夢十夜4 

仙台堀川


こんな夢を見た。事務所の主要メンバー(?)が一室に集まっている。遅れて入ってきたのは最近顔を見ないK氏か。右隣の男(誰?)が横に置いたティッシュにうっかり手を触れるとすごい痰で、それが手につく。左の男も同じ。きったない奴らだ、痰のコッテリついたティッシュをむき出しで私のそばに置いとくなんて。みんなが集まって何をするかといえば、電車が着くのに合わせてマットレスや何かの缶などを台車から電車に乗せ換えるのだ。停車時間が短い上に手際が悪いのですごく焦る。こうしたらいいんじゃないかと言って、次はもう少し作業が早くなる。だがいったい何の意味があるのだ、この徒労に……? 

散々悩んだ末にやっとパソコンを決めた。マウスコンピューターのミニタワー。OSは8.1ではなくダウングレードでもなくWindows7。ダウングレードもEpson Directだと細かい指定ができるのだが、マウスには1種類しかなく、8.1のアホみたいなデスクトップ画面に金を払うのが馬鹿らしかった。どうせサポート期限の6年のうちにはWin9なりなんなりのアップバージョンが出るだろうから、その時はそれを入れればいい。そのEpsonは相変わらず本体が在庫切れでどうしようもなく、諦めた。代金は税・送料込みで12万台になった。10万をはみ出したのはMS Officeを入れたから。納品は来月の20日頃になりそうだ。モニターもアイオーデータの19インチ・スクエアタイプに買い換えた。流行のワイドにしなかったのは、机が狭くて収まりそうになかったからだ。

事務所から3月30日フランシーヌの命日に市ヶ谷河岸で花見をするとの知らせが届く。なぜわざわざ私・山羊座の大厄日にそんなことをするのか。それにその日は天気が悪そうである。
     

スポンサーサイト

パソコンまたトラブる 

町工場


昔の同僚から電話があり、「ちらし制作の仕事がありそうなんだが、できるだろうか」と訊かれた。ちょっと調べてみると印刷の世界も完全に様変わりし、かつての紙の版下もあることはあるが、今はデータ入稿の激安ネット印刷が全盛となっている。この値段を知れば、紙版下に逆戻りはできない。キレのよさも版下の比ではない。しかし、そうなると入稿データを作るシステムが問題になる。入稿可能なのは大体マイクロソフト・ワード、エクセル、アドビのイラストレーター、フォトショップ、インデザインのデータ、またはPDFということになる。今回の話はA4片面1色くらいのものだろうから、手持ちのパーソナル編集長などからPDFにしても何とかなるが、仮に商売をやることになればこれでは済まない。私は上記のアプリケーションはどれも持っていないのだ。数万円で買えるインデザインくらいは用意しなければと思うが、そうなるとマシンの非力さがネックになる。来年はWindowsXPのサポートが終わるし、マシンの買い換えと併せて思い切った投資が迫られているのかもしれない。ただし同僚の印刷の話はどうやらなくなったらしい。

そう思った途端、パソコンが不調になった。木曜日の夜のことだ。Windowsが立ち上がらない。土曜日の古紙回収に出す新聞のスキャンがまだ大分残っている。金曜日は稀少な仕事で丸1日対処できないので、とりあえずもっと新しい新聞を仕分けして上乗せし、スキャンなしでもいいようにカサを増やしておく。safeモードで仮の起動はできるが、これではネットはできてもスキャナーは動かせない。土曜日にサポートに3回電話してアドバイスを請う。メーカーのサポート要員にもいろいろな技量とレベルの違いがあることがよくわかった。結局は立ち上がった(原因はkernel32ファイルの破損)のだが、古紙回収は失敗だった。台風の雨を嫌って出すのが遅れたせいで、Mさんが我が家を通り過ぎてしまった。ギャフンである。

台風のためか、ダイエーのほうれんそうがバカ高い。

パソコン受難 

門前仲町
門仲

冷静沈着な私が肝を冷やすような事態が起った。パソコン(EPSON DIRECT MT-7800)のWindowsXPが立ち上がらなくなったのだ。今月の古紙回収のために新聞をあらかたスキャンし終わった直後だった。前日に同じことが起り、システムの復元を行ってようやく回復しスキャンを終えたが、次の日また立ち上がらなくなった。今度はシステムの復元を掛けても直らず、しかもシステムの復元作業が1回2時間もかかる始末だ。これでは話にならない。止むなくセーフモードで立ち上げ、メールとネットのみの環境に甘んじるが、ウイルス防御が働かないので接続は最小限にせざるを得ない(といいながらずっとつなぎっぱなし)。

