続・ある闘いの軌跡 

DSC04633bg.jpg

第一次小繋訴訟の指導者小堀喜代七は、慶応3年(篠崎本では4年)に南部藩下級武士村田平次郎の次男として生まれた。だが彼の出生直前に父はわずかな食い扶持と武士の地位を失い、母は彼を産んですぐ他界している。それを見かねて引き取ったのが子のいない叔父で豪農の遠藤家であった。ところが、遠藤家に実子が3人生まれると喜代七は邪魔者になり、14歳の時、養家を出され八戸町の呉服屋の奉公人となった。喜代七はよほど才能があったのであろう。19歳で番頭になり、20歳の時独立して結婚。村田姓に戻って三戸町に雑多な商品を扱う行商の店を持った。その時の競争相手が小堀甚太という平糠の大商人であった。喜代七は甚太に望まれてその養子になるとともに、妻子を離縁し甚太の長女と再婚した。甚太は喜代七を函館の開拓地に赴任させるが、明治25年、甚太が海難死したため呼び戻され、まだ幼少の甚助の後見人として小堀家の財産を管理せざるを得なくなった。
その過程で彼は農山村の相談相手として種々の係争・紛争に関わり、裁判や警察の何たるかを知るとともに、「小堀のジサマ」と呼ばれ頼られる一方で、「山師」「三百」といわれ「平糠天皇」の渾名を頂戴する存在となっていった。

小繋の村人に頼まれた喜代七は、村人に『民法原論』という書物を貸し与え、村人の前でこう説いた。「山は初めからあったではないか。山に入る権利は入会権といって誰が何と言ってもなくなるわけではない、だから民法でもそれを保護しているのだ」と。村人は「入会権」を知って結束を強くし、裁判で闘う方向にまとまった。鹿志村亀吉も必死だった。手なずけていた区長代理・片野源吾の息子源之丞らを使って村人を切り崩す一方で、私兵である「棒組」の活動を強化し警察と一体となって裁判に持ち込もうとする者への暴力を公然と行った。村は鹿志村派・反鹿志村派・傍観者の3つに分れた。
大正6年10月、小繋入会権訴訟は立花源八ら12名を原告とし、鹿志村亀吉ほか村人11名を被告として提訴された。しかし、原告となった村人の生活は言語に絶するものであった。売れる作物は全て売り尽くし、山に入って桑の実や栗を拾い蕨の根を掘り起こして食べるような暮らしが続いた。鹿志村側に付いた村人の暮らしは目に見えてよくなった。喜代七も裁判に本腰を入れるために平糠の自宅を出て小繋に居を移した。そのため自ずと小堀商店から身を引くことになり、家族は経済的に塗炭の苦しみをなめることになるのである。
それだけではなかった。大正8年元日、喜代七の些細なミスを捉えた警察により彼は突然逮捕された。面会は拒絶され村人の差入金は行方不明になった。1か月後に釈放されるまで、警察は彼に執拗な拷問を加えた。ようやく釈放された喜代七は体力を回復すると人々の前から姿を消した。闘いの圧殺を恐れ、以後5年、時効完成までの潜伏逃亡生活に入ったのである。喜代七は密かに東京や仙台へ足を延ばし、民衆弁護士布施辰治との出会いも果たした。村人は完璧に喜代七の5年間の逃亡を守り通した。

この続きは小休止の後に掲載したい。なお、整合性を取るため前号の記事に若干手を入れたことをお断りしておく。
  

スポンサーサイト

ある闘いの軌跡 

DSC04617bg.jpgDSC04628bg.jpg 

新幹線が開通する前、当然ながら野辺地までは在来線で帰っていたが、盛岡を過ぎて小1時間ほど北上した辺りで、特急列車の窓に草むしたホームと「こつなぎ」と読める駅名票が過ぎ去るのが見て取れた。ここが小繋事件として村を二分し数十年に及ぶ入会権闘争の舞台であった。私は戒能通孝『小繋事件―三代にわたる入会権紛争』(岩波新書、1964年)や篠崎五六『小繋事件の農民たち』(勁草書房、1966年)を図書館で借りて繰り返し読んだが、2次にわたる裁判を含む事件の様相はいざ纏めるとなるとなかなか複雑である。

