「黒革の手帳」を見せろ 

DSC00411bj.jpg DSC00412bj.jpg DSC00413bj.jpg

みんな観てますかぁ、国会中継。夏はこれに限るね。なんて……。

新しい冷蔵庫(本名:新妻冷子)に慣れつつある時に、今度はエアコンのリモコンがおかしくなった。ピッ……ピピッ……などと勝手に信号を送ったかと思うと、温度の上下ボタンが効かなくなったり、モードにないはずの送風になったりする。これも25年は使っているから結構な年代物で、当然代わりのリモコンは売っていない。汎用リモコンを買ってみたが風向が反応しない。リモコンがダメになったから本体を買うなんて本末転倒はいただけない。やむなく、今日アマゾンで中古を注文した。送料込みで¥1,500弱。仮に新品だと¥3,500以上するようだ。汎用リモコンは返品が利くらしいので試してみるつもり。
             
                                       
DSC00364bj.jpg DSC00360bj.jpg DSC00384bj.jpg

メルマガが続け様に入ってきて身動きが取れない。どれもそれなりに面倒なものばかりだ。この仕事はやらなければ金にならないが、やったからといってそのまま反映されるわけではなく、配信されて初めてお金が貰える仕組み。配信は基本的に平日のみだから上限は自ずと決まる。身動きが取れないとはいえギャラリー回りはルーティンであり、イベントも逃したくない。
この日曜日は池尻大橋のRAINで行われた久保卓治氏のエングレービング実演に参加した。銅板にビュランという彫刻刀みたいな道具で筋を彫り、そこにインクを入れてローラーで刷る。実演は製版過程だけだが、久保氏の手法は写真を鉛筆でなぞり、銅板に転写して下絵にするもので、リアルな絵柄が得られる。久保氏が気さくなので「1ミリ内によく4本や5本の筋が彫れますね」などと話しかけたら「作家に対する侮辱です! もっと評価すべきですよ」と怒られてしまった。イカンイカン。作家は誇り高い。評価しているからこそ参加したつもりだったのだが……。久保氏は団塊の世代、美大で教えていたそうだ。

                          
DSC00331bj.jpg DSC00385bj.jpg DSC00404bj.jpg

2日にわたる予算委員会の閉会中審査。真相はちっとも分からなかったから無駄だった……と捉えるかどうかは観た人次第であろうが、加計学園に対する政権を挙げてのバックアップの実態が明らかになったのは大きい。安倍はひたすら低姿勢で丁寧な物言いに終始したが、関係官僚が「記憶にない」を連発して逆に関係大ありであることを証明してしまったかたち。参考人には前川喜平氏と並んでまたしても元愛媛県知事の加戸守行氏が、今治タオルのマフラーを巻いて登場した。青山繁晴参院議員などは加戸氏に好き放題言わせる一方、前川氏の証言には加計という言葉が一度も出てこないから彼の思い込みだ、と決めつけたが、それだけ加計の存在が最深部に潜むテーマだったことの証左ではないだろうか。
菅官房長官をして「地位に恋々として」と言わしめた前川氏が、前回に続いていとも爽やかに全てを語り、現職官僚が「地位に恋々として」知らぬ存ぜぬと口をつぐむ姿は見苦しい限りである。国民は全てを見ている。

                         
DSC00359bj.jpg DSC00405bj.jpg DSC00415bj.jpg

            

スポンサーサイト