-別アーカイブ

 2017-03- 

ハイシャ復活戦 

DSC08897bh.jpg DSC08938bh.jpg DSC08884bh.jpg

土曜日、眼科へ行く。主訴は左目のかすみが強いことだが、視力検査ではある程度数値が出るためか先生の危機感は薄い。昨年は白内障が右目にあるとのことだったが、今年は両目にあると言われた。そのせいだろうというのだが、ではなぜ右にも症状が出ないのか納得のいく説明はない。それ以上聞くと切れそうな雰囲気なのでとりあえずは引き下がった。何とか病院の何とか部長をやったとの経歴がサイトに載っており、確かに診察は緻密で丁寧だが器が小さい。限界かもしれない。来週は数年ぶりに以前の歯科クリニックで歯を診てもらうことにしている。

                          
DSC08915bh.jpg DSC08941bh.jpg

松方弘樹に続き渡瀬恒彦が胆嚢がんで亡くなった。享年72。獅子座の生まれだ。いろんな作品に出ていたようでつぶさには知らないが、テレビの十津川警部シリーズ(TBS)は亀井刑事を伊東四朗が演じ、高橋英樹-愛川欽也コンビで30年続いたテレビ朝日の同シリーズともども楽しませてもらった。彼の映画で忘れられないのは巨匠山本薩夫の『皇帝のいない八月』である。確か名画座で『新幹線大爆破』と二本立てだったような気がする。渡瀬はクーデターを画策する若きリーダーを演じ、これが役者としての飛躍の契機になったという。当初の主役の想定は兄の渡哲也だったが、スケジュールの都合が付かず渡瀬にお鉢が回った。しかし三島由紀夫ばりのアジテーションをぶつ場面など、常識人の渡瀬に狂信的なカリスマ性は出せず、いささか残念な結果に終わった。むしろサブを務める三上真一郎がよい。
小林久三の同名小説を映画化。現体制に不満を抱く自衛隊の過激分子が三々五々首都をめざし、主力の渡瀬隊は寝台特急さくらを列車ジャックするのだが、当時の国鉄にも自衛隊にも協力を拒まれ、列車のシーンはセットとミニチュアで撮っている。そのため特急の疾走感が全然感じられず、銃撃戦の指揮の拙劣さと相まってフラストレーションが溜まった。『白い巨塔』の山薩ならではのオールスターキャスト大作だが完成度はイマイチ。象徴となるはずの交響曲「皇帝のいない八月」(佐藤勝作曲)もメリハリを欠いた。ラストはロボミーを施された三國連太郎の表情が不気味だった。

                            
DSC08950bh.jpg DSC08947bh.jpg DSC08946bh.jpg

大久保辺りでは、60年安保世代の自死が取りざたされたらしい。仄聞する限りでは生活苦からの焼身自殺だったとか。おそらくは80歳前後。国家(行政)の施しは要らない、生活保護は受けないという自恃であったのか。かつて共同的営為が除外した生活――家族や老いや貧困や死という極私(きょくし)的なものがそれぞれに立ち塞がっているようだ。少し前に書いた友人Y君も全共闘の端くれだったらしいが……。
     

スポンサーサイト