またサンクチュアリが消える? 

DSC00432bj.jpg DSC00422bj.jpg DSC00434bj.jpg

今日はダイエーで別の会社のクーポンを出し、大恥をかいてしまった。お嬢さん、人生色々あるもんだ。老人のミスを軽蔑しちゃいかんよ。今日は昼から下痢でいささか気力低下していた。下痢の原因は分からないが、このところ朝の寝覚めがよくなかったのは事実。こういう時は下痢になりやすい。

                      
DSC00479bj.jpg DSC00535bj.jpg DSC00484bj.jpg

さて、このところイベントが続いた。市民の声・江東の区政報告会、第2回「仙台堀川公園を考える」報告会、そしてプエンテ~暮らしとまつりごと~主催の「もう一つの世界は可能だ!脱・新自由主義を目指す勉強会」第五弾(ベーシックインカムを取り上げた)である。
市民の声・江東は現在中村まさ子区議1人の会派で、自公に追随する他の無所属議員とは一線を画している。築地移転、中央防波堤埋め立て地の帰属問題、学校選択制の見直しなどが報告されたが、深刻なのは香山リカさん講演会中止の問題である。私は知らなかったが、6月に区社会福祉協議会・香山リカ講演会実行委・豊洲こども食堂の3者主催で香山リカ講演会「地域福祉セミナー なぜ今こども食堂が必要なのか」を予定していた。区の教育委員会も後援している。それが約20件の抗議電話・メールが入ったことを理由に、警察に相談の上中止にしたというもの。例によって抗議の内容も事実関係も十分明らかにされない中での不明朗な中止で、テロリズムに屈したようなものだ。
ヘイトスピーチに反対する香山リカさんひとりへの抗議であり、自治体の関わる講演会としてターゲットにされた可能性が大きいと見られているようだ。在特会が発信源ではないかとか、百田尚樹の大学での講演会が中止になったことへの意趣返しではという声もあるとか。

                      
DSC00463bj.jpg DSC00462bj.jpg DSC00466bj.jpg

仙台堀川を考える……というのは、塩の道橋をはじめ当ブログでもそれとなく画像で紹介している仙台堀川公園だが、その内、清洲橋通りから小名木川までの約1.1キロを当初事業費40億円、工期5年で江東区が整備改修するという計画が発端である。平成29年着工のところ土壌汚染が見つかって30年着工予定となり、事業費も50億円を超える予定だ。
付近住民としては緑豊かで水鳥の遊ぶ水辺があり、ウォーキングにも散策にも最適な空間であるが、その豊かに育った樹木の58パーセントを伐採し、水路を暗渠化して上に生物の棲めない人工の水路を造設、両側の車道を広げさらに内側に自転車通行帯を新設するという無謀とも言える計画が、区報にも載らず住民にはほとんど非公開で進められたのである。また電線地下化とからみ、その地上施設が中に設置されるとも聞く。住民の意見で一部修正されたが十分ではない。この整備計画部分はまさに私のささやかな生活圏に重なる。
現在、有志の手でサイトができ、見直しを求める運動が始まりつつある。私も及ばずながら参加して力を貸したいと思っている。爾後のことは追々報告していきたい。集会は数十人が参加して熱気むんむん。市民の声・江東の中村区議のほか、共産党区議の姿もあった。ベーシックインカムのことは次回にしたい。

                         
DSC00416bj.jpg DSC00439bj.jpg DSC00504bj.jpg

スポンサーサイト