すれ違う介護その2 

北砂五丁目
背高

ここのところ急な呼び出しが続いて最近では例のない終電帰りまでやってしまった。土曜日は毎月の古紙回収の日。スキャナーをフル稼動させる。ひと月分の新聞を読み返すとけっこう読み残しがあるものだ。

ある日の東京新聞の投書欄にこんな投書が載っていたが、すっかり見逃していた。「89歳の母親が膝も腰も痛いというので整形外科で治療を受けた。院長が座骨神経痛だといって入院を勧めるので悩んだ末に入院させた。次の日見舞いに行くと顔が真っ青になり、食欲も生きる気力も失せている。すぐ鎮痛剤の投与をやめてもらった。総入れ歯でも固形物を箸でつかんで食べていたのに、病室では流動食をスプーンで与えられる。トイレも自分で行っていたのが、病院ではベッドに寝かされっぱなし。3週間でしびれをきらして強引に退院させたが、1か月経っても立ち上がることができないでいる。聞けばこのように入院して自立機能を失う例は大変多いという」。投書の主は60代の男性である。
長々と引用したのは、私の母親での経験と照らし合わせて思い当たる節が多々あるからだ。介護施設では人手の問題もあるが、基本的にベッドに寝たきり。少々歩けたりしてもその可能性を引き出すようなことはしない。食事は誤嚥の心配から味も素っ気もないミキサー食に早期に誘導される。弟は施設の介護を信頼せず、必ず2食は行って介助してきた。私は否定的だったが、この投書のような事例が介護施設でもあるとすれば油断できない。全体の介護は家ではできないが、食事の介助だけはという考えはあながち間違いとはいえない。それに認知症の問題がある。家族が毎日顔を見て話しかけることが、どんなに大事かいうまでもない。今風にいえば、現在の日本の公的介護はハードはよくてもソフトが劣る。そのソフトが劣る介護さえ100人待ちの状況が続いている。
   

スポンサーサイト

鳩の害より…… 

耳鼻科の窓
耳鼻科

何だか急に忙しくなった。メンバーのKさんが緊急入院したという。それで2日追加になり18日は別口で出掛けるのでポスティングの日程がタイトだ。入院したなら来週だってどうなるかわからない。おまけに昨日は帰るや否や同じフロアのSさんに呼びとめられ、鳩の害で困っているという話を玄関で延々と聞かされた。確かに彼の部屋の前の廊下は鳩のフンで汚れているようだが、目くじら立てるほどのものとは思えない。それなのに彼は、下で餌をやっている人間を見つけ注意しようと必死だ。撒かれた餌のトウモロコシを早朝ほうきで回収しているともいう。音の出る鳥獣用の花火というのを買ってきて使ったが効果がなかったというのだが、早朝そんなものを使う方が迷惑だと私は思う。私をまだ自治会の何かだと思っているようだった。「自治会はとっくに辞めた、いや辞めさせられた」と言うと驚いていた。家で飲まないかというので今度は彼の部屋へ行き、こっちが驚いた。フロ―リングはすっかりつやを失い全面が黒ずんでいるし、流し台の前の化粧板は剥がれ、天井もエアコンもタバコで煤けている。トイレの便器も手入れがなっていない。2、3年前まで猫を飼っていたというのでそのせいかもしれないが、それにしても傷みが激しい。鳩の害を云々する前に自分の部屋を掃除した方がいいのじゃないか。Sさんは歳は私より7つ下で個人タクシーをやっている。その前は損保代理店でたいそう羽振りがよかったとか。黒ずんだコップに焼酎を注いでよこすので、飲む気がしない。とんだ時間つぶしだ。
     

LED電球導入顛末記 

北砂4丁目
北砂

仕事机のスタンドの蛍光灯がへたってきたのでLEDにしようと思い、ダイエーの家電売り場でいろいろ見て店員のアドバイスも聞いた上で、東芝の485lm(lmはルーメン)の40W相当・昼白色というのを買った。家に帰ってスタンドにつけるとあまりにも明るくてまぶしい。もともとこのZライトには100Wの白熱球が付いていたのだが、まぶしいので40Wの白熱球に交換し、さらにそれを40W相当の電球型蛍光灯にしたという経緯がある。485lmではまぶしいのでそれは置いておいて、ダイエーでこんどは同じタイプの30W相当410lmを買った。まぶしさは減ったが、まだ長時間の使用には耐えられない明るさである。そこでまたダイエーへ行き、400lm以下のものを探したがなかなかない。380lmというのが見つかったが、それは「昼光色」となっている。昼光色と昼白色では紛らわしく似ているが、昼光色の方がギラギラして家庭には向かないタイプだ。しかし、コンビニで売っている蛍光灯はみな昼光色なのはどういうわけだろう。適当に入れているとしか思えない。メーカーによっては昼白色をナチュラル色と表現しているところがあり、この方がわかりやすい。昼光色と白色にするわけにはいかないものだろうか。両方に「昼」が付くから紛らわしくなるのだ。ただし、蛍光灯の色味とLED電球の色味は同じではない。

ともかく、それでダイエーはあきらめ、新しくできたアリオ北砂のノジマという電器屋で探すと、ELSONICブランドの330lm・30W相当というのを630円で売っていた。結局それにした。これは明るさがピッタリだ。LED電球は消費電力は電球型蛍光灯と大差ないけれど、長寿命がウリだ。パッケージには10年以上もつと書いてある。蛍光灯は経年変化で次第に暗くなったり、点けはじめが暗かったりするが、LEDはそんなことがない。余ったLED電球は、40W相当の方をトイレに、30W相当の方を洗面所に付けた。トイレはすこぶる明るくなった。余裕で新聞が全ページ読める。問題は直菅15Wの台所だが、これはいずれミニ球で何とかしたい。

追記)LED電球の光量のばらつきには驚いた。同じW数相当でも明るさは大きく違うし、白熱灯や蛍光灯の感覚でうかつに購入すると大変なことになりかねない。明るければいいというわけではないので、十分注意されたい。