校閲ガールはムチ打ち刑? 

窓猫特集(いずれも北砂にて)
DSC00212bh.jpg DSC00221bh.jpg

生意気千万な元外交官・宮家邦彦が週刊新潮のコラムで「ある論文で宥和と書いたら融和と直されてしまった」と憤慨していた。宥の字は常用漢字に入っていないので校正者は直さざるをえなかったのだろうが、宥和政策という言葉の意味は台無しである。しかし邦ちゃんの論文を直すなんて大した度胸じゃないか。「テロリストに身代金を払ってテロがなくなりましたか」と言うのが彼のおはこだが、では「テロリストに爆弾を浴びせてテロはなくなりましたか」と訊いてみたいものだ。シリアで拘束されているはずの安田さんはどうするつもりですか、ともね。
                 
                     

DSC00167bh.jpg DSC00226bh.jpg
                
路地の片隅、柘榴の樹と駐車場に囲まれた曲がり角で暮らす半野良兄弟が、ますますやんちゃになっている。柘榴を剪定し雑草を刈ろうとするご主人の、長枝ばさみの柄にまとわりついて大変である。母親も子供を押さえつけたり取っ組み合ったり、親子ですっかりやりたい放題。餌をやっているお宅のご主人は黙って見ている。これから寒くなるというのに大丈夫なのか。彼らは草ボウボウの宅地跡の隅で暮らしているようだ。
ご主人が「柘榴を持っていくか?」と訊くのでせっかくだから1つもらった。焼酎に入れるとおいしいと言うので焼酎を購入。中の実をすりつぶし汁を焼酎に入れて飲むと、甘酸っぱさがなかなかだった。
                
                   

DSC00190bh.jpg DSC00183bh.jpg

A氏に呼び出されて池上線沿線のバーへ行く。暮れ果てた街路がいつの間にか降り出した雨に濡れている。噺家の女房さんが来たりして店は盛況だが、ママとの話が最初からかみ合わない。A氏の言うこともなぜか今日は妙にズレ気味だ。それにこの店、酒は焼酎しかなくつまみは何もない。私のようにつまみをたくさん取って燗酒を好む口にはまことに不向きである。焼酎をお湯割りで飲んでいたが、いつもの日本酒のペースになっていたらしい。
店を出るときによろめいたのが前兆で、電車を乗り換えて帰る道すがら急激に酒が回ってきた。階段でつんのめり、エスカレーターでふらつき……よく降りる駅を間違えなかったものだ。うちに帰ってパソコンを立ち上げ、岡部先生からの慢性病で難儀しているというメールを読んだのは覚えているが、風呂に入る余裕もなく寝てしまった。朝方、むかつきと頭痛がして目が覚めたものの胃薬がない。なんとか二度寝して目が覚めたら10時前。久々の宿酔になった。
飲んだ私が悪いのは認めざるをえないが、もうあの店には行く気がしない。少なくとも今年中は無理だと思う。作歌ノートを開くと件の噺家をインタビューした新聞記事のコピーが挟まっていた。いつ誰からもらったのか全然記憶がない。ふらつきは次の日の夕方まで残っていた。この店のことは前にも書いた(こちら)。
                   
ミャーは元気になった。右はミャーの隣人(野良)                        

DSC00148bh.jpg DSC00159bh.jpg
                          

スポンサーサイト

野辺地の秋、深し 

いやはや、今年後半最大級の厄日は間違いではなかった。しかも、15日だけではなく16日も続いたのだ。いつかの時と同じ厄続きになった。案の定、弟とはかなりまずくなった。しかし、好天に恵まれ思わぬ吉事もあった。
              
               

dsc_4532bg.jpg DSC_4740bg.jpg
      
金曜日、昼前のはやぶさ17号で八戸へ。八戸の空気はひんやり。野辺地駅は駅前の改修工事が終わり、駅舎前の通路に屋根が掛けられていた。駅前から弟の車に乗り、途中花を買ってお寺へ行く。お墓は草がボウボウでがっかり。草を取り墓石や周りを掃除して花を供えると、何とかそれらしくなった。そこから一人写真を撮りながら帰るつもりで同期生K君の荒物屋の前を通ると、風情のあるガラス戸が真新しい黒のアルミサッシになっていた。思い切って声を掛けると妹さんが出てきて、K君は出かけているが脳梗塞で半身が不自由になっているという。そこから坂を下り、夕暮れ迫る川の畔を行きつ戻りつ写真を撮って家に帰る。仏壇に灯を点し線香を供えるとほっとする。夕方になると急に冷えてセーターを着込んでいても寒いほどだ。
                  
                   