こういうときの頼みの綱であるはずのメーカーサポートが、どうも頼りないのだ。最初、システム診断でオーデオドライバーがおかしいと出たと話すと、男のサポート員がいきなり削除しろという。結局、それは全然関係なかったのだ。その時はシステムの復元を行って直した。次の日また立ち上がらなくなったので、電話して修復インストールが出来ないかと聞くと、修復インストールのことを知らないらしく、話が通じない。その日はスタートアップ項目を全部取り外しても立ち上がらないということだけわかった。次に出た女性は、リカバリCDから修復インストールは出来ないという。だが、話しているうちにヒントが浮かんだ。トラブる前夜に出たブルースクリーンのメッセージだ。ntkrnlpa.exeに問題があるという。話はいささか専門的になるが、ネットで見ると物理アドレス拡張 (PAE) カーネルを取り外せば解決するらしい。Microsoftのサイトにやり方が載っているが、推奨はしないよとも書いてある。boot.iniの書き換えを慎重に行う。祈るように再起動。3日目にしてようやく復旧した。じゃ、さっそくアダルト動画を……。
     
注1:ブルースクリ-ンとはWindowsが異常を感知した時に出る真っ青な画面。このエラーコードやエラーメッセージには重要な手掛りが記載されている。ブルースクリーンは再起動すると消えてしまうが、この情報を記録するフリーソフトを入れておいたことが役に立った。
注2:物理アドレス拡張カーネルとは何のことか、なぜこのことが急にトラブルの原因になったのかは不明。直前に別の理由でboot.iniを書き換え元に戻したことがあったので、それが災いしたのかもしれない。マイコンピュータを右クリックし、プロパティ→システムのプロパティ→詳細設定→起動と回復→設定から編集する。

   

エディターの奨め 

北砂5丁目
北砂5丁目

G君に「文章は何で書いてる?」と聞くと「Wordでしょ」当然、と言わんばかりの返事だった。Wordのようなフル装備のワープロは起動がもたつき、書く気が削がれる。ちょっとした文章にワープロを立ち上げるのは、喩えてみれば大根を切るのに電動ノコギリを使うような大仰さがある。そこで登場するのがテキストエディターである。エディターといえばかつてMS-DOS時代にはVZ editorが定番だったが、私としてはサポートに忘れられないめちゃくちゃな対応をされたことですっかりイヤになり、縦書き可能な原稿エディタというのを買ったりした。これは必要に応じ原稿のます目が表示できた。本来ソースコードを書くためのエディタを文章書きに使う方法は、重たいワープロソフトを立ち上げずとも済むため通に大変重宝されたのだ。

Windowsになってフリーソフトでも無数のエディターが公開されるようになり選択に迷うほどだが、私は成り行きもあって、新聞の投書のように字数の決まっている原稿にはTeraPadを、ブログ書きにはMeryを、ワープロを使うほどではない印刷用には秀丸エディタ(シェアウエア)を使っている。秀丸エディタ本来の印刷機能は貧弱だが、秀丸パブリッシャーというアドインを組み合わせるとレイアウトの設定や縦組み印刷などができるようになる。秀丸は老舗だけにアイコンなどのデザインに若干古さを感じる。お気に入りのエディタの表示や背景色やフォントを自分好みに変え、字詰めや行間隔を動かして最適な環境を整えることは一種のフェティシズムであろうか。Meryを使っているのは画面デザインがスッキリしていて、カスタマイズの自由度が高いためだ。今改めてエディターのことをいささかマニアックに語らざるを得ないのは、このことが一般には意外なほど認知されていないからである。
     

パソコンも怒る 

川の上の駅
東大島

真面目な日本人を焚きつけて進む消費税増税のあくどさについて書こうとしたら、パソコンが壊れてしまった。ほら、パソコンも怒っているぞ!

今朝、いつものようにパソコンを立ち上げようとしたら、あらら挙動がおかしい。電源ボタンがぺこっと窪んでしまって戻らない。ボタンを長押ししたような状態で、パソコンは電源が入ったかと思うと切れてしまう。仕方がないのでケーブル類をすべて取り外し、パソコンケースの両側の蓋とフロントパネルを外してみた。なお私のはエプソンダイレクトのMT-7800というタワー型パソコンである。本当のスイッチはパネルの中にあり、フロントパネルのボタンが押されると中のスイッチが作動する仕掛けだ。そういうふうにしているのは見た目もあるが、誤動作を防ぐためだろう。パネルのボタンは裏側からバネの役目をする細いプラスティックで支える意外にヤワな構造である。今回のトラブルはそのプラスティックのバネの片側が折れたためだった。エプソンダイレクトのサポートに聞くと修理の基本料金が1万5千円、それに部品の代金が加算されるとのこと。修理は断念した。そろそろ寿命を迎えるXPパソコンにそんなお金は掛けられない。試行錯誤の結果、家具などの転倒防止に使う青いゼリーみたいなエラストーマ樹脂というやつをごく小さく切って中のスイッチの両脇に貼り付けた。これでロートルパソコンは見事に復活した。しかし今日は寒い。昼間のポスティングの時はそれほどではなかったが、夕方、スーパーや耳鼻科などを回っていたら寒気がして頭が痛くなってきた。気温15度のダイニングキッチンが南極大陸のように感じられる。熱があるのかもしれない。早く寝るのが一番だな。