続ハイシャ復活戦 

DSC08966bh.jpg DSC08967bh.jpg DSC08963bh.jpg

22日、歯科クリニックへ行く。10年ぶりなので改めて歯のX線写真を撮り、歯科衛生士にチェックしてもらう。すると意外なことが分かった。左上のかぶせた歯でデンタルフロスが切れるのは虫歯になっているからだという。かぶせ物の中で虫歯が進んでいたことになる。X線でも分かるくらいだから軽度のものではなかろう。右上には根っこがむき出しになっている歯もあるが、そこも虫歯ができているという。その他指摘されたのは、歯の表面が削れている部分がある(不適切なブラッシング)ことと、歯を食いしばったり歯ぎしりをしたりしていないかということだ。夜中のことは分からないものの、起きているときに歯を食いしばることはよくあるような気がする。歯を食いしばったりすると歯茎の中の骨がこぶみたいに出っ張るのだという。そういう個所がいくつかあった。これが進むとブラッシングがやりにくくなるのだ。
しかし全般的に親知らず以外の歯がほとんど残っていて優秀だと言われた。失った1本はやはりかぶせ物の中で虫歯が進行していたケースで、こちらは根管治療も全然やっていなかったのでしかたがない。子供の時の歯科医が悪いのだが、それ以上に甘いものを食べすぎた自分のせいだ。これは今ブリッジになっているが、将来の耐久性にいささか不安がある。ともあれ、今回は歯石をすっかり取ってもらいすっきり。次回の診察は4月5日の予定だ。

                              
DSC08871bh.jpg DSC08910bh.jpg DSC08943bh.jpg

久々に本を2冊読み終えることができた。まず、光人社NF文庫の新刊『本土空襲を阻止せよ!』。著者の益井康一は元毎日新聞記者。陸軍報道班員として終戦まで中国にて取材を続けた。一号作戦をはじめB29の本土来襲を阻止すべく大陸で戦った日本軍の克明な戦闘記録。渡辺洋二『本土防空戦』の主要なネタ本の1つと見た。
もう1冊は高安国世歌集『光沁む雲』'75(現代歌人叢書)。高安は関西アララギから独立して「塔」創刊。弟子の永田和宏による後書きにこうある。「見える以上のものを見ていこうという意志を持続することは、真実が幾重にもカモフラージュされつつ隠蔽されている現在の情況にあって、何よりも必要なことであろう」(太字は原文傍点)。
                        
  夜に移る群衆か濃く流れつつ迷路地下街のいずこに果つる
  トランジスカンチア・アルビフローラ・アルボビッタータ呟けば小
  さき祈りのごとし
  燃えきわまる炎のごとき夕ぐれの一樹の声を聴きそびれたる
  薔薇の青き蕾鬱々と群れ立てりにがき歓びといえど遠しも
  湖に出て風は舞うらし繋がれし白きヨットの向き変わりゆく
                           
高安の歌は好きだが、短歌において見える以上のものを表現することはなかなか簡単ではない。

                       
DSC08858bh.jpg DSC08944bh.jpg
                        

スポンサーサイト

うろうろ、にょろにょろ 

9日、F病院へ大腸検査の結果を聞きに行く。約5ミリの管状腺腫で、陰性だが放っておけばがんになる可能性があるという。これが便潜血の元かどうかはわからないが、今後は潜血検査だけで済ませず、異状があれば検査を受けるべしとのアドバイスであった。医療保険給付を申請するための診断書を頼んだら、7千円なにがしの費用が掛かるそうだ。

                    
DSC08731bh.jpg DSC08822bh.jpg DSC08844bh.jpg

さて、大腸検査を控えた前の週の土曜日、いきなり血尿が出たのには驚いた。血尿といっても出始めに鮮血が混じるタイプで程度は微量。痛みはない。月曜日にも少し見られ、出たり出なかったりで色は茶色に変わっている。火曜日、危ないので思い切ってA医院(泌尿器専門で区の健康診断を受けている医院)を受診した。尿の検査、血液検査、エコー、直腸診を受ける。腎臓などは何ともなく尿の出は正常だが、歳相応の前立腺肥大があると言われた。肥大があると血尿が出こともあるという。とりあえず抗生物質と止血剤を処方され、様子を見ることにする。
大腸検査が終わった週明けの火曜日、検査の結果を聞きにいく。尿に赤血球・白血球が混じっているのは想定内だったが、細菌が検出されたという。つまり感染症だったのである。よくある尿路感染症というヤツだろう。これについては薬は出さず、2、3か月後にもう一度検査するということになった。前立腺肥大が進めばその治療を行うとか。この日の検査でも尿の潜血が1+だった。

