愛の孤独と剣の自立 

DSC06632bg.jpg DSC06662bg.jpg
                              
25日はいささか奇妙な体験をした。虎ノ門の台湾文化センターへ写真展を観に行ったのだが、会場で芳名帳に名前を書いていると、職員が来てにこやかに「もう始まってますよ、どうぞ」などと言うので、促されるままにカーテンの奥で映写されるスクリーンの前の空いている席に座った。暗い会議室に観客が4、50人はいたのではないだろうか。結局そこで予定外の台湾映画を最後まで観てしまった次第だ。写真展の方は大したことがなかった。
映画は2008年作の『ヤンヤン 陽陽』。監督は『一年之初』の鄭有傑である。台仏ハーフの人気女優サンドリーナ・ピナがヤンヤンを演じる。陸上部のライバル、ヤンヤン(張榕容)とシャオルー(小如)。ヤンヤンの母がシャオルーの父(陸上部のコーチ)と再婚し、2人は姉妹になるが、ボーイフレンドを巡って険悪な雰囲気に。ヤンヤンは実の父を知らず、フランス語は話せない。映画の世界に入るものの、希望とは裏腹に回ってくるのはハーフの役だけ……。
最近の台湾映画は全然観たことがなかったが、浅いピントのアップを多用し自然光を生かし、揺れ動くヤンヤンの内面の孤独を描くカメラワークが新鮮だった。SEXシーンもリアルだ。ただし、日本語の字幕に問題があり会話の性別も配慮されず、こちらは相当なやっつけ仕事とみた。なお、私はモテる牡羊座のサンドリーナよりシャオルー(何思慧)の方が好みだ。

DSC06493bg.jpg DSC06575bg.jpg DSC06477bg.jpg
                                 
古い付き合いであるA氏が剣道で五段の審査に合格(合格率20%)した。68歳の彼は東京都で最高齢の合格者、五段まで1回の審査で通ったのは大田区で戦後2人目とのこと。大変な快挙である。2008年から15年11月までの8年間で年平均150回以上の稽古を重ねている。毎日、社長としての激務を終えて後の稽古だから、並の人間にはとても真似できない。しかも常にその一番に命を懸け、審査に合格しなければ剣道を辞める決意で稽古しているという。スポーツとしての剣道ではなく武道としての剣道を自得しようとしたとき、意識的にそうした場面を作り出さなければならないのだとも……。
今後は73歳で六段、79歳で七段、89歳で八段の関門がある。剣は初めが捨て身、到達点が相討ち。89歳の体力の衰えに克つ気力の充実、気勢を我が物とし、多様な技も習得しなければならない。雑念を払って生死の間に入る……間合いが分かるとはぼんやり匂いがすることだという。剣の本質は「不立文字」、すなわち言葉では伝えられない世界にあるというのが結論のようだ。
彼の剣道を赤胴鈴之助などと揶揄したこともあったが、これほどまでに死生観と意志に関わる課題として見据えていたとは知らなかった。アダルトサイトなどを見て日を送っている自分が恥ずかしくなる。個人年金を94まで掛けて安心という世界とは違うのである。私もせめて1日1首を心掛けたいものだ。

DSC06513bg.jpg

スポンサーサイト

牧神の午後の12月 

来た来た来た来た、キタキツネ物語! 何のことかというと我々山羊座の誕生月の到来だ。天皇陛下も佳子様もキリストも山羊座だね、お立合い。星座の山羊はもともと牧神パーンだったが、神々の宴席で牧笛を吹いていたとき怪物ティフォンが現れたので、彼は動物に姿を変えて川に飛び込んだ……つもりだったが、急なことだったので上半身が山羊で下半身が魚のヘンな姿になってしまったという。この二重性が山羊座の人の生に深く働いていると私は思っている。

