自爆の歌 

用賀・世田谷美術館
DSC02541bg.jpg

  ――人はみな孤なりと思ふ真昼間のかげあざやかにめぐる日時計

いきなり拙作を持ち出して恐縮だが、これは93年に東京歌壇(岡野弘彦選)に投稿して2人目に掲載されたのはいいが、岡野先生によって「孤」を「孤独」と変えられ、以後、岡野選を避けて佐佐木幸綱選に投稿することになった因縁の歌である。日時計は物の影が動いていく様を表したもので、現実の日時計を詠んだわけではなかった。岡野先生は1・2句が平板になったと選評に書いており、それは確かにその通りだ。しかし私にとって「孤」と「孤独」は同じではない。孤独は独りぼっちというようなニュアンスの境遇を表しているのに対し、孤は情緒に左右されない存在そのものの本質である。人間は本質的に独り(単独)なんじゃないかということだ。この時、念頭にあったのは86年泉鏡花賞を受けた増田みず子の『シングル・セル』である。シングル・セルは孤細胞。単細胞とも訳す。孤に始まって孤に終る男と女の、出会いと別れを描いていたような気がするが、私が念頭に置いたのは内容ではなくそのタイトルだった。実を言えばこの歌は、ある人を勝手に思慕し自爆に終ったあとの作物だから、孤と言い孤独と言っても一種のかっこつけであることは容易に想像できよう。1・2句目はその時の偽らざる実感であった。なお、増田みず子は東京農工大で植物防疫を学んでいる。

水曜日、時間があったので世田谷美術館で「桑原甲子雄の写真 トーキョー・スケッチ60年」を観る。彼の仕事の全体像を見渡す写真展はこれが初めてだという。戦前からのモノクロとカラーのプリント約200点、コンタクトプリントなど資料約30点のほか、パリを撮ったスライド映写もあり、まことに充実した回顧展だった。桑原甲子雄はアマチュア写真家として世に出、終生そのスタンスを変えなかった。撮影地に上野・浅草が多いのは、実家の質屋の仕事から逃れるため近くに撮影場所を求めていたからだという。戦後は写真評論家や雑誌編集者として東京のスナップを撮り続けるが、終盤の『東京暦日』あたりから、ちょっと気が抜けるきらいなしとしない。会場で「作者の関わりの周期において終りを迎えつつあった」というような表現があったように記憶するが、このことだろうか。

スポンサーサイト

読むトロンプルイユ 

北砂3丁目


“だじゃれ俳句”というべきものがあることを知ったのは、案内広告の代理店にいた時、芝信用金庫から会社に毎月届けられていた小冊子『楽しいわが家』によってだった。斎藤良輔の「しゃれ・ことば」という連載エッセイで紹介されていた。昭和の初めに当時の作家、漫画家、芸能人などの間で風変わりな句会がよく催されたが、その中の作品だという。

   コスモスと 電話をかける女かな
 
   洋服の 胸につけたる牡丹かな

   紅梅の 急な坂道下りけり

   病人の熱さがらざり ヒヤシンス

1句目は東北なまりの女が電話をしているさまが、コスモス揺れる風景にダブる仕掛けだ。2句目は牡丹とボタンが掛けてあるし、3句目は急な坂道がどこかで紅梅という叙情にすり替えられる。4句目も同様で、いずれも不思議な感覚に幻惑される。読むトロンプルイユ(だまし絵)とでもいえる日本語のお遊びだ。戦争の暗い影が近づいてくる直前に、のどかなひとときを楽しんだしゃれ遊びだったことが想像されると、筆者は書いている。
“だじゃれ俳句”とは筆者がつけた仮称だが、私は勝手に冗談俳句と呼んでいる。この冗談俳句、一度挑戦してみたいが難度は高い。ただの語呂合わせでは済まないし、インパクトのある表現にするには相当のヒネリが必要だ。そして最後は俳句としてさりげなくきれいに纏めなければならない。句会に参加していたのが錚々たる文化人だったからこその作品である。素人が手を出して上手くいくとは思えない。

注:この連載は斎藤良輔著『しゃれ・ことば―言語遊戯クロニクル―』(1985未来社刊)に纏められている。
  

わたしの街はいつも夕ぐれ 

新板橋
新板橋

月曜日は新板橋まで「短歌と写真のコラボ」と称する「薄い街」展を観に行ってきた。会場はカフェ百日紅という喫茶店。短歌・佐藤弓生、写真・田中流。佐藤は女性歌人で歌誌「かばん」所属。2001年、『眼鏡屋は夕ぐれのため』で第47回角川短歌賞受賞。『薄い街』(沖積舎)は第3歌集に当たる。どうやら店の人がこの歌人と縁があるらしい。
カフェ百日紅は新板橋駅から数分、下板橋、板橋の各駅からはもっと近い。板橋から西へ延びる緑道は谷端川の跡で橋はそのまま残されている。この辺りは緩やかな起伏と曲がりくねった道が、我が町には見られない魅力的な景観をつくっている。いくら歩いても飽きない街だ。夕方行ったが小さな店内に客は他におらず、歌集も読み放題。しかし、老人には照明が暗すぎて眼鏡がないと読みづらい。展示作品はポスター大の写真に直接短歌を打ち込んである。タイトルそのものが稲垣足穂からとられていることからわかるように、幻想的なイメージが立ち上がる歌風だ。といっても前衛短歌の難渋さとは違い至って読みやすい。小冊子ふうの歌集『真珠区異聞』(無料でもらえた。ラッキー!)から何首か掲げておこう。


