自作餃子にドレッシングを掛けると…… 

来た来た来た来たーーーーっ、北街角の心は熱い! 電話での世論調査、来ました。実際にやってたんだね。投票に行くかどうか、次の選挙、現在予定されている候補者に投票するかどうか、安倍政権を支持するかどうか、など。自民党の某は論外だが、民進党の某も曲者で素直に一票とは言えないのが苦しい。電話の問い(自動音声)はあまりに早く聞き取れなくても聞き返しは出来ず、アタフタしてしまう。
                  
                      

DSC00551bh.jpg DSC00590bh.jpg

いま餃子に凝っている。市販の餃子は肉が入っているし、豚肉だけならいいが、鶏肉が混じったり鶏肉エキスが入っていたりする。鶏と聞いただけで鳥肌が立つ私が異常なのかどうか。こうなったら自分でつくるしかないと思い立った。が、なかなか上手くいかないものだ。
材料は餃子用みじん切り野菜(旭物産)、ギョーザの具味付用(調味料・富士食品工業)、スライスニンニク(フジサワ)、ツナ缶詰、それに餃子の皮である。最初は調味料(液体である)を入れすぎてしょっぱくなった。調味料はうんと少なめに入れるのがコツのようだ。それどころかこれを入れなくてもいいぐらいだ。なお、出来合いのみじん切り野菜は刻みが大きいので、自分で更に細かく刻む必要がある。ニンニクも水で戻し刻む。ツナは油をよく切っておく。これらを混ぜ合わせ皮に包むのだが、肉が入らないので粘りが出ない。いささか包みにくいので当分餡を少なめにする。フライパンに水を入れ蒸し焼きにすると、大変おいしい餃子のできあがりだ。試行4回目ぐらいでやっと食べられるものになった。
もう1つ、ドレッシングの自作が楽しい。前に片栗粉を使った分離しないドレッシングを紹介したが、いまはレシピを大幅に変更したものを使っている。ベースはプレーンヨーグルト。それに4分の1程のオリーブオイルを混ぜ、ポッカレモン、洋カラシ、塩、コショウ(いずれも好みの分量)、チューブ入りニンニク少々を加えよく振り混ぜる。市販のドレッシングと違ってヘンな添加物は一切入っていないので安心である。逆流性食道炎になって酢がいけないということになり、再検討した。このゴールドドレッシングは私の朝の食卓に欠かせない。
                     
                  

DSC00540bh.jpg DSC00532bh.jpg DSC00543bg.jpg
      
伊藤明徳の写真集『原風景』を買いに南砂のたなべ書店へ行く。南砂の丸八通り沿いにこんな大きな古本屋があるとは、聞いたことはあったが行ったのは初めて。映画のパンフ類が多く、その他写真集やコミック、アダルト系、VHSビデオまで万遍なく取り扱っているが、文学・思想や詩歌はやや少ない。伊藤明徳と言っても知らない人がほとんどだろうが、80年代に強い焼き込みなどでつくった、おどろおどろしい写真を発表していたアマチュア写真家である。年代は私たちより少し下。いまなぜ伊藤明徳か……その理由は次回。

追記:餃子にドレッシングを掛けることはありません。念のため。
           
      

DSC00589bh.jpg
           
                  

スポンサーサイト

プランゲ文庫 

砂町銀座
砂町銀座

今日は国会図書館の憲政資料室へ行く。母の短歌の師である稲垣浩の歌誌『陸奥』を見に行ったのである。見て確認した上でコピーしてもらった。もしかしたらと期待したが、昭和22年刊の『陸奥』創刊号に母の作品は載っていない。母は青森の『樹氷』に加わった後、昭和12年に稲垣浩が創刊した『美籠』にはじめから参加し歌を学んだ。昭和12年といえば母は19歳である。大戦が勃発し戦況が悪化すると『美籠』は『地上』と合併させられ、正常な軌道に復するのは昭和23年に『国原』が『美籠』を引き継いで創刊されてからといえる。では『陸奥』はどういう位置づけになるのか。それはこれから調べたい。
父が亡くなって以来、母の歌を収集すべくあちこちの図書館・文学館を渉猟してきた。しかし状況はかなり厳しい。『美籠』はあることはあるが肝心な部分がごっそり欠落している。某氏が借り出したといわれるが、本人は既に亡くなっている。古本屋も常にチェックしているが、なかなか引っかからない。ただし、奇跡的に存在するのが終戦直後、米軍占領下の歌誌で、GHQがすべての出版物を検閲するため提出させていたのである。メリーランド大学を休職し参謀第2部で戦史の編纂作業に当たっていたプランゲ教授がその資料的価値に気づき、検閲制度が終了したとき、資料のうち図書、雑誌、新聞などをメリーランド大学に移管した。これが俗に「プランゲ文庫」と呼ばれるものである。その後、日本とメリーランド大の共同作業によりマイクロフィルム化が進められた。『地上』『国原』の分はプランゲ文庫のマイクロフィッシュから収集することができた。まさにGHQさまさまである。

今日1年ぶりに行ってみたらシステムが新しくなり、パソコンライクなシステムでマイクロフィッシュから簡単にPDF化できるようになり、読み取り精度もグンと向上していた。ただし、使い方が慣れないので手間が掛かった。
     

草食系じじいの危機一髪 

猫の恋

今週は例の雑誌の仕事が水・木・金、土曜日には急な飛び込み仕事が入り、来週は別の仕事が追加になって結構忙しい。水・木・金の仕事は時間に追われ大変だった上に、遅くなってスーパーでの買い物ができず、冷蔵庫が空っぽになった。今日、スーパーへ寄ったが、節約しすぎて結局料理の見通しが立たない食材ばかりになってしまった。節約というのはお金だけではなく、重くなるので量をセーブしたのだが……。

さて、私は自慢ではないが草食系じじいである。肉が食べられない。特に鶏肉が苦手だ。コンビニへ行くと弁当コーナーには若者向けの脂ぎった肉の弁当がこれでもかとばかりに並んでいるし、街は唐揚げの店が大繁盛である。食肉でも鶏はほとんど工業製品で、なんだか酷いところへニワトリを押し込めて太らせ、流れ作業で殺して人に食わせる。私に言わせれば、よくそんな物が食べられるなという感じだ。コンビニでもベジタリアン(私のような準ベジタリアンを含む)用の弁当はほとんど選択肢がないのが現状である。肉を先験的に価値と考えているふしがあるのだ。肉を食わせてやるから有り難く思えというのが大方のセンスだ。以前、つけ麺店で「野菜つけ麺」というのを注文したら、野菜は確かに入っていたがその上に半生肉がべちゃーっと置いてあり、往生した。店員は私の苦悩がさっぱりわからないようであった。つけ麺店などは私を苦しめて楽しむサディストの館であろうか。

ところが悩みはそれだけではない。肉は日常の至る所に密かに侵入している。たとえば野菜サラダをコンビニで買う。原材料に鶏を含む、とある。フーッ、危ないところであった。カレールー、これまたチキンエキス、牛脂などを含む。したがって高いがアレルギーフリーのものを買うしかない。焼きそばもソースにチキンエキスを使っているし、スープもコンソメだけではない。煮豆にまでチキンエキスが使われていることがある。スーパーで売られている餃子もほとんどは豚+鶏で、豚肉だけだったとしても必ずチキンスープが使われているので油断できない。なお私は豚肉だけの餃子や粗挽きソーセージはなんとか食べられる。