岩手県二戸郡小鳥谷村(現一戸町)小繋・下平40戸の暮らしはつましいものであった。幕藩時代には耕地23町8反のうち水田が1町歩余というから、ほとんどが里山の恵みに依存していたとみて間違いない。村人は薪炭、堆肥用の草柴、家畜の飼料、家屋補修材、山菜・果実・山桑などの全てを、2千町歩の入会山から得ていた。こうした村人の死活の権利を保障するものが入会権であった。地租改正に当たり、小繋では明治10年に旧名主であり部落寺の住職であった立花喜藤太の個人名義で地券を受けた。村人からすればそれは便宜的な手続きで、後々大変なことになろうとは知るよしもなかった。ところが喜藤太の持つ利権は、事業の失敗から銀行の担保になったりしたあげく、金貸し金子太右衛門を経て明治34年に茨城県の海産物商・鹿志村亀吉に渡ってしまう。鹿志村は小繋山のうち「ほど久保山」約800町歩を陸軍省中山軍馬補充部に売却し、代金の内1万円を植林の約束で預かった。村人は自分の山に木を植えるつもりで無償で働きに出ていたのである。
その後8年間、鹿志村と村人の間はうまくいっていた。鹿志村は喜藤太に代ってダンナになることもできた。
大正4年、部落を総なめにする大火が発生し、村人は全財産を失い1万円の預かり証文も焼失した。村人は生活再建の資材を山に頼らざるを得なくなった。しかし、部落に入り込んでいた鹿志村は、「これは部落の山ではない。一木一草といえども勝手に刈ってはならん」と宣言し、警察を入れ台帳を振りかざして村人を排除しようとした。
暖を取る薪も得られず窮地に陥った村人は、談合を繰り返した結果、裁判に訴えるしかないとの意思をひとつにし、密かに頼ったのが平糠(現一戸町)の小堀喜代七であった。西郷さんを彷彿とさせる風貌……そんな述懐もある喜代七は当時48歳。郡議員小堀甚吉の後見人という地方名士として不自由のない暮らしをしていた彼は、法律家ではないにしても数々の争いに関係し、法律の争いに習熟していたのである。村人の訴えを聞くやいなや、喜代七は妻子の猛反対を押し切ってすぐさま小繋に入り闘争のための準備に掛かった。以後30年間、彼は村人の闘いの中心にあり続けるのだが、一銭の謝礼も受けないばかりか裁判に相当量の私財を注ぎ込んで顧みることがなかった。小堀喜代七とはそも何者であったか。(以下次号)

DSC04622bg.jpgDSC04525bg.jpg

      

謎解き・桜田門外の変 

あんず
DSC04463bg.jpg

3月4日のNHK「歴史秘話ヒストリア」は、『銃声とともに桜は散った 「桜田門外の変」の謎』。これはいろいろ興味深い新事実を取り上げて有益な番組だった。なぜ直弼暗殺は18人という少人数の襲撃で短時間の裡に終ったのか。居合いの達人だった直弼はなぜ反撃しなかったのか。それらの謎を新しい資料で解き明かしている。
事件が発生した時、一発の銃声がしたことは記録されている。斬り込みの合図とされたこの発砲が実は直弼に直接撃ち込まれたもので、藩医による直弼の検死報告は、打ち込まれた銃弾が腿から腰を貫通し、直弼はその時点で行動の自由を失ったとする。弾道から弾丸は近距離の低い位置で発射されたものと研究家は言う。直弼は桜田門外の変の1年前、銃による狙撃を受けている。夕方、彼の籠に銃弾が撃ち込まれたが外れ失敗であった。下手人は森五六郎。森は水戸藩士で桜田門外の変の襲撃者の1人となるが、そこで最重要の役を果たしたことが分かった。
事件後自訴した森の所持品に拳銃があった。この拳銃はその後行方不明になりGHQに接収され米国に渡ったとされたが、近年里帰りを果たした。箱に直弼公を撃った短筒と記されている。コルト1851ネービー(36口径)雷管式6連発……ではあるが、グリップには香木が使われバックストラップ(銃把)は純銀製で、銃全面に桜模様のエングレービング(彫刻)が施されている。そして通常メーカーの銘が彫られるバレル上面に銃の製作者、下面に彫刻者の名前が刻まれているが、いずれも日本人名である。ペリーが日本にやってきた時、20丁のコルトネービーが将軍に献上されているが、そのうち何丁かが水戸の徳川斉昭に渡り、斉昭がこれを基に複製した和製ネービーなのである。水戸藩ではペッパーボックス(多銃身の連発銃)や、ネービーを基にした小銃タイプのものも製作している。攘夷を旨とする水戸藩の軍事テクノロジーは群を抜いていたのだ。

DSC04428bg.jpgDSC04435bg.jpgDSC04445bg.jpg

襲撃に加わりながら生き延びた常陸の神官、海後磋磯之介が描かせた絵入りの詳細な記録が発見された。それによると斬り込み役の薩摩藩士、有村次左衛門が駕籠訴を装って行列を止め、先頭の日下部三郎右衛門を斬り捨てる。掩護役の黒澤・増子・広木の3人も斬りかかった。彦根藩の警護が前方に気を取られている間に森五六郎が駕籠に近づき、訴状を差し出すふりをして下に隠していた拳銃を構え発射した。Wikiでは日下部を斬ったのが森、肝心の拳銃を撃ったのは黒澤忠三郎(または関鉄之介)とされている。関は現場総指揮だが斬り合いには参加していない。Wikiにはその他、襲撃者のほとんどが拳銃を携行しており、彦根藩側にも銃による被害が散見されたように書いてあるが、この辺りの真相は不明である。1年前の狙撃犯が森だとすると、銃の扱いに慣れた森が今度も直弼を撃ったとする説に説得力がある。海後は幕府の追跡を逃れ、後に天狗党に参加して捕えられるがそこも脱出して維新後は巡査を務めた。よくよく逃げ足の速い男だったとみえる。彼のおかげで事件の細部が明らかになった。

「ニャオ弼公、お命頂戴致す」
DSC04431bg.jpg