一週間の仕事です 

DSC06944bg.jpg DSC06953bg.jpg
              
痛税感を和らげるのだという。貧乏人には何ともありがたい政策である。痛くない注射器みたいなものか。痛税から痛税感を引いたら何が残るのだろう?

先週1週間は忙しかった。仕事もパラパラ入ってきたが、夜はこれまで行ったことのないギャラリーへ行って酒を飲んだ。火曜日、高円寺のバー鳥渡で長瀬達治「November Rain」。鳥渡は初めて。そこで聞いた荒井眞治「水面2」を次の日、西荻のSAWYER CAFEへ観に行く。川や海の情景をカラーで撮っている。荒井は故西井一夫を囲む小さな集まりで知り、仕事場でも時々見かけたが話したことがなかった。若いと思った彼も今年定年なんだとか。次の日はお茶の水のf分の1から、やはり西荻で藤田進×尾仲浩二写真展「銀の壁」を観る。「銀の壁」とは’88年に2人が始めたギャラリー街道(成子坂下にあった)のこと。「街道」は若手写真家の発表とダベリング(情報交換)の場であった。今や尾仲は押しも押されぬ大先生となり、藤田も先般、写真集『銀の眼』を上梓した。思えば尾仲とN女史がくっついてみたり、ここでデビューした関美比古が後にヨーロッパでバス事故死したり、小さなギャラリーは様々のドラマを生み出した。私も足繁く通った「街道」の時代が懐かしい。だがこの店、コーヒーにお通しが付いて1,000円は高いぞ。

DSC06938bg.jpg DSC06933bg.jpg
            
木曜日は大山でUP40ギャラリーのクロージングパーティ。最後の展示は白石ちえこ「海に沈んだ町」。小説とのコラボで同名の文庫本になっているからご記憶の向きもあろう。写真家はじめ雑誌の編集者などがいっぱい来て、すし詰め状態だ。『日本カメラ』を手にとって何気なく中居裕恭のページを見ていると、同誌の編集長(たぶん)がやって来て「中居さん、亡くなったんですよね」と言う。話がのみ込めず「……え!?」と聞き返すと「中居裕恭さんが、昨日亡くなったんです」と教えてくれた。大変だ、先月ナグネで「残りの花 外伝」を観たばかりじゃないか。ずっと体調がよろしくないとは聞いていたが、大動脈瘤破裂でついに帰らぬ人となった。前の細君の娘さんが看取ったという。私と一回り違うから満60歳のはずだ。通夜は24日幡ヶ谷にて。昨年この時期に行われたナグネでの写真展とトークショーの模様はこのブログでも取り上げている。

DSC06951bg.jpg
                        
金曜日は横浜市民ギャラリーあざみ野で石川竜一「考えたときには、もう目の前にはない」。石川は沖縄出身、短期間に写真新世紀佳作、木村伊兵衛賞、日本写真協会賞新人賞などを受けた新進気鋭の作家で、現在東京新聞にも連載中だ。一目見たら忘れられないような鮮烈なカラーと、人物の視線の強さが印象的である。まったりしていたら「6時で終わりです」と言われ慌ててしまったが、白クマ氏のテリトリーまで出向いた甲斐があった。帰りは六本木・禅PHOTOで陳偉江 「油麻地」。香港の多分に怪しいエリアを独学のモノクロプリントで見せる。
          

スポンサーサイト

スタートメニュー 

DSC06870bg.jpg DSC06908bg.jpg DSC06906bg.jpg
                           
先日快適に使っていたWindows10で肝を冷やすような事件があった。スタートメニューが出なくなったのだ。スタートメニューが出せないと、ショートカットを置いていないアプリケーションは起動しにくかったりで、使い勝手が格段に悪くなる。そこで「システムの復元」をしようとしたら復元ポイントを作っていなかった。ギャフンである。システム修復ディスクも作っていなかったので、もしWindowsがダウンしたら面倒なことになりそうな状態だった。スタートメニューが出なくなるのは定番のトラブルらしく、ネット上にいくつかの対策がUPされている。それを参考にコマンドプロンプトから指定のコマンドを打ち込むとスンナリ直った。この機会に復元ポイントを設定し、ついでに修復ディスクも作っておく。Windows10の快適さに幻惑されて危機管理を怠っていたのはまずかった。いたく反省した。

