年の終わりに 

北砂4丁目
砂4

昨日は私の68歳の誕生日。30日は山羊座にとって厄日とされる。ともあれ、また1つ歳をとってしまったわけだ。誰もおめでとうを言ってくれないので、自問自答するしかない。30日は学校も職場も休みなので、昔から誰とも会わない寂しい誕生日を過ごしてきた。夕方冬の街に出て未納の介護保険料を支払い、ダイエー東大島店で小銭入れ、新宿西口のユニクロでセーターを、ジュンク堂で岩波文庫の『遠野物語・山の人生』を買った。誕生日にかこつけて散財したのも厄日のせいだろうか。

さてこのブログだが、きっかけは共立女短の岡部氏がブログは文章の鍛錬になるみたいなことを書いていたのを読んだからである。ブログを纏めて本を出している人も多い。私はもともと投書マニアに近く、東京新聞に何度も投稿し掲載されている。つまり発信するのが好きなのである。しかし新聞の投書欄は基本的にブログのような意味でのコメントはない。書きっぱなしである。しかも担当者の添削がひどいうえ、タイトルも担当者が恣意的に付けてしまう。私のような一種マニアックな文章は、載ったとしてもすっかり角を丸められ、惣菜屋の煮付けみたいにありきたりな味にされてしまうのである。新聞投書のレゾンデートルは読者がウン十万人の大新聞というステータスであり、自由に書けるブログを選ぶかどうかはステータスをどう判断するかに掛かっている。ブログの自由なテーマ設定と適度な分量が私の意図にぴったりだった。ぼんやり考えていることでもいざ書くとなれば調べなければならないし、ある種の客観性が求められる。これが頭の体操にもなるし表現の鍛錬になることは事実。少ないが「固定読者」も付き、コメントもその都度もらってまずまずの出だしかと思う。これが今年の大きな収穫であった。
   

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

「一愛読者」より…

一日遅れですが…
お誕生日おめでとうございます!!
早くに存じておりましたら、当日にメッセージを差し上げらましたものを…。
年の瀬がおしせまっての誕生日も放置されがちでしょうが、夏休み真っ最中の誕生日も同様に誰にも顧みられない…笑。
まぁ、誰であれ生き死には選べませんから、致し方ありませんね。

Fs氏のブログから辿り着きましたが、写真も文章も共に興味深い内容ばかりで、ブログの更新が楽しみでした。
来年もまた、よろしくお願いいたします。

添削

小学生のころ作文などでよく添削された。先生の主観でされるので子供心の真意は理解されることはない。いくら投稿しても原文のまま載ることはない現代も、添削、改文するのがアタリマエと妄信しているマスコミのおごりが今も連綿と引きずっているのかも・・・。

誕生日おめでとうございます

遅ればせながらお祝いを申し上げます。私の誕生日も8月5日ですので、幼稚園・小学校の頃はクラスでは夏休み前に一把一からげに通り一遍のお祝いでした。家に友達を呼ぶこともありませんでした。
さすがに小学校高学年以降は誕生会はなくなりましたが‥。
固定読者の一人として応援しますので、是非続けてください。

  • [2012/01/01 20:10]
  • URL |
  • メタボの白クマ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

Re: 「一愛読者」より…

ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

Re: 添削

そのとおりで、読者の矩を越えちゃイカンというわけです。でも中には数字を駆使して記者顔負けの論を展開する人もいます。そういうのはいいということは、要は内容ですかね。

Re: 誕生日おめでとうございます

ありがとうございます。遊ぶのに忙しくて人の誕生日どころではないって頃ですかな。私の場合も小学の時は近所のT君に来てもらい、その日だけは赤玉ポートワインというアルコールが極微量ですが飲めたんです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/112-0a989b84