遠野の物語を巡って 

北区中央図書館/王子駅
 DSC03844bg.jpg

  ――勤労に大感謝して休みたり

日曜日は北区中央図書館へ本を借りにいった。赤レンガの建物は旧陸上自衛隊十条駐屯地275号棟を改装・増築してオープンしたものと聞く。北に中央公園が広がり、南隣りには工事中で入居前の都営住宅が灯りを点していた。行き帰り、音無川のそばを通る。音無川は石神井川の一部だったものを、本物の石神井川は飛鳥山公園の下を通し、音無川だけを江戸風の親水公園として残している。
北区の図書館へ何を借りにいったかというと、実は先日JCIIフォトサロンで観た森山大道「遠野物語」の図録を岩手の鳴海氏へ送ったところ、「遠野の写真は浦田穂一に尽きる。他の人の作品はみな浦田のパクリ」という挑戦的なメールが届いた。うらたほいちって誰だ、知らんぞ? なお鳴海氏は10年以上遠野に勤務していたので同地には詳しい。とりあえず「森山氏は天才だから他人の作風をパクったりしないだろう」と返信しておいたが、本当かどうか自信がなかった。そこで浦田の写真集を探しに行ったのである。

DSC03839bg.jpg

年譜を辿ると、浦田穂一は1933年岩手紫波町生まれ。青森市の喫茶店に勤めていたとき、客として来ていた地名一二三と出会い写真のイロハを教わる。66年遠野に移住し、バー「CUSTOM」を営む傍ら遠野の写真を撮りはじめ、80年、遠野市立博物館開館に当たり研究員を委嘱され博物館の写真を撮るようになる。82年「第3回田嶋一雄賞アマチュア写真大賞」を受賞、浦田の遠野が全国に認められるきっかけとなった。2003年5月、70歳で急逝。今回借りたのは『遠野昨日物語』(河出書房新社)で、残された5万点のモノクロ作品から厳選して編まれ、石井正己の解説を付して2009年に上梓されている。
森山展の作品集(図録)は送ってしまって手元にないので、朝日ソノラマの現代写真文庫・森山大道『遠野物語』(1976)を引っ張り出した。写真の点数はこちらが多いが、いかんせんモノクロの印刷は普通の紙で階調表現はよくない(後に復刊されている)。JCIIの方は写真弘社がプリントしたそうだが、新しい作品を加え2枚組のレイアウトなどもだいぶ変更しているようだ。森山氏の『遠野物語』が1週間の撮影行で遠野に幻景のふるさとを求めたものであるのに対し、浦田の『遠野昨日物語』は端正な画面に、現実の遠野の山野とそこで生活する人々の姿をしっかり捉えたものと言える。両者のアプローチには大きな違いがあることが分かる。遠野に暮らす者ならではの視線が貴重なのだ。森山氏は本の後書きに事前に資料など調べたりしないと書いているとおり、浦田の作品を見たとは思えない。プリントの美しさが際立つ浦田の写真だが、では彼に写真を教えたという地名一二三なる人物はいったい何者だろうか。

墨田区文花/小村井駅
DSC03847bg.jpg DSC03856bg.jpg

この日はその後、亀戸から小村井へ出て「あをば荘」という長屋利用のアートスペースで大塚秀樹写真展「体温の箱庭」を観た。自分が慣れ親しんだ墨田区の家並みを6×6のフォーマットで切り取っている。順光の風景が清々しい。

追記:地名一二三氏は全日写連青森支部の会員らしく、数年前までコンテストによく名前が出ていた。
         

スポンサーサイト

キューポラのある街 

四谷三丁目/大山
DSC03791bg.jpg DSC03580bg.jpg

うーーーん、前回は失敗だった。ネタが固すぎたか、誰も主菜の消費税論争に箸を入れてくれなかった。NHKで仕入れた新鮮なネタだったのだが、新鮮だからウケるというわけではないのだろう。岩本沙弓のくだんの新書本は購入したから、いずれ再トライするつもりだ。しかし岩本の文章はいささか冗長で読みにくい。まだとば口だが、これも著者優先で編集者の見識が反映されなかった本なのかもしれない。

そこで今回は吉永小百合を取り上げたい。小百合は高校以来大変お世話になった女性だがそれは歌の話で、俳優としての小百合は全然評価していない。悪いけど、彼女の映画は今でも全然観る気がしない。歌については佐伯孝夫・吉田正のコンビが実にうまく彼女のキャラクターを引き立て、我々少年の心を捉えてくれた。そういう少年が多かったから歌はヒットしたのだろう。私は今でも彼女の歌をかなりの程度歌うことができる方だと思う。しかし、有名でも私の知らない歌があった。その1つが『キューポラのある街』の主題歌である。実は浦山桐郎の監督デビューである名作も観ていない。今度、ネットで覚えて歌ってみると……な、なんだこりゃ。どういう歌だ? 意味が分からんぞ。映画を見ればわかるんだろうか。歌そのものは美しいし歌いやすい。曲者は「あなた達」である。「あなた達」とは誰のことなのだろう? 「あなた達」は霧に仲よく消えていくし、「たくましい」と形容され、「有難う」とお礼を言われる存在である。最後は「さようなら」とお別れする。あらすじを読むと北朝鮮への帰国事業や差別も描かれているようだから、この「あなた達」もそっちの方かと思ったりするのだが……。

