しおりが落ちましたけど 

DSC00854bj.jpg DSC00855bj.jpg

なんだか意気の上がらない日が続く。日曜日は関口へ写真を見にいったが、やっと探し当てたギャラリーは、明かりが点いているのに5時で終わりだという役所みたいな対応。しかし、壁を一瞥したところあまり観たい写真とは思えなかった。やむなく近くのヒロマートギャラリー(こちら)でバーバラ・ローシーン『New York Jazz Scenes』を観て帰った。ジャズボーカリストで絵は独学だというバーバラのアクリル画の日本初個展。たまには原色が映えるこういう大らかな作品もいい。このギャラリーは昔、10年前くらいにモノクロ写真を観にいった記憶がある。神田川沿いの小さな企画画廊だが健闘しているようだ。 

                          
DSC00874bj.jpg DSC00844bj.jpg DSC00810bj.jpg

土曜日は高円寺のバー鳥渡へちょっと顔を出す。この日は広瀬君ではなくミホさんという女性がカウンターに立っていた。隣になった桜井善茂さんと知り合い名刺交換したのだが、桜井さんは「モノクロ写真の世界へようこそ」(こちら)というサイトをつくっており、膨大な数のモノクロの写真展・モノクロ写真集、銀塩写真用語集のデータベースが必見。写真展は98年からで見逃したものもきちんとリストアップされている。モノクロに限られる上、文字などあまり見やすいとは言えないが、私がちまちまとハガキを取っておいたりする必要はもうなくなってしまう。参った。

                       
DSC00841bj.jpg DSC00800bj.jpg DSC00838bj.jpg

先日元同僚のY氏と会い、お金の話、昔の会社の話などで盛り上がったついでに、眞子様の婚約内定会見に話が及び、男のほうは仕事がどうこうでうまくなさそうだというので、そうかと相づちを打っていたが、リテラはこの婚約内定をネトウヨが無期延期せよなどとメチャクチャに叩いていると報じていた(こちら)。もっぱら男の氏素性がはっきりしない、(バイトみたいな仕事で)ちゃんと養えるのかなどと、これがY氏の話のネタ元らしいが、それだけではない。所功京都産業大学名誉教授やノンフィクション作家保阪正康氏まで二人の結婚に不安を吐露しているのだから驚く。そこには男の甲斐性といった古い価値観とともに、皇族の減少や皇統維持という問題があるという。そこを飛び越えた眞子様の自由な決断への非難が、小室氏の側に集中した格好だ。しかしあの中学生の芝居を観ているような内定会見のやり取りはなんだろう。これはこれで心配になってしまう。

                      
DSC00860bj.jpg

民進党幹事長の座を逃した上に離党する羽目になった山尾志桜里騒動。岸井成格氏も「脇が甘すぎる」と苦言を呈していたが、日頃うるさい議員を紐付けしておいて、いざという時に操る古典的な手法にはめられたようだ。保坂氏が書いている東條による中野正剛代議士の自刃は未だに解明されていない。それにしても解党が怖いから前原を選んだはずなのに、スキャンダルを煽りまくって対応が問題だといって離党するんじゃ前原君も立つ瀬があるまい。だが、味噌の付き始めは(サンデー毎日の鈴木哲夫氏によると)山尾幹事長という情報が前原近辺から漏れたことらしい。あまちゃんにも程がある。

猫屋敷ははや更地に……
DSC00804bj.jpg
             

スポンサーサイト