わたしの街はいつも夕ぐれ 

新板橋
新板橋

月曜日は新板橋まで「短歌と写真のコラボ」と称する「薄い街」展を観に行ってきた。会場はカフェ百日紅という喫茶店。短歌・佐藤弓生、写真・田中流。佐藤は女性歌人で歌誌「かばん」所属。2001年、『眼鏡屋は夕ぐれのため』で第47回角川短歌賞受賞。『薄い街』(沖積舎)は第3歌集に当たる。どうやら店の人がこの歌人と縁があるらしい。
カフェ百日紅は新板橋駅から数分、下板橋、板橋の各駅からはもっと近い。板橋から西へ延びる緑道は谷端川の跡で橋はそのまま残されている。この辺りは緩やかな起伏と曲がりくねった道が、我が町には見られない魅力的な景観をつくっている。いくら歩いても飽きない街だ。夕方行ったが小さな店内に客は他におらず、歌集も読み放題。しかし、老人には照明が暗すぎて眼鏡がないと読みづらい。展示作品はポスター大の写真に直接短歌を打ち込んである。タイトルそのものが稲垣足穂からとられていることからわかるように、幻想的なイメージが立ち上がる歌風だ。といっても前衛短歌の難渋さとは違い至って読みやすい。小冊子ふうの歌集『真珠区異聞』(無料でもらえた。ラッキー!)から何首か掲げておこう。


  みずうみの舟とその影ひらかれた莢のかたちに晩夏をはこぶ

  泉とはいかなるところ鹿の目をしているきっといまのわたしは

  草原が薄目をあけるおりおりの水おと ここも銀河のほとり

  三日月のうごめきかすかいつか地にめれんげいろの蛾の群れるまで

    

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

板橋区…

赤塚大仏と縁切り榎、高島平団地…その程度しか思いつきません( ̄▽ ̄;)
そうそう、四半世期前に行った板橋区立美術館は個性的な企画(今も、ですが)で面白かったですよ(笑)。
ついでに申すと、櫻井先生は板橋区民でしたね。
いつも本筋から外れたコメントで申し訳ありません<(_ _)>

Re: 板橋区…

旧谷端川の跡をたどるのも面白いかもしれません。

北方への眼

東京在住も長く、東、南、西方面にはなじみも深いが北部方面に目が行くことは少なかったようだ。しかし、中仙道の板橋宿、近藤勇刑死の板橋刑場、芭蕉の北千住などを思えば文学散歩は無理でも歴史散歩ぐらいは期待できるのだろう。その上街並みが魅力的となれば食指をそそられる。見所の紹介をぜひ。
追記・なじみ薄い北方で唯一の例外が赤羽駅周辺。60年代そのままの、本棚の陰から岸上大作がひょっこり現れそうな古本屋があったが今でも健在だろうか。古本屋の生き残りにくい受難の時代だ。

Re: 北方への眼

赤羽もすっかり再開発されたでしょうね。東京へ出てきた直後に仕事探しに行き、あまりの場末ぶりにUターンした思い出が。岸上は赤羽より久我山でしょう。2年前に没後50年を迎えたとか。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/144-439b6495