-別アーカイブ

 2017-03- 

続ハイシャ復活戦 

DSC08966bh.jpg DSC08967bh.jpg DSC08963bh.jpg

22日、歯科クリニックへ行く。10年ぶりなので改めて歯のX線写真を撮り、歯科衛生士にチェックしてもらう。すると意外なことが分かった。左上のかぶせた歯でデンタルフロスが切れるのは虫歯になっているからだという。かぶせ物の中で虫歯が進んでいたことになる。X線でも分かるくらいだから軽度のものではなかろう。右上には根っこがむき出しになっている歯もあるが、そこも虫歯ができているという。その他指摘されたのは、歯の表面が削れている部分がある(不適切なブラッシング)ことと、歯を食いしばったり歯ぎしりをしたりしていないかということだ。夜中のことは分からないものの、起きているときに歯を食いしばることはよくあるような気がする。歯を食いしばったりすると歯茎の中の骨がこぶみたいに出っ張るのだという。そういう個所がいくつかあった。これが進むとブラッシングがやりにくくなるのだ。
しかし全般的に親知らず以外の歯がほとんど残っていて優秀だと言われた。失った1本はやはりかぶせ物の中で虫歯が進行していたケースで、こちらは根管治療も全然やっていなかったのでしかたがない。子供の時の歯科医が悪いのだが、それ以上に甘いものを食べすぎた自分のせいだ。これは今ブリッジになっているが、将来の耐久性にいささか不安がある。ともあれ、今回は歯石をすっかり取ってもらいすっきり。次回の診察は4月5日の予定だ。

                              
DSC08871bh.jpg DSC08910bh.jpg DSC08943bh.jpg

久々に本を2冊読み終えることができた。まず、光人社NF文庫の新刊『本土空襲を阻止せよ!』。著者の益井康一は元毎日新聞記者。陸軍報道班員として終戦まで中国にて取材を続けた。一号作戦をはじめB29の本土来襲を阻止すべく大陸で戦った日本軍の克明な戦闘記録。渡辺洋二『本土防空戦』の主要なネタ本の1つと見た。
もう1冊は高安国世歌集『光沁む雲』'75(現代歌人叢書)。高安は関西アララギから独立して「塔」創刊。弟子の永田和宏による後書きにこうある。「見える以上のものを見ていこうという意志を持続することは、真実が幾重にもカモフラージュされつつ隠蔽されている現在の情況にあって、何よりも必要なことであろう」(太字は原文傍点)。
                        
  夜に移る群衆か濃く流れつつ迷路地下街のいずこに果つる
  トランジスカンチア・アルビフローラ・アルボビッタータ呟けば小
  さき祈りのごとし
  燃えきわまる炎のごとき夕ぐれの一樹の声を聴きそびれたる
  薔薇の青き蕾鬱々と群れ立てりにがき歓びといえど遠しも
  湖に出て風は舞うらし繋がれし白きヨットの向き変わりゆく
                           
高安の歌は好きだが、短歌において見える以上のものを表現することはなかなか簡単ではない。

                       
DSC08858bh.jpg DSC08944bh.jpg
                        

スポンサーサイト