DSC_4573bg.jpg DSC_4572bg.jpg DSC_4748bg.jpg
                     
次の日は途中で起きたりしたので目が覚めると10時! 雲一つない快晴である。軽食をとり軽く駅裏などを散歩し、昼食後は家の草取りに掛かる。下はそれほどではないが、洗濯物干し場の中に入り込んではびこったつる草がやっかいだ。それらを切ったり刈ったりしてなんとかゴミ袋に押し込む。それから町へ行こうとして駅前にさしかかると、観光センター前で誰かがギターを鳴らして「花~は花は……」などと歌っている。よく見ると私の写真を飾ってくれたI社長ではないか。路上のミニコンサート(?)だというのだが、彼とA氏夫妻しかいない。ひとしきり歌うと次はA氏の番だ。女子高生が通りかかるが素通りしていく。見物客がほとんどいないまま寒くなったので終了。だいぶ写真を撮ったが、使えそうなものがあるだろうか。コンサートは次回に期待したい。そのあと川のほとりなどいつものコースで写真を撮って歩いた。
観光センター2階では復元北前型弁才船みちのく丸のパネル展示が行われていた。鎖国政策の下で最大限の物流テクノロジーを練り上げた北前船の英知はもっと誇っていいと思う。
                
              

DSC_4615bg.jpg dsc_4545bg.jpg DSC_4662bg.jpg
                 
3日目は午前中、小中野開拓(琵琶野)への道を散策する。宅地開発で変わったところも多いが、静まりかえった杉林のある風景は昔のままだ。快晴でセーターとジャンパーを脱いでも暑い。午後は墓参りついでに町をぶらついて写真を撮り歩いた。石神様の前を通りかかると鳥居がなくなっているのに気が付いた。近所の人に聞くと老朽化して取り除いたが、檜だと高価な上、檜自体が入手困難で困っているという。とりあえず千円を鳥居代としてカンパしておく。なお、現在の鳥居にはお手軽な硬質塩化ビニールも使われているそうだ。
17:47野辺地発。はやぶさ36号で上野着。しかし都営新宿線が遅延し、森下で1時間近く待たされてしまった。
               
                  

DSC_4722bg.jpg DSC_4711bg.jpg DSC_4764bg.jpg
DSC_4730bg.jpg DSC_4642bg.jpg
DSC_4766bg2.jpg
                

猫を見捨てた訳 

明大唐組赤テント公演
dscb00033bg.jpg dscb00029bg.jpg

このところ右肩が痛くてかなわない。肩というより首だ。もともと首と肩の骨が接近しており、痛みが出やすいタイプなのだそうだが、枕の下にタオルを入れて高さを調節したりもしているが、うまくない。そこで四十肩の時に世話になった足の裏に膏薬を貼る方法を始めた。小指の下、肩の反射区に貼る。最近の薄い膏薬は剥がれやすいのが難点だ。しかし今のところ効いた気配はない。
昔この団地に住んでいた軍事評論家の神浦元彰氏が、肝臓がんで亡くなる前に肩が猛烈に痛いと言っていたと聞いて心配になった。彼は糖尿病も患っていたが、血液検査で肝臓はスルーされていたのだそうだ。
病と言えば私の宿痾は陰部のかゆみだが、一時股まで赤くなりものすごく痛痒かった。先生はステロイドの副作用らしいと判断しヒスタミン軟膏に切り替えた。ところがもっと悪くなった。私は以前ヒスタミン混合剤を使って同じ副作用が出たことがあったので、止めてくれと言ったのだが聞いてくれない。真っ赤になって初めて「副作用確認しました」と言って元に戻してくれた。こういうところがいかにも牡牛座らしい。しかし実際ステロイドの副作用は怖く、Dr.藪だと強いもの強いものとなりやすいようだ。私の最近の経験では陰部の炎症は薬だけでは治せない。保冷剤を当てて冷やすことと、ウルトラCはブリーフをはかずに寝ること(パジャマの下ははく)である。熱が大敵なのだ。
                     
                        

dscb00004bg.jpg dscb00012bg.jpg
                       
もう1つ、今日同じ皮膚科で診てもらったのは右手の親指の爪にできた黒い小さな変色だ。これは3、4か月、あるいはそれ以上続いているか、爪の先が割れたときできた黒ずみである。先生は血豆か爪の下のほくろだが、前者なら爪が延びると動いて消失するという。麻酔をかけて切り取るのが一番だが、もう少し様子を見たらどうかと言う。そしてPENTAXのデジタル一眼レフにリングストロボの付いたものを持ち出して爪の写真を撮ってくれた。機種は分からなかったがピカピカの新品で、レンズは長さからしていわゆるデンタルマクロではないようだった。画像の拡大率は1.5~2倍程度と見た。


dscB00001bg.jpg dscb00009bg.jpg

秋が急速に深まる四谷愛住町の暗い坂道で猫に呼び止められた。いつもは喜んでお相手するのだが、この夜の猫はあまりにマジで余裕がなさげ。つい「引いて」しまった。何もないよ、ごめんな~と言って足早に通り過ぎた。首輪はついていないが、毛並みはきれいだった。当方の早とちりだったか……。

14日から野辺地へ帰省することにしている。ところがイレーネの風水占いによると15日は今年後半最大級の厄日だという。先日同じことが書いてあった日にはネットが通じなくなり、大変だった。しかし一度延ばしているのでこれ以上延ばすのは難しい。それに東京にいたとて厄は厄なのだ。15日……弟と喧嘩か、肩の痛みがMAXになるか、それとも交通事故? 楽しみだ(ウソ)。


dscb00019bg.jpg