自家本ミステリーを肴に 

DSC00642bh.jpg DSC00638bh.jpg DSC00672bh2.jpg

先日、東京新聞の「反響」欄(テレビ・ラジオの感想や批判の投稿欄)にTBSニュースキャスターのゲスト池谷先生への批判を書いたが、後で冷静に考えてみると彼の言っていたことはまっとうで、私の方がチト野党ボケだったかもしれない。難しいもので、どうしても局面では「イカンイカン!」という怒りに同調してしまう。小さな投稿欄だが、意外に人の目に留まるところなので後悔している。
               
                

DSC00604bh.jpg DSC00669bh.jpg

さて、最近知り合ったS氏から一冊の本が送られてきた。源氏物語を下敷きにしたミステリーで、安倍晴明を探偵役に陰陽道がらみの事件が展開される。話それ自体は新鮮だし、S氏のペダントリーも遺憾なく発揮されていると思うのだが、彼が一人でつくったらしい本の体裁が問題である。体裁といっても装丁などのことではない。私自身、本づくりで失敗し仕事でも失敗を重ねてきたので失敗には自信がある。だから自信を持って言えるのである。麻布でミステリー雑誌づくりの超末端に関わったこともあり、作家の生テキストが複数の編集者・校閲者との対話によっていかに作品へ整序されていくものかを知った。自分ではどんなに完璧な作品であると思っても、プロの目で見るとヘンなところが何か所も出てくる。それを1つひとつ潰して直してようやく一個の作品が陽の目を見るのである。
S氏の場合はメイン作品の完成度は高いので、あとは細部、仕上げと他の作品の盛り合わせ、組版原則の適用如何が問われるが、たとえば行頭字下げのようなお約束が統一され守られていないと読みにくくなる。全体に凡庸なフォントを使ってしまったこと、言い訳めいた後書きがごちゃごちゃしすぎた点も興をそぐ要因だ。せっかくの新鮮なテーマとペダンティックな世界像が十分生かされなかったのはまことに惜しい。もったいないと言わざるをえない。
なお、ミステリーではないが、中島たい子『ぐるぐる七福神』(幻冬舎文庫)に出てくる亀戸天神近くの喫茶店は、くらもち珈琲がモデルになっているらしい。この小説は「東京に御座す、さまざまな七福神をめぐりながら、恋と人生を思索する新感覚“プチロード小説”」とのこと。プチロードって何だ?
               
                

DSC00612bh.jpg DSC00632bh.jpg

三戸郡・八戸市をサービスエリアとする南部バスが11月28日民事再生法適用を申請、受理され、事実上倒産したというニュースが飛び込んできた。南部バスは南部鉄道を前身とし、八戸-五戸を結ぶ鉄道路線が十勝沖地震で壊滅的被害を受けて再建を断念、バスに転換した。負債総額は26億8000円。路線バス・高速バスの運行は継続するという。南部地方の公共交通に厳しい冬が到来しそうだ。
               
               

スポンサーサイト

自作餃子にドレッシングを掛けると…… 

来た来た来た来たーーーーっ、北街角の心は熱い! 電話での世論調査、来ました。実際にやってたんだね。投票に行くかどうか、次の選挙、現在予定されている候補者に投票するかどうか、安倍政権を支持するかどうか、など。自民党の某は論外だが、民進党の某も曲者で素直に一票とは言えないのが苦しい。電話の問い(自動音声)はあまりに早く聞き取れなくても聞き返しは出来ず、アタフタしてしまう。
                  
                      

DSC00551bh.jpg DSC00590bh.jpg

いま餃子に凝っている。市販の餃子は肉が入っているし、豚肉だけならいいが、鶏肉が混じったり鶏肉エキスが入っていたりする。鶏と聞いただけで鳥肌が立つ私が異常なのかどうか。こうなったら自分でつくるしかないと思い立った。が、なかなか上手くいかないものだ。
材料は餃子用みじん切り野菜(旭物産)、ギョーザの具味付用(調味料・富士食品工業)、スライスニンニク(フジサワ)、ツナ缶詰、それに餃子の皮である。最初は調味料(液体である)を入れすぎてしょっぱくなった。調味料はうんと少なめに入れるのがコツのようだ。それどころかこれを入れなくてもいいぐらいだ。なお、出来合いのみじん切り野菜は刻みが大きいので、自分で更に細かく刻む必要がある。ニンニクも水で戻し刻む。ツナは油をよく切っておく。これらを混ぜ合わせ皮に包むのだが、肉が入らないので粘りが出ない。いささか包みにくいので当分餡を少なめにする。フライパンに水を入れ蒸し焼きにすると、大変おいしい餃子のできあがりだ。試行4回目ぐらいでやっと食べられるものになった。
もう1つ、ドレッシングの自作が楽しい。前に片栗粉を使った分離しないドレッシングを紹介したが、いまはレシピを大幅に変更したものを使っている。ベースはプレーンヨーグルト。それに4分の1程のオリーブオイルを混ぜ、ポッカレモン、洋カラシ、塩、コショウ(いずれも好みの分量)、チューブ入りニンニク少々を加えよく振り混ぜる。市販のドレッシングと違ってヘンな添加物は一切入っていないので安心である。逆流性食道炎になって酢がいけないということになり、再検討した。このゴールドドレッシングは私の朝の食卓に欠かせない。
                     
