明日はカレーだ 

江古田
江古田

2月22日ねこの日、みなと*しごと55で「元気で働くために加齢を理解しよう」というセミナーを受講した。みなと*しごと55はアクティブシニア就業支援センターの1つだ。なぜ港区かというと、江東区などには同じ施設がないから。要するにハローワーク(どうも好きになれないネーミングだね)の高齢者版である。登録しておくと時々メールを送ってくれる。講師は堀内裕子氏で、日本応用老年学会主席研究員などの肩書きを持つ老年学の第一人者だ。

老年学とはGerontology(ジェロントロジー)の訳で老人学とも訳されてきたが、日本で専門の講座は桜美林大学にあるきりだとか。老年学は加齢変化の科学、中高年問題、人文学からの研究、高齢者に役立つ知識の応用、世代間問題などを全分野から横断的に扱う総合科学だという。日本で老年学の普及拡大が遅れているのは、なかなかビジネスにつながらないため。唯一成功した老人向けビジネスモデルは振り込め詐欺だそうだ。加齢と老化はどう違うのかというと、加齢は出生直後から始まっているが、老化は成人以降の変化。また加齢は歳をとる過程、老化は歳をとっての衰えを表す。子供は成長のステップがはっきりしているのに対し、高齢者はそれがバラバラで経済格差も大きく、ビジネスモデルが成り立たない。かつての老化モデルはだんだんに老いて死に向う直線的なものだったが、今は「ぴんぴんころり」が理想とされる。元気で暮らしてころりと逝くのがいいといわれるが、これは周りが大変で、むしろ「ねんねんころり」(ある程度床についての死)がいいのではないか。老年の生活は有償・無償の労働、ボランティア活動などのほかセルフケアが重要で、自分の意義を見出し社会的役割意識と達成感を得ることがいわゆる生き甲斐につながる。しかし、この生き甲斐という言葉はほとんど日本語にしかなく、英語には存在しないそうだ。会場は40前後の席が満員で断られた人もいたらしい。

今週は古紙回収もあり仕事も追加があって多忙だった。そんなわけでブログの更新もままならなかった。今日は江古田のギャラリー水・土・木の「三島のミ、遠野のトー」(写真:篠原誠司・テキスト:川島健二)に最終日ギリギリで駆けつけた。篠原誠司は足利美術館学芸員、川島健二は谷川健一の日本地名研究所職員とのこと。
    

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

面白そうですね

昔読んだ、エリクソンの『老年期』を思い出しました。
ところで、明日のカレーはシーフードですか(笑)?

Re: 面白そうですね

エリクソンの『老年期』は寡聞にして知りませんでしたが、ネットで見ると今回のセミナーも同書に負うところ多い印象ですね。私のカレーは人生のスパイスを全部ぶち込みます。でもいつも色がイマイチ。

香りと臭い

カレーはその芳醇な香りが食をそそる。「三丁目の夕日」の小生の時代ではほとんど肉の入らないカレーライスではあったがごちそうだった。もう一つのカレー(カレイ!)は老年特有の悪臭とされている。女性や若者たちはオヤジだけのものだと誤解しているが女性の高齢者にもあるのだ。だから何だと言われても答えようがない。「私のカレーは人生のスパイスを全部ぶちこむが見た目がイアマイチ」との大納言氏の弁を読んでふと思っただけです・・・。

Re: 香りと臭い

「見た目がイマイチ」ではなく「色がイマイチ」、つまり私の人生には色恋が足りないという意味でした。足りないというのか何というのか……ムニャムニャ。子供の頃、月1回だか肉屋で豚の挽肉を買い、カレーに入れてました。それが我が家の唯一の肉食だったような。ところで、生まれたときから加齢が始まるなら子供にも加齢臭がありそうですが、加齢が進むと出てくる臭いということでしょうね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/128-2cb85337