-別アーカイブ

 2017-07- 

猫のいない猫町へ 

DSC00181bj.jpg DSC00182bj.jpg

6月27日は錦糸町・すみだトリフォニーホールでグループNEXTの第19回作品展(コンサート)が行われた。現代音楽の演奏会にこれだけの人が集まるのはいつもながら不思議。しかも来年は20回目だという。現代音楽と言ってもクラシック音楽から画然と隔てるものがそれほどあるわけではない。写真の世界でも、どのように超絶した表現であれ必ずフォトジェニックな要素を抱えているのと同じことである。今回は故・高橋東悟『浸潤する「時」―独奏ピアノのためのー』(2007年、演奏は篠田昌伸)が緊密な構成で最も現代音楽らしい作品だったように思う。

7月4日はたぶん厄日だった。午前中眼科へ行くが11時の予約だというのに診察や検査は10分程度で、終わったのが12時半。延々と待たされた。予約は意味を成さない。収穫はドクターから私のような症状にルテインのサプリメントが有効だという話を聞いたこと。しかし窓口で売っているのはルテインを20mg含有し4,000円近いので今回はパスした。手持ちの物が切れたら買うことにしよう。

                          
DSC00149bj.jpg DSC00145bj.jpg DSC00143bj.jpg

夕方、銀座はシャネル・ネキサス・ホールでアラーキーの写真展『東京墓情』を観て、帰りは東銀座からいったん大門へ出て大江戸線に乗ろうとしたのが大失敗。京急線で人身事故があり電車は東銀座・新橋に止まったきり動かない。やっとのことで大江戸線に乗り換え森下まで来ると、今度は京王線が何とかで8時半になろうというのに混んで乗れない。3、4本見送ってやっと乗れたが疲れ切ってしまった。
事故と言えばJR東ご自慢の「四季島」がパンタ事故で5時間立ち往生との報道。大枚はたいてこれじゃ……払い戻しされてもしょうがないだろうに。

                  
DSC00133bj.jpg DSC00140bj.jpg DSC00150bj.jpg

ザンパイ三唱が似合いそうな自民党。千代田区の自民候補・中村彩さんの「皆さん脇が甘いと思います……」という敗戦の弁はこれ以上ない悔しさが滲んでいた。だって自分の選挙が現職総理の演説でメチャメチャにされたのだから。だが政権の感性は末期的だ。スガは定例会見で「あんな人」との総理の発言について記者の質問に「全く問題ない」理由は?「ないからない。発言は自由」と説明責任放棄のスガ語に磨きがかかる。稲田は平気な顔でミサイルの危機を説き、下村は文科相時代に加計から200万受け取っても逃げ切るつもりだ。極めつけはヒラメ男佐川理財局長を国税庁長官に据える人事。税務調査でうるさいマスコミを締め上げる算段らしい。

代田橋って知ってますか? 笹塚と明大前の間にある……長瀬達治君の写真展を観に初めて降りたが、こ、これは……猫町! 猫は見かけなかったが、祭りの提灯や路地に連なる飲み屋に昭和の匂いがプンプンする。写真展のある袋小路は沖縄タウンを名乗り沖縄料理の店などが多いようだった。後で地図を見たが、この辺は至るところこのような路地で、玉川上水の開口部もあったのだ。機会をみて再訪したい。

                        
DSC00127bj.jpg DSC00224bj.jpg DSC00170bj.jpg
                       
     

スポンサーサイト