                  

DSC00540bh.jpg DSC00532bh.jpg DSC00543bg.jpg
      
伊藤明徳の写真集『原風景』を買いに南砂のたなべ書店へ行く。南砂の丸八通り沿いにこんな大きな古本屋があるとは、聞いたことはあったが行ったのは初めて。映画のパンフ類が多く、その他写真集やコミック、アダルト系、VHSビデオまで万遍なく取り扱っているが、文学・思想や詩歌はやや少ない。伊藤明徳と言っても知らない人がほとんどだろうが、80年代に強い焼き込みなどでつくった、おどろおどろしい写真を発表していたアマチュア写真家である。年代は私たちより少し下。いまなぜ伊藤明徳か……その理由は次回。

追記:餃子にドレッシングを掛けることはありません。念のため。
           
      

DSC00589bh.jpg
           
                  

神田川中流域を歩く 

大久保の忘年会は来月の2日だそうだ。早めだが当方は昨年に引き続き欠席だ。この1年で断絶は更に大きくなってしまった。修復(があるとして)には少なくとも数年を要する感じだ。私は八十に手が届く歳になってしまう。
    
    

DSC_4804bh.jpg DSC_4838bh.jpg

さて、13日は久々に川歩きを行った。コースは井の頭線の高井戸から京王本線の下高井戸まで、神田川の中流域3.7キロ。メンバーはYさん、Oさん、Mさんの3女史、H、Sの両君と山姥さんに私を加えた7人である。コースを引いて地図をつくるのに以前はデジタルミリオンを使っていたが、Windows10に対応していないし情報も古いので、前回からルートラボというサイトでつくっている。慣れないこともあって、適切なサイズのプリントアウトが難しい
高井戸駅の改札で待ち合わせ、午後3時過ぎ、環八を渡って井の頭線に沿って流れる神田川を歩き始める。風のないポカポカ陽気は暑いほど。川は両側に手すりの付いた歩道が完備しているが、車は来ないものの、ジョギングの人たちや自転車がひっきりなしに通るのでいささか煩わしい。右岸に白兎珈琲店という店があり、何と読むのか話題になったが正解はシロウサギだとか。
         
          

DSC_4796bh.jpg DSC_4803bh.jpg DSC_4810bh.jpg
DSC_4817bh.jpg DSC_4812bh.jpg DSC_4830bh.jpg

東京の川はどこもコンクリートの護岸、しっかりした手すりと街路樹、工夫を凝らした橋……と同じような風景が続く。短い橋のデザインの違いを見たり、川沿いの民家の樹木や花を眺めたりするのも楽しみの一つ。したがっていちいち解説しないので画像を見て想像願いたい。途中休憩した塚山公園は、縄文時代中期の住居跡が発見された塚山遺跡が復元保存されているという。小高い台地に大きな池がありベンチやトイレがあったので、遺跡などに興味がない我々はお菓子を分け合い飲み食いしただけであった。
               
                 

DSC_4848bh.jpg

しかしそこはまだコースの3分の1の地点で、既に日が落ちかけている。始まりが遅すぎたのである。あとはしゃかりきで歩き、下高井戸に着いたときには真っ暗になっていた。下高井戸は事前に調べたとおり手頃な飲み屋(チェーン店)がない。山姥さんはここで帰った。残りのメンバーで電車で明大前に移り、改札を出ると目の前につぼ八と仙やがあったのは奇跡的だった。
                   
                      

DSC_4840bh.jpg DSC_4844bh.jpg DSC_4859bh.jpg
DSC_4872bh.jpg DSC_4891bh.jpg DSC_4883bh.jpg

今回は腰の悪いH君に配慮してコースを短めにしたが、闘病中の山姥さんが歩くのにもちょうどよかったようだ。みんな5キロ以上は無理になってきている。集合が3時では遅いことも学んだ。闘病といえば私の肩の痛みはリハビリのおかげでだいぶよくなった。今日は兄さんに姿勢がまだよくないと言われた。