厄の1日 

団地

21日は私、山羊座の厄日だった。案の定、月1回の10時出社でキツかった上、仕事ではモレがあって恥をかいた。団地に帰ってエレベーターに乗ろうとしたら、同じフロアの人と一緒になった。私と同じくらいの歳だと思うが髪はフサフサで、けしからん男だ。風貌からして九州男児かもしれない。仮にSさんとでも言っておこう。Sさんが私の話を遮るようにして、こんなことを言い始めたのである。「この団地、築何年で建て替えだ?」虚を突かれた。「えっ!?……もう30年経ったっけ?」「30年なんかとっくに過ぎたよ」。そうか、いつまでも住んでいられると思っていたが、建て替えというものがあるとはね。知らないことはないが無視していたのだ。建て替えられれば当然家賃は上がるだろうし、今でさえ高い家賃が上がればどうなるかは明らかだ。住み続けるにしても煩雑な引っ越し作業が避けられまい。しかし、旧公団の中高層住宅が建て替えられたという話は聞かない(今まで建て替えで問題になったのは低層住宅のみ)ので、まだ多少の余裕はあるはずだ。「それとも250万もらって出るか」と、Sさんはそう付け加えた。250万という数字にどんな根拠があるというのだろう。相場なのか。どうも私はそういう方面に疎いし対応も遅い。それに今後は少子高齢化・人口減少で住宅事情の変化は予測がつかない。現在の大家、都市再生機構は建て替えなんて面倒なことをあきらめ、売り飛ばすかもしれない。当団地は77年に入居が始まっているからそろそろ35年。別に35年で建て替えというわけではなく、そんなに経ったかという思いだ。私は82年に入っているので来年30年目になる。

ところで、今月のチラシ配りは中旬が完全なブランクになった。先方がチラシを送ってこなかったためで、今後は旧来の受け持ち地区の3・5・6丁目が3・4・5丁目に変わってスタートする。多少風景も変わるだろう。
    

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

確かに厄日ですね

きつかった仕事の帰りに、思いがけないことを突きつけられるのは「勘弁してほしい」と悲鳴はあがりますね。
それにしても35年で建替えは早いのではないでしょうか。私の団地は44年。まだまだ大丈夫です。建替えの検討はしていますが遅々として進まず、長期修繕計画は、25年先まで作りました。

  • [2011/11/23 11:15]
  • URL |
  • メタボの白クマ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

Re: 厄日ありて吉日あり

いえ、35年で建て替えじゃなくて、何年で建て替えだろうという九州男児(?)の話があったというだけです。メタボの白クマさんのところは44年で25年先まで修繕ということは最低70年はいけるということですね。民間の戸建てでは200年住宅というのが話題になってますが、自転車操業の日本経済はこういう長いスパンの構想が苦手です。壊して造ってというめまぐるしいサイクルに経済の源泉を見出してきたわけですから。堅牢な旧公団の建物ですから最低100年は頑張ってもらいたいものです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/100-48bbe2df