DSC06902bg.jpg DSC06896bg.jpg
                                
さて、私はscientistなので占星術や易経・吉凶などは信じないが、このところ世の中でヘンな符合が相次いで困っている。これをどう解釈すればいいのだろうか。例えば『ニューズウィーク日本版』編集長を務めたジャーナリスト竹田圭吾氏が亡くなったのは今年1月10日、カリスマ的なロック歌手デビッド・ボウイが亡くなったのは同月20日。この2人は共に山羊座であり、壮絶ながん闘病死が世に衝撃を与えた。竹田氏は51歳、ボウイは69歳で、年齢の数字を足し合わせると凶数「6」となる。今月に入り、丸川珠代環境相が被曝線量に関する失言で発言撤回に追い込まれた。山羊座の丸川が撤回会見したのは12日でこれは山羊座の厄日に当たる。同じ日、産休発言で物議を醸した宮崎謙介衆院議員が議員辞職を発表したが、彼も山羊座であった。理由は妻妊娠中の不倫により世間を騒がせたことで、不倫での(国会?)議員辞職は憲政史上初の出来事だとか。彼の不倫相手とされるグラビアタレント宮沢磨由もまた山羊座だったのだ。いずれにせよ、今年の1月から2月にかけて山羊座を凶星が横切ったとしか思えない出来事の連鎖である。これらは偶然といえば偶然であるが、偶然の中に必然を見るのが占星術……じゃなかったscientistの宿命ではなかろうか。なお、占星術は科学の側から論難され宗教の側からは異端視され、日常ではオチャラケと遇されているが、先入観の色眼鏡が強すぎる。人間の本質に至る占星術の方法論には何人もバカにはできない重さがある。

DSC06875bg2.jpg DSC06886bg2.jpg
                       
沖縄県宜野湾市長選挙はオール沖縄の連勝にストップをかけ、このところ翁長県知事の顔もあまり見かけなくなった。だが、宜野湾市長選のよもやの敗因は(へんだと思ったが)下地某が政権に籠絡され、その票が切り崩されたことにあるのだという。北海道では政権は年季の明けた鈴木宗男父娘を取り込む策動に成功したようだ。NHKの大河ドラマ『毛利元就』では元就が策謀により敵味方なく次々と死に追いやるシーンが続き気分が悪かったが、気分の悪さでは安倍一強対坊ちゃん野党の心理戦も負けてはいない。

DSC06878bg2.jpg
                                                

断捨離に背いて 

王子
DSC06852bg.jpg DSC06858bg.jpg
                           
袋整理法の山根一眞氏だったか超整理法の野口悠紀雄先生だったか忘れたが、こんなことを書いていた。ある人が自分の情報整理法は正しいか判断してほしいというので、その人の整理法の内容を教えてもらうと完璧なものであった。そこで、その整理法を維持するためにどの位の時間を費やしているかと問うと、仕事はせず毎日こればかりやっているという答えだったそうだ。このエピソードは情報整理法のジレンマを言い当てている。

私は毎月の新聞回収がなくなってすっかりペースが狂ってしまった。毎月回収があるから新聞を分類しスキャン(スクラップ)して古紙に出せる状態にしてきたのだが、それがなくなった今、何を焦ってスキャンする必要があろう。というわけでマッタリしすぎ、年が明けてもまだ9月下旬の新聞が残っていたのである。私の新聞整理のやり方はこうだ。新聞をスキャンすべき記事があるものとないものに分け、ないものはそのまま回収袋に入れ、あるものはスキャンして「やさしくデジタルファイリング」というアプリで取り込み、終わった新聞は回収袋に入れる。スキャンの段階でも保存の必要がないと思ったものはそのまま袋に入れるのだ。これらの新聞は大体配達されてから時間が経っているので、新たな目で読み直すことができる。しかし、逆に時間が経って事態が変化し、記事自体が意味をなさなくなったりするものが出てきたりする。

DSC06853bg.jpg DSC06840bg.jpg
                               
日本人はすぐ新聞をスクラップする、一次資料に当たらなければいけないなどという意見もあるが、経済データなどは元資料に当たることが可能でも、それ以外は素人に簡単にできることではない。ゾルゲの情報源はほとんどが新聞などの公開情報だったという話がある。ただ、何かに使えるかもと思って過剰にスクラップしている嫌いがないではない。断捨離の反対である。なるべく少なくするようにしているが、それでもこの状態だ。どうするのがいいのか自分でも分からない。電子版を購読すれば解決することかもしれない。

太った?
DSC06867bg.jpg
                 
1月某日新年会。4000円会費でカラオケ歌い放題。最後はママと「夜のしのび逢い」をデュエット。点数は思ったより低い。うろ覚えがバレたか。1月末日知人の墓参り。精進落としの何気ない会話に重大なヒントあり。