DSC06637bg.jpg DSC06655bg.jpg
                          
さて、火曜日は胃・食道の内視鏡検査だ。前日21時以降の食事は禁止で、夕食はご飯(いつもは麺類)を多めに食べたらやはり少々胸焼けがした。当日は11時半の予約なので、その間スポーツドリンクで空腹感を凌ぐつもりだったが、それほどのことはなかった。
検査は団地の新しい内科・小児科クリニックで、内科の先生は内視鏡が専門だという。まず、2種類のゼリーで喉の麻酔をし、仕上げにスプレー式の麻酔薬を掛ける。用意周到と言えるが私は後鼻漏で鼻が喉に下がり、顔を上向きにしているのが苦手だ。10分程度の時間がもどかしい。麻酔により脈が90程度からさらに速くなり心配したが、検査中に治まった。経鼻での検査もできると聞いたが、鼻からの方が怖いので口からやってもらう。どちらも同じ細いカメラを入れる。麻酔の時の上向き姿勢に比べると、カメラが入った後の検査は大したことはない。生検のため1カ所組織を取られた。
ここの内視鏡はオリンパスではなく富士フイルム製だ。台座にFUJINONとある。軟性内視鏡のシェア7割を占めるオリンパスも不祥事で揺れたが、富士・ペンタックスに対し操作性では大きな優位性があるという。
結果は小さな炎症がある程度で潰瘍やポリープはなかった。たかしくん先生の診断ではストレスだろうとのこと。以前「ストレスはありません」などと断言したが、実は大きなストレス源があってまだ解消していなかった。自覚しないストレスが怖い。先生に頼んでネキシウムを出してもらう。

DSC06638bg.jpg
                         
3時、生命保険会社のC子と相棒来る。この歳では先行き不透明でもあり何だか乗り気がしなかったが、C子の提案で意外とすんなり負担なく85歳から10年間の年金が組めた。その先はまた考えることにしよう。

犬に愛を告げられたら 

DSC_3094bg.jpg DSC06522bg.jpg 
                                          
東北新幹線の北海道延伸で第三セクターの青い森鉄道がピンチに立たされる(以下、朝日新聞15年12月1日)。16年3月の北海道新幹線開通に伴い上野-札幌を結ぶ豪華寝台特急「カシオペア」が廃止されるのだ。同区間の寝台特急「北斗星」も8月で運行を終えており、牽引する電気機関車が電圧の変更で青函トンネルを通れなくなるためだという。これによりJRが青い森鉄道に支払っていた4億6千万円の収入が来年度はなくなるのである。使用料は現在、減免して約1億7千万円になっているが、寝台特急がなくなれば全額免除しても約1億5千万円の赤字になるという。
もう一つの問題は、JR貨物が青い森鉄道に走らせている1日50本以上の貨物列車だ。県はJR貨物から約36億円の線路使用料を得ているが、線路の維持管理に約43億円を必要とする。除雪費用のほか、高水準の施設を維持するための費用が重荷になる。この貨物列車は北海道産の農産物を首都圏へ運ぶ最重要なルートである。省エネ性と速さを兼ね備えた物流手段として評価される鉄道だが、会社が赤字を出してまで奉仕している現状はおかしい。新聞記事は国にもっと厚い支援を要請すべきだと結んでいる。
元々一本の鉄道であるはずの東北本線を県ごとにぶつ切りにし、それぞれ地域に負担を負わせるなどまともな交通政策ではない。その先にもまた大湊線・八戸線のようなJRローカル線が延びているのだ。新幹線だけで日本がもつはずはないし、毛細血管の末端まで血が通う政策が求められる。

鉄道といえば、仙台に新しい地下鉄が開通したことをFs(別名メタボの白クマ)氏のブログで知った。仙台市地下鉄東西線で、西の八木山動物公園と東の荒井間13.9キロを26分で結ぶ。大江戸線と同じ鉄輪式リニアモーターを採用し、急カーブや急勾配の多い地形に対応するミニ地下鉄である。軌間、車両サイズ、速度、勾配や曲線半径など大江戸線と共通する部分が多い。一度乗って比べてみたいものである。

DSC06549bg.jpg DSC06626bg.jpg
                         
岡部隆志先生の愛犬チビが『Wan』という愛犬雑誌(緑書房・隔月刊)1月号に載ったそうだ。「保健所から救い出されて里親になった経緯や、最初は目も合わせなかったのだが、だんだんと飼い犬らしくなってきたことなどが書かれている」そうで、先生はチビのカレンダーをつくって毎年学生たちにプレゼントしているというから、立派な親バカである。私は犬が大の苦手で犬に愛を告白されたらどうしていいのか悩んでしまう。なお、チビはなかなかの美犬だからぜひリンクを見てもらいたい。

DSC06518bg.jpg