  みずうみの舟とその影ひらかれた莢のかたちに晩夏をはこぶ

  泉とはいかなるところ鹿の目をしているきっといまのわたしは

  草原が薄目をあけるおりおりの水おと ここも銀河のほとり

  三日月のうごめきかすかいつか地にめれんげいろの蛾の群れるまで

    

詩人薄命 

夕焼け

あるブログで知った中村文昭編・著『現代詩研究(現代篇)』をとりよせて少しずつ読んでいる。『現代詩研究(現代篇)』は明治篇・大正篇・昭和篇に続く4巻目。文庫版で500ページ近い厚さがあり、前後の見返しには女性詩人の系統図を載せ、さらに戦後の主な詩雑誌を総合誌と同人誌に分けて系統図にし挟み込みにしている。まさに情報のてんこ盛り状態で、字も小さくこの歳になっては甚だ読みにくいし、残念ながら誤植らしきものも散見される。目次が巻末にあったりするのも含め、本の作り方としてもう少し何とかならなかったものだろうかと思う。

中村文昭という人はよく知らなかったが、詩集数冊の他に吉本隆明や賢治・中也などを論じた著書があり、えこし会という詩人の会を主宰している。本書は冒頭に中村の長い緒言を配しているが、これがまさに渾身の力作だ。声コトバであった日本語の起源から説き起こし、日本語の「波瀾万丈な経験」とポエジーの辿った道筋をダイナミックに描いていく。その上で現代詩人を女性詩人と男性詩人に分け、さらに女性は思想軸・実感軸・感情軸・暗喩軸で4分割し、総勢136人の現代詩人の作品を網羅しているのである。作品は17歳で自殺した長澤延子の「海」から始まって、吉本隆明の「十七歳」で終わる。読む前はとっつきにくいものかと思っていたが、そんなことはなく今のところすらすら読める。現代詩というものを概観したいと思う人にお勧めしたい。136人の中に御堂勝(本名・遠峰勝夫)が入っていた。御堂は私がこの仕事に入った時の先輩だったが、それから2年も経たないうちに自宅で首を吊った。9月11日だったという。享年41歳。死後、彼の作品を纏めた『御堂勝詩集』(漉林書房)が出版されている。

さて、今日は今年初めてのポスティングをやった。寒さは想像以上で、300ちょっと配っただけで冷えきってしまった。明日も寒いのだろうか。
      

自費出版 

新宿二丁目
きもの

同期会のときN君が、故郷を舞台にした小説を自費出版のB社から出すといっていたが、いつ出るかは詳細に聞いていなかった。年内の新刊にはリストアップされていないから来年だろうか。それほど読みたいとは思わないが、タイトルくらいは知っておきたい。だが、B社は事情を知らない出版希望者に過大な期待を抱かせるような営業スタイルでトラブルを招き、多数の訴訟を起こされている会社だ。B社とて事情をのみ込んだ上で上手く使えば見栄えのよい本が格安で作れるのだろうが、こうした訴訟やトラブルに対して同社が取っている手段は感心しない。B社でグーグル検索を掛けると必ずあるブログが上位に出てきて、B社はいい会社だ、訴訟やトラブルは客の勘違い、とB社擁護の論を繰り広げる。書いている人物の名前は載っているが、メールもコメントも受け付けないようになっている。B社に聞けばうちとは関係ありませんと言うだろうが、あまりにえげつない。

かつて新風社という自費出版の会社が顧客の注文を抱えたまま倒産したが、その新風社の顧客を引き継いだのがB社ではなかったか。新風社の本はびっくりするほど安い価格で作れた。私も何度か自費出版をやったから知っているが、新風社は巷の自費出版業者が到底太刀打ちできない価格設定をしていたのである。言わば自転車操業とマルチ商法をごっちゃにしたような商売だったのではなかろうか。B社がそれと同じやり方をしているとは言わないが、素人に誤解を与えるような宣伝や上に書いた覆面ブログは引っ込めるべきだ。N君は海千山千の男だからそんな手に容易く引っかかりはしないだろうし、B社がやろうがどこがやろうがつまらない小説が売れるほど世間は甘くないことは承知の上での投資と信じている。