荒畑寒村の恋 

亀戸・浄心寺
亀戸事件

5月は麻布十番の仕事がないそうだ。それはヘタをすれば仕事が全然ないということを意味する。大変困った。どうやって食べていけばいいのだろう。ギャラリー廻りをしてもそれは食い扶持にはならない。

東京新聞夕刊に連載されていた瀬戸内寂聴の「この道」が終わった。「この道」は有名人が自分の半生を自慢気に語るコラムだが、寂聴は自分のことはそっちのけだ。与謝野晶子に始まり、自著『美は乱調にあり』『諧調は偽りなり』『遠い声-管井須賀子抄』で描いた大杉栄と辻潤という天才と伊藤野枝を中心に、神近市子、堀保子、荒畑寒村、幸徳秋水、管井須賀子の愛と死に移っていく。「烈しい生と美しい死」を貫いた女=野枝と須賀子が寂聴のライフワークになったが、彼女たちの生涯に寂聴は自分の「この道」を仮託したつもりであろうか。連載の終わり頃、野枝の遺児、魔子やルイズ、野枝の妹、魔子の娘、戦後を生き延びた寒村、辻潤のかつての恋人たちが登場して、「伝説」がにわかに生々しいリアリティを帯びる。なかでも寒村の話が抜群に面白い。寂聴の「今、いちばんしたいことは」との問いに「死にたいですね。ソビエトはチェコに侵攻するし、中国はあんなふうだし、日本の社会党ときたらあのざまだし……人間というやつはどうも、しょうがないもんですね。この世はもうたくさんだ。早く死なせてもらいたい」。3人目の妻亡き後、90歳のとき40歳の女性に恋をするが片恋で終わったという。寒村は93歳で天寿を全うした。

大杉栄と野枝が大杉の甥とともに虐殺されたのは1923年9月、関東大震災の直後である。同時期、亀戸では労働運動の活動家10人が軍により殺害された(亀戸事件)。その慰霊碑が蔵前橋通り沿いのお寺にひっそりと建っている。
    

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

占星術的に見ると……

山羊座の大杉を中心にして、平塚らいてう(水瓶)、野枝(水瓶)、辻潤(天秤)、神近(双子)、須賀子(双子)と、まわりはすべて気のエレメントであることに注目。ちなみに寒村は獅子座、秋水は蠍座です。

荒畑寒村

どんな人だったか今では全く思い出せないけど名前だけはまだ記憶の中にある。小生の若いころに何かしらの影響を与えてくれたのかもしれない。それが良かったのか悪かったのか・・・。

Re: 荒畑寒村

私も寒村のことは名前しか知りませんでした。須賀子の元夫ということになるんでしょうが、Wikiで読むと第1次共産党の結成に参加して以来、死ぬまで志を貫き通した人という印象ですね。彼の棺は深紅の布に包まれていたそうです。『寒村自伝』が岩波文庫に入っているので、読んでみようかと思っています。

荒畑寒村

数年前に瀬戸内寂聴『奇縁まんだら』を読んだ時、良い意味で色気がある方だったのだなぁと思いました。
あくまでも寂聴さんのフィルターを通しての印象ですから、実物は違っていたのかもしれませんが。
岩波文庫の『寒村自伝』、絶版重版未定らしいですね。

Re: 荒畑寒村

絶版ですか~。せっかく図書カードがあったのに残念。図書館ですね。堀保子の誕生日も調べたいので……。わかるかな。

追記

Amazonのマーケットプレイスで入手できそうです。

Re: 追記

「日本の古本屋」サイトに多数あります。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/139-85f4619b