布団は冷たいが町は温かい 

                           
DSC_5132bh.jpg DSC_5173bh.jpg DSC_5200bh.jpg
思い出の松浦食堂。右の酒屋はお休み
DSC_5118bh.jpg

いやはや、今回の帰省(墓参)は雨風に祟られて散々であった。1日目(13日)は東京も雨で駅まで行くうちに手提げ袋の上に載せた新聞がビショビショになった。雨風が強いので墓参は中止、草取りも写真撮影もできないので、ローソンでカーネーション1本を買い仏壇にお土産と伴に供える。カーネーションは土の代わりに消臭剤と似たようなビーズが入っている。どのくらい持つものであろうか。夕食を食べ、飲んでいるうちに弟が絡み出したので、まだ6時だが早々に引き上げる。風呂は面倒だし私が入った後のお湯は捨てることになり、もったいないのでシャワーにするが当然寒い。ベッドは冬布団を掛けたので大丈夫だろうと思っていたが、夜中に風が強くなり、身体が温まらない。毛布を追加したがまだ寒く、PETボトルにお湯を入れて湯たんぽ代わりにしたが効かず、熱いお湯を入れてやっと寝付けた。

                    
DSC_5121bh.jpg DSC_5183bh.jpg DSC_5193bh.jpg
DSC_5167bh.jpg DSC_5245bh.jpg

次の日は寝坊したので、昼ご飯を食べてから墓参りに行く。周りを掃除して花を供えるが、線香やろうそくは風が強いので立てられない。写真を撮り歩きついでに、本町の旧姓Aさんの薬局に寄り四方山話。中学のN先生が亡くなったという。N先生は音楽の担当で私をコーラスメンバーから降ろした事件の恨みが忘れられない。顛末についてはこちら(たかしくんに言わせると生徒虐待だという)。ついでに大根のど飴を1つ買う。家のまわりの草取りをするが、地面が濡れているので靴が泥だらけになってしまった。ダイエーのアイディアショップで買った狭いところの草が取れるという器具を使ってみたが、屈んでやるので膝と腰がけっこう痛くなる。結局、3分の1ほどはやり残した。
さて下町の途中に脇へ入る二股道があり、いつも歩いて撮っている道だが何となく気になっていた。今回たまたまそこにいた男性と話をしたところ、この道が江戸期の旧道だと聞かされた。道は川で途切れているが、かつては橋で川向こうの道につながっていたのだという。意外な情報だった。藤川旅館の横の道は新しい道だということになる。

真ん中の写真、右の道が江戸時代の旧道だという
DSC_5060bh.jpg DSC_5099bh.jpg DSC_5085bh.jpg

3日目も烏帽子のお山は姿を見せない。親戚のHさんのところへお土産を届け、写真を撮って歩くが天気が悪く遠出する気にならない。鳥居が壊れた石神様へ行ってみた。再度近所のYさんやUさんと話をする。石神様が財務省の土地であること、Uさんの本家(在北海道)から毎年しめ縄が送られてきていること、石神様は軽石なので年々小さくなってきていること(屋根を掛けるのが望ましい)、鳥居の廃材で賽銭箱を作ってもらったらお賽銭ごと盗まれたことなどの話を聞かされる。塩ビの鳥居が安価なので本家の人の意向も聞き、何とかご近所を纏めてもらえないだろうかなどと話していると、Uさんが私には荷が重すぎてできないと言い出した。とりあえず本家の電話と住所を聞いて置いてもらうことにする。確かに高齢のUさんに負担を掛けるべき案件ではない。帰り際にYさんはこっそり「(ご近所は)みんなこうなんですよ」と打ち明けてくれた。石神様の存続に責任を負わされたくないという思いらしい。

                
DSC_5202bh.jpg DSC_5204bh.jpg
DSC_5112bh.jpg DSC_5137bh.jpg DSC_5119bh.jpg DSC_5225bh.jpg

もう一度お墓に寄り灯明だけ点けて懇ろに拝んでおく。帰り道、偶然役場の近くにGARDEN CAFEという小洒落た喫茶&雑貨の店を発見したので入って珈琲を飲む。広い店内はログハウスふうでテーブルやイスも手造りで纏められ、カントリーウエスタンが掛かっている。弟に聞くと彼の同級生の娘さん達がやっている店だそうだ。女性向けだというが、野辺地は喫茶店が少ないので続いてほしいと思う。

                    
DSC_5215bh.jpg DSC_5224bh.jpg DSC_5128bh.jpg
DSC_5256bh.jpg DSC_5280bh2.jpg
                           
                      

スポンサーサイト