吉永小百合は三浦哲郎の自伝的小説『忍ぶ川』の映画化に当たって志乃役に決まりかけていた。監督は熊井啓である。だが日活の意向、親の意向がモノクロームと原作にこだわる熊井の考えと折り合わず、映画化は暗礁に乗り上げた。小百合本人も初夜のヌードシーンを演じて清純派のイメージを脱ぎ捨てることにはためらいがあった。映画『忍ぶ川』は熊井が日活を辞めてフリーになった後、東宝でようやく実現する。志乃を栗原小巻が演じ高い評価を得たが、熊井は後に小百合の母親の手記で名指しで非難されるなど禍根を残すことになったという(Wikipedia)。小百合と小巻は誕生日が1日違いの魚座、三浦哲郎も魚座だし、“志乃”も魚座と親和的な星の生まれと想像できる。魚座の人の人生もいろいろである。

今日の洗濯は延期 

世界が暗い……
 DSC03766bg.jpg

どうもこのところ風邪気味で調子が悪い。月初めに風邪薬をもらい飲んだら回復したようだったのに、またすぐ寒気がしてくる。この、寒気というのが私の慢性的風邪の特徴で、病院で測ってもらっても数字には出ないが、背中がぞくぞくしたり、金物に触ったりするとヒヤッとする状態がずっと続く。一時期、背中が寒いので冬は敷き布団を思い切り厚くしていた。先日、寒いのでファンヒーターを出した。

さて、イヤな顔ぶれだらけの御用学者の中でもとりわけ嫌いなのが、鹿児島女の大田弘子だ。第1次安倍内閣などの閣僚の1人だが、アゴのないのっぺり顔で竹中平蔵譲りの新自由主義の害毒をまき散らす姿は、まさにホラーである。庶民の痛みをよくあんなふうにへらへらと笑って語れるものだ。それが11月9日のNHK日曜討論に出ていた。出席者は他に山崎元(経済評論家)、熊谷亮丸(大和総研チーフ エコノミスト)、岩本沙弓(金融コンサルタント・経済評論家)。テーマは「経済専門家が徹底分析 円安株高・消費増税は」……? 
結論を先に言うと山崎・岩本は増税反対、太田・熊谷が増税推進の立場を譲らない。この2人は日銀黒田総裁の「ダブルバズーカ」も手放しで賛美する。興味深いのは岩本で、カナダの例を出して消費税を下げるよう主張し、米国からすると日本の消費税は非関税障壁だというものである。この説は彼女が『アメリカは日本の消費税を許さない 通貨戦争で読み解く世界経済 』 (文春新書)で展開していたものらしいが、知らなかった。カナダや日本の消費税率が低いのは偶然ではない(米国の「隣国」だから)とか。岩本は軽減税率に反対し、中身が軽減税率でも、包装材が通常税率であれば値段は安くならないと言う。それに対し太田の言い草は薄っぺらい。やはり軽減税率に反対するが、その理由として出した例がハンバーガーの店で食べる税率と持ち帰りの税率が違う国の話だが、日本でまだそんなことは決めていない。それは決め方(いわゆる線引き)の問題であって、そう決まればやるだけではないか。熊谷はさも自信ありげな大声で、税率を上げて生じる問題には打つ手があるが、上げないときのリスクは計り知れないと言うのだが、消費税を上げると多大な経済対策を打たなければならず、財政状況は逆に悪化する。現に小泉政権では消費税アップを封印したおかげで財政再建はかなりのところまで進んだのである。岩本は消費税を古い税と呼び、タックスヘイブンなど国境を越えて富裕層への課税を考えるべきだとも主張していた。

ところで、ここにきて解散・総選挙の声がにわかに高まってきた。安倍としては自分では必ずしも気乗りのしない増税の先延ばしを決め、同時に行き詰まった政権を延命させるつもりらしい。しかし、消費税増税を含む三党合意のうち選挙制度改革や議員定数是正は何ら進まぬままだし、「1票の格差」が依然違憲状態の衆院選に国民を駆り立てるのは犯罪であろう。増税延期とは別の話である。

参考:http://electronic-journal.seesaa.net/article/384372413.html