中野・阿佐ヶ谷・高円寺 

何だか妙に忙しない。原因のひとつはギャラリー回りだ。毎日夕方には出かけて1か所か2か所は必ず回るついでに、電車の中で新聞を読むのが日課になっている。以前は適当に取捨選択していた(せざるを得なかった)ものを、最近は都合の付く限り有料以外のほとんどを回るようになってしまった。これでは身がもたない。電車で新聞を読むのも目に良くはないと思う。

                  
DSC09768bh.jpg DSC09783bh.jpg DSC09765bh.jpg

2日、荒井眞治の写真展『アメリカを好きですか?』が最終日なので西荻まで出向く。荒井は毎日の出版写真部長を務めたが10月に定年を控えるという。展示は在日米軍基地の街を撮ったもの。最後に付け足し(心情的にはこちらがメインかも)のように写真とともに掲げてあった伝説のロックバンド「村八分」の結成メンバー、山口冨士夫への追悼文がチト気になった。山口は2013年に福生駅前で他人に殴りかかるアメリカ人男性を止めようとして突き飛ばされ、脳挫傷のため死去。享年64。「村八分」はメンバーが入れ替わりつつ現在も続いているという。
会場のSAWYER CAFEはゆったり目のスペースでジャズのレコードが揃い、酒も飲めて深夜までやっている。西荻は漫画家などが多く、ミュージシャンは腐るほどいるとか。確か北尾トロも西荻ではなかったか。北尾は数々の裁判ルポで知られるが、最近は自身のインプラントの失敗を本にしていたようだ。中央線沿線のこうしたインテリ文化圏は独特の雰囲気があり、それがまた物語を生み出す分厚い舞台にもなっているのだが、私はついにそこへ入り込めなかった一人だ。そういえば昔、男女デュオの歌う「中野・阿佐ヶ谷・高円寺」という歌謡曲があったな……と、暮れゆく車窓を見ながら思い出していた。

    
DSC09781bh.jpg DSC09772bh.jpg DSC09784bh.jpg

たまたま某君のブログを見ると道浦母都子『無援の抒情』を取り上げていた。彼のブログは1日の閲覧数何百人とMyブログとは比べものにならないが、俳句や短歌などの記事にはコメントがほとんどつかない。でも、彼が取り上げている詩歌はしっかりしたものばかりだ。さて、道浦の人口に膾炙した「カルチェラタン」の一首は、このところ連絡の取れない友人N君が「つまらない」と言下に切り捨てて以来、私もあまり評価していなかったが、某君はその「音楽性」を買っているようだ。仲間内では亡くなったI君が評価していた以外評判はイマイチだったように思う。何となく「マジ」な詠いぶりが気に入らなかったのかも知れない。しかし、歌人の評価は少なくとも一冊の歌集を読んでかからなければ公平ではない。東京新聞の「一首のものがたり」でも道浦を取り上げ、「われらがわれに還りゆくとき」という彼女の歌集の言葉を引いて論評していた。

                   
DSC09800bh.jpg DSC09802bh.jpg DSC09798bh.jpg

                             

スポンサーサイト