲んでいたトマトジュースを止めて、トマトジュースのスープを作っている。肉を使わないスープの素(マギー無添加ブイヨン)と塩少々、コーンスターチ適量を水で溶いたものを混ぜ沸騰したら火を止める。急に吹き上がるのであくまで弱火で熱する。夜寝る前は無調整豆乳を使い同じようにスープを作る。なお、無調整豆乳と酸性のトマトジュースを混ぜると粉っぽくなりうまくない。ヨーグルトを混ぜるのはかまわないようだ。このところ飲み物もコーヒーより紅茶を飲むようにしている。紅茶に迫力を付けるにはポッカレモンを入れるのが効果的だ。紅茶は余り好きではないので、時々コーヒーも飲む。

                           
DSC08296bh.jpg DSC08297bh.jpg

ざくろ小路(と名前を付けてみた)の猫たちは元気だが、ちょっと様相が変わってきた。一番愛嬌のあった末っ子の姿が見えなくなり、別の雌猫は離れた場所で小さな子猫を遊ばせている。子猫1匹だけは淋しいが、いささか時期外れの子作りかとも思う。もう少し暖かくなったら確かめてみたい。

                          
DSC08285bh.jpg DSC08287bh.jpg

                           

校閲ガールはムチ打ち刑? 

窓猫特集(いずれも北砂にて)
DSC00212bh.jpg DSC00221bh.jpg

生意気千万な元外交官・宮家邦彦が週刊新潮のコラムで「ある論文で宥和と書いたら融和と直されてしまった」と憤慨していた。宥の字は常用漢字に入っていないので校正者は直さざるをえなかったのだろうが、宥和政策という言葉の意味は台無しである。しかし邦ちゃんの論文を直すなんて大した度胸じゃないか。「テロリストに身代金を払ってテロがなくなりましたか」と言うのが彼のおはこだが、では「テロリストに爆弾を浴びせてテロはなくなりましたか」と訊いてみたいものだ。シリアで拘束されているはずの安田さんはどうするつもりですか、ともね。
                 
                     

DSC00167bh.jpg DSC00226bh.jpg
                
路地の片隅、柘榴の樹と駐車場に囲まれた曲がり角で暮らす半野良兄弟が、ますますやんちゃになっている。柘榴を剪定し雑草を刈ろうとするご主人の、長枝ばさみの柄にまとわりついて大変である。母親も子供を押さえつけたり取っ組み合ったり、親子ですっかりやりたい放題。餌をやっているお宅のご主人は黙って見ている。これから寒くなるというのに大丈夫なのか。彼らは草ボウボウの宅地跡の隅で暮らしているようだ。
ご主人が「柘榴を持っていくか?」と訊くのでせっかくだから1つもらった。焼酎に入れるとおいしいと言うので焼酎を購入。中の実をすりつぶし汁を焼酎に入れて飲むと、甘酸っぱさがなかなかだった。
                
                   

DSC00190bh.jpg DSC00183bh.jpg

A氏に呼び出されて池上線沿線のバーへ行く。暮れ果てた街路がいつの間にか降り出した雨に濡れている。噺家の女房さんが来たりして店は盛況だが、ママとの話が最初からかみ合わない。A氏の言うこともなぜか今日は妙にズレ気味だ。それにこの店、酒は焼酎しかなくつまみは何もない。私のようにつまみをたくさん取って燗酒を好む口にはまことに不向きである。焼酎をお湯割りで飲んでいたが、いつもの日本酒のペースになっていたらしい。
店を出るときによろめいたのが前兆で、電車を乗り換えて帰る道すがら急激に酒が回ってきた。階段でつんのめり、エスカレーターでふらつき……よく降りる駅を間違えなかったものだ。うちに帰ってパソコンを立ち上げ、岡部先生からの慢性病で難儀しているというメールを読んだのは覚えているが、風呂に入る余裕もなく寝てしまった。朝方、むかつきと頭痛がして目が覚めたものの胃薬がない。なんとか二度寝して目が覚めたら10時前。久々の宿酔になった。
飲んだ私が悪いのは認めざるをえないが、もうあの店には行く気がしない。少なくとも今年中は無理だと思う。作歌ノートを開くと件の噺家をインタビューした新聞記事のコピーが挟まっていた。いつ誰からもらったのか全然記憶がない。ふらつきは次の日の夕方まで残っていた。この店のことは前にも書いた(こちら)。
                   
ミャーは元気になった。右はミャーの隣人(野良)                        

DSC00148bh.jpg DSC00159bh.jpg
                          

野辺地の秋、深し 

いやはや、今年後半最大級の厄日は間違いではなかった。しかも、15日だけではなく16日も続いたのだ。いつかの時と同じ厄続きになった。案の定、弟とはかなりまずくなった。しかし、好天に恵まれ思わぬ吉事もあった。
              
               

dsc_4532bg.jpg DSC_4740bg.jpg
      
金曜日、昼前のはやぶさ17号で八戸へ。八戸の空気はひんやり。野辺地駅は駅前の改修工事が終わり、駅舎前の通路に屋根が掛けられていた。駅前から弟の車に乗り、途中花を買ってお寺へ行く。お墓は草がボウボウでがっかり。草を取り墓石や周りを掃除して花を供えると、何とかそれらしくなった。そこから一人写真を撮りながら帰るつもりで同期生K君の荒物屋の前を通ると、風情のあるガラス戸が真新しい黒のアルミサッシになっていた。思い切って声を掛けると妹さんが出てきて、K君は出かけているが脳梗塞で半身が不自由になっているという。そこから坂を下り、夕暮れ迫る川の畔を行きつ戻りつ写真を撮って家に帰る。仏壇に灯を点し線香を供えるとほっとする。夕方になると急に冷えてセーターを着込んでいても寒いほどだ。
                  