砂銀と、右は亀戸香取神社の参道商店街           
DSC08793bh.jpg DSC08796bh.jpg DSC08760bh.jpg

尿路感染症では身に覚えがある。十数年前にもそれで猛烈な頻尿になり苦労したのだ。直前の治りにくい包皮炎がそもそもの原因だったらしいが、一般病院の診断にがっかりした。細菌は検出されず、今となっては膀胱炎がこじれたものと推測するしかない。悪いことに男の更年期とおぼしき心身の変調期と重なり、陰鬱な日々を過ごしたものだ。回復までほぼ1年を要した。
今回は勘ぐれば風呂水が怪しい。節水のため、いつも入った後に風呂水清浄剤を入れ4、5日は使うのだが、それが長すぎて濁り細菌が増殖したのかもしれない。清浄剤はふろ水ワンダーが元祖だが、高いのでエムズワンの風呂水マジックというのを使っている。この冬は冷え性が嵩じて風呂の水替えと掃除が間遠になったことも事実。少し早めに替えるよう努力したいが、どうなるか……。

よく見えるよう眺望はISO感度100で
DSC08836bg.jpg DSC08799bg.jpg DSC08811bh.jpg 

前の空き地にマンションが建つことになったことはお知らせしたが、思った通り北側のいわゆるサンクチュアリと呼んでいた養魚池の名残の部分も開発が始まるらしい。内容は分からないが既にガードレールが撤去され、樹木が切り倒され、クレーン車やパワーショベルが音を立てている。いつかはこうなるだろうと思っていたが、イヤな成り行きだ。

                 
DSC08805bh.jpg DSC08855bh.jpg
                          

患者の秘密 

DSC07194bg.jpg DSC07152bg.jpg
                   
4月早々、メルマガを書いている先生方(全部ではないが)や先方の担当者と会う機会があった。今までどういう人か顔が分からず仕事がやりにくい面もあったが、相手も同じ思いだったのではないか。その場では私がたぶん最高年齢で、ずいぶん若い先生もいるのには正直ビックリした。今までよく分からなかったシステムが分かったのは収穫だった。打ち合わせが終わって皆で中華料理で歓談し、帰って最中を食べたら夜中に胸焼けした。場合によってひどく手間の掛かる仕事だが、稼げるのは現社長S君のおかげである。

DSC07172bg.jpg DSC07148bg.jpg
                             
先月来の寒けがなかなか治まらず困った。耳鼻科で相談すると漢方薬を出してくれた。補中益気湯という処方で、Wikiによると「胃腸の働きをよくすることで体力を回復をさせ、疲れ、食欲不振、胃弱、胃アトニー、夏ばて、こじらせた風邪、痔、または病中、病後、手術後などの弱った体力を回復させる」ものだそうだ。今まで体温を測った結果では平熱35.9度くらいで、それより高いと寒けがする。耳鼻科の先生は「そういう体温はあまりよくない、昔の人は37度くらいが平熱だった」と言っていた。その意味で私は現代人なのかも知れない。だが、漢方は当初効くように見えたが続かない。私は低体温と寒けの根本原因は、今年になって団地の棟を完全に覆った工事用のシートにあると思っている。東向きのベランダに日が全然差し込まないのだ。したがって朝の室温上昇もない。夏が過ぎるまでこんな状態だと(涼しいのは助かるが)うんざりだ。

DSC07198bg.jpg DSC07191bg.jpg
                 
今まで皮膚科は大島のK皮膚科へ掛かっていたが、評判がいいのか混み方がひどい。空いているときは院長先生の診察ではなかったりする。たまたまわが団地の中心部が整備され、前に書いたT内科・小児科医院とG皮膚科、薬局ができたので、陰部のかゆみで新しいG皮膚科に行ってみた。アンテベート軟膏を使っていると話したら、ずいぶん強いのを使っているねと言う。K皮膚科でどんどん強い薬になっていったらしい。ステロイドを使うと皮膚が薄くなりうまくないそうだが、効かないのではしょうがない。しかし、K皮膚科でも陰部に皮膚の症状はないと言われていたのである。だから原因は別のところにあったようなのだ。股間の熱のこもりと下着の刺激だ。熱がこもるのは自覚して入浴後に冷やしていたが、刺激は意外だった。とりあえず弱いステロイド軟膏と飲み薬を出してもらう。飲み薬は他のと同じで日中の眠気がうざい。低刺激の下着は何がいいのか追々考えたい。薬局で薬をもらったら、袋に大きな赤文字で「いんのう」と印字してあるのには参った。バレバレではないか!

DSC07188bg.jpg DSC07116bg.jpg
                

牧神の午後の12月 

来た来た来た来た、キタキツネ物語! 何のことかというと我々山羊座の誕生月の到来だ。天皇陛下も佳子様もキリストも山羊座だね、お立合い。星座の山羊はもともと牧神パーンだったが、神々の宴席で牧笛を吹いていたとき怪物ティフォンが現れたので、彼は動物に姿を変えて川に飛び込んだ……つもりだったが、急なことだったので上半身が山羊で下半身が魚のヘンな姿になってしまったという。この二重性が山羊座の人の生に深く働いていると私は思っている。

DSC06637bg.jpg DSC06655bg.jpg
                          
さて、火曜日は胃・食道の内視鏡検査だ。前日21時以降の食事は禁止で、夕食はご飯(いつもは麺類)を多めに食べたらやはり少々胸焼けがした。当日は11時半の予約なので、その間スポーツドリンクで空腹感を凌ぐつもりだったが、それほどのことはなかった。
検査は団地の新しい内科・小児科クリニックで、内科の先生は内視鏡が専門だという。まず、2種類のゼリーで喉の麻酔をし、仕上げにスプレー式の麻酔薬を掛ける。用意周到と言えるが私は後鼻漏で鼻が喉に下がり、顔を上向きにしているのが苦手だ。10分程度の時間がもどかしい。麻酔により脈が90程度からさらに速くなり心配したが、検査中に治まった。経鼻での検査もできると聞いたが、鼻からの方が怖いので口からやってもらう。どちらも同じ細いカメラを入れる。麻酔の時の上向き姿勢に比べると、カメラが入った後の検査は大したことはない。生検のため1カ所組織を取られた。
ここの内視鏡はオリンパスではなく富士フイルム製だ。台座にFUJINONとある。軟性内視鏡のシェア7割を占めるオリンパスも不祥事で揺れたが、富士・ペンタックスに対し操作性では大きな優位性があるという。
結果は小さな炎症がある程度で潰瘍やポリープはなかった。たかしくん先生の診断ではストレスだろうとのこと。以前「ストレスはありません」などと断言したが、実は大きなストレス源があってまだ解消していなかった。自覚しないストレスが怖い。先生に頼んでネキシウムを出してもらう。

DSC06638bg.jpg
                         
3時、生命保険会社のC子と相棒来る。この歳では先行き不透明でもあり何だか乗り気がしなかったが、C子の提案で意外とすんなり負担なく85歳から10年間の年金が組めた。その先はまた考えることにしよう。

プチ胸焼けの解消法 

またメルマガの仕事がどさっと入ってきて動きが取れなくなった。年末進行というやつだろう。例によって表組みが入ると修整に大変な時間が掛かるので、表の入っていない方を先に片付けUPしておく。ブログの更新が遅れたのはその関係もある。大久保の忘年会(5日)は考えあって欠席した。

DSC06595bg.jpg DSC06530bg.jpg 
                       
ところで、ここ1か月ばかり胸焼け様の症状が続いて悩んだ。朝の食事の後に決まって食道のあたりがシュンシュンするのである。シュンシュンとは、胸焼けまではいかないがその前段階の炎症感である。確かにこの間、同期会で暴食したし松ちゃんの葬儀ではおかきを食べ缶ビールを1本飲んだが、それがいけなかったのだろうか。いずれにしても、症状はほぼ午前中だけで昼食を食べると治まり夜は全然出ない。
そこでまず、毎朝飲んでいた理想のトマト190ccを止めた。理想のトマトは必ず前の晩に計量カップに移し室温にしておいたものだ。けっこう酸味が強く刺激物の1つではある。それから昼食前など空腹時に梅醤番茶(梅出し番茶)を飲み出した。梅醤番茶は梅干しを潰しショウガの絞り汁をたらし、醤油を大さじ1入れて練ったものに熱い番茶を注いでつくる。梅干しは1年物、醤油は純正、番茶は三年番茶を使うのがいいとされるが、手に入らないのであり合わせの物を使った。私はすり鉢ですりあわせた。これは食欲不振や動悸・頭痛・めまい・胃もたれなど、さまざまな不調に効くとされる。
また、中山式快癒器で背中のツボを随時刺激し、食後・食間には必ずたっぷりと水を摂るようにした。どうも感じとして胃酸が過剰に出ているような気がしたからだ。どれがよかったのか、今日あたり症状はすっかり解消した。ただし、水をがぶ飲みするので外出先ではしょっちゅうトイレに入る。

渋谷川は流れが止まってしまった
DSC06578bg.jpg DSC06567bg.jpg
                  
松ちゃんが土井耕作名で書いた遺稿「天皇陛下って何ですか。」が『置文21』31号に掲載された。病気と闘い万事意に任せない中でよくまとめたと思う。自ら「天皇制反対と言うより天皇制不要論者」を自認する松ちゃん土井耕作のペンは、あちこちと自在に動いて天皇制を語る。講談風だが考え抜かれた文章である。しかし、私が引っかかったのは「鶴見俊輔が亡くなってわたしは涙した」と書きながら、「竹内好の本を読んでいたら、一木一草にまで天皇制は存在するとあった。こう言う知識人ぶったバカがいるので読者は困るのである」とするくだりだ。
竹内は同じ論文で生来の天皇信仰のように見えるものが、伊藤博文が天皇を中心に据えてつくりあげた「一個のみごとな芸術作品」たる明治の国家に依っており、まだ百年に足りないものであることを『現代日本の思想』(岩波新書)を引いて論じている(「権力と芸術」)。決して一木一草に天皇制があることを所与のものとして肯定しているわけではないのである。この問題については当然、別の捉え方もあると思う。

東麻布
DSC06593bg.jpg