                   

DSC_4573bg.jpg DSC_4572bg.jpg DSC_4748bg.jpg
                     
次の日は途中で起きたりしたので目が覚めると10時! 雲一つない快晴である。軽食をとり軽く駅裏などを散歩し、昼食後は家の草取りに掛かる。下はそれほどではないが、洗濯物干し場の中に入り込んではびこったつる草がやっかいだ。それらを切ったり刈ったりしてなんとかゴミ袋に押し込む。それから町へ行こうとして駅前にさしかかると、観光センター前で誰かがギターを鳴らして「花~は花は……」などと歌っている。よく見ると私の写真を飾ってくれたI社長ではないか。路上のミニコンサート(?)だというのだが、彼とA氏夫妻しかいない。ひとしきり歌うと次はA氏の番だ。女子高生が通りかかるが素通りしていく。見物客がほとんどいないまま寒くなったので終了。だいぶ写真を撮ったが、使えそうなものがあるだろうか。コンサートは次回に期待したい。そのあと川のほとりなどいつものコースで写真を撮って歩いた。
観光センター2階では復元北前型弁才船みちのく丸のパネル展示が行われていた。鎖国政策の下で最大限の物流テクノロジーを練り上げた北前船の英知はもっと誇っていいと思う。
                
              

DSC_4615bg.jpg dsc_4545bg.jpg DSC_4662bg.jpg
                 
3日目は午前中、小中野開拓(琵琶野)への道を散策する。宅地開発で変わったところも多いが、静まりかえった杉林のある風景は昔のままだ。快晴でセーターとジャンパーを脱いでも暑い。午後は墓参りついでに町をぶらついて写真を撮り歩いた。石神様の前を通りかかると鳥居がなくなっているのに気が付いた。近所の人に聞くと老朽化して取り除いたが、檜だと高価な上、檜自体が入手困難で困っているという。とりあえず千円を鳥居代としてカンパしておく。なお、現在の鳥居にはお手軽な硬質塩化ビニールも使われているそうだ。
17:47野辺地発。はやぶさ36号で上野着。しかし都営新宿線が遅延し、森下で1時間近く待たされてしまった。
               
                  

DSC_4722bg.jpg DSC_4711bg.jpg DSC_4764bg.jpg
DSC_4730bg.jpg DSC_4642bg.jpg
DSC_4766bg2.jpg
                

重巡インディアナポリス 

私は40年ほど前、ちり紙交換をしていたことがある。会社が調布という当時住んでいた祐天寺から通うにも不自然な場所で、いくら仕事がない頃と言っても無理があった。しかも古紙価格が谷底の時期で商売自体が芳しくなく、結果は定期券代にもならないボランティアに終わった。さて今月の10日ほど前、貞松瑩子という詩人の訃報が目に留まった。夫は文芸評論家の故遠丸立氏云々とある。ちり紙交換で調布の山の方を流している時、遠丸立の表札を偶然見かけたことがあったのだ。丘の下の小さな家の光景が甦った。
                   
DSC08095bg.jpg DSC08152bg.jpg DSC08154bg.jpg
               
都知事選で鳥越氏のスキャンダルだけが叩かれるのはまさに異常である。日刊ゲンダイが言うとおりだ。他の候補のスキャンダルも報道するのならいい。たとえば小池氏には都議補選に立候補している元秘書への裏金疑惑が残る。在特会、それと要職にあった日本会議との関係も知りませんでは済まないだろう。増田氏には岩手県知事時代に残した負債の問題がはっきりしない。本人が明らかにしたくない部分を追及し、さらけ出すのがマスコミの任務のはずだ。鳥越氏だけを執拗に叩く裏には、このスキャンダルは官邸公認のネタだから絶対大丈夫という暗黙の了解が感じられる。もっと言えば権力が流す餌に易々と飛びつく現代マスコミの堕落がありはしないか。権力に餌をもらって生きるものをマスコミとは呼べない。ましてや選挙妨害まがいの策動に荷担するなんてあんまりだ。
                   
DSC08029bg.jpg DSC08103bg.jpg DSC08140bg.jpg
                    
東京新聞の読者情報誌『暮らすめいと』8月号が「紙面が語る 衝撃のあの日(特別版)」で、米国地方紙の1945年8月15日付紙面を紹介している。ヘッドに「太平洋で戦火やむ」とあるが、私が惹かれたのは原爆を運んだ重巡インディアナポリス沈没のニュースが半月遅れで掲載されていることだった。
インディアナポリスは日本へ投下する2発の原爆をテニアン島へ運ぶ任務に就いた後、グアムからレイテ島へ向かう途中、伊号58潜水艦に発見され3本の魚雷を食らって沈没した。7月30日深夜過ぎのことだ。しかし、波間を漂う乗員の救助が始まるまで2日もかかった。救難信号が日本軍の謀略と見なされたこと、極秘の単独任務だったこと、犬猿の仲だったスプルーアンス(海軍)とマッカーサー(陸軍)の管轄地帯の狭間で起きたことなどが原因に挙げられる。1200人弱の乗員の内、救助されたのは300人余であり、サメの餌食になった者もいたようだが、悲劇はそれだけではない。生還した艦長が軍法会議にかけられて有罪判決を受け、68年にピストル自殺を遂げる。再調査の結果、米国議会が彼を無罪と認め名誉回復したのは2000年、クリントン大統領の時であった。なお同艦撃沈が原爆投下前だったため、米国政府は秘密の漏洩を疑って驚愕し報道を押さえたのである。
               
DSC08161bg.jpg DSC08128bg.jpg