眠っている本はブックリボンへ 

待ち合わせはラドリオで
ラドリオ

読み終えた本をブックリボンという運動体へ送った。都営地下鉄駅など都の施設に持ち込んでもいいが、段ボール2つ分の本はいささか重い。したがって今回は宅急便を使った。去年送りそこねたものを見直し、整理追加して2箱分にまとめたのだ。この本は出版文化産業振興財団を通じて児童福祉施設・矯正施設などに届けられるという。毎年2回、6月と11月に回収が行われているようだ。ブックオフに送っても二束三文にしかならないらしいし、古書店に宅急便で受け付けるところはない。福祉へのカンパと思えばこれがベターの策であろう。

ミロンガ
ミロンガ

先月開かれた橋口伸一展の写真撮影を仰せつかったことは以前書いたが、それを1か月かけてA4判とL判にまとめ渡した。橋口氏にもどういうふうにまとめていいかわからなかったようで、これは試行的な妥協点だ。むろん「関係の写真家」を自認する私にこのような撮影は初めてだし、苦労したというのは嘘ではない。とくに造形作品の写真は建物と同じで垂直線をきちんと出すことが求められる。彼の作品は細い角材を組んだ台に載っているのでなおさら目立つ。これは日頃あまり使っていないSILKYPIXのデジタルシフトを駆使し何とか処理した。また会場のギャラリーf分の1が外光をふんだんに採り入れる構造になっており、白熱灯と昼光が混じるだけでなく、日没以後は薄暮の青い光が写り込むのには大変困った。さらにいえばL判というのもこの手の写真ではあまり使わないし、縦横比が違うので大事な画像をカットせざるを得ない。これだけはプリントに島田写真を使った。ともあれ肩の荷を降ろしほっとした。写真を渡した後、橋口夫妻に神保町のさくら水産でおごってもらう。
   

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

口惜しや…

ブックリボン、ですか。
もっと早く、せめて昨年はじめに知っていれば、ささやかな貢献ができたでしょうに。
この先の為に、心覚えしておきます。

ラドリオとは、懐かしい…。
珈琲と一緒にピーナッツが供されたのは、さぼうるだったかしら(笑)。

Re: 口惜しや…

> ブックリボン、ですか。
> もっと早く、せめて昨年はじめに知っていれば、ささやかな貢献ができたでしょうに。
> この先の為に、心覚えしておきます。

私もまだまだ出せますよ。しかし、本の価値は下がる一方みたいです。
        

鋭い縦線

橋口伸一氏の作品はその作品台、作品ケースまで含めての表現になっていると思われる。それは全体としては鋭い縦線の中にエポックのような、もしくは溶け込むような直線体。大納言殿の写真からの印象だけですが。
大納言殿の映像はそのすっきりした縦の直線をよくとらえていると思いましたよ。建築でもやはり重視されているのは鋭い縦線。これを鋭く捉えられるなら建築写真も撮れるということだ。しかし、金かかってもいいからいい写真を撮ってくれなどと言われたバブル時代は遠く、安くすませることばかりを求められる今の建築写真は魅力薄かろう。
やはり、街の風景の中に溶け込むようなもしくはエポックとなるような一場を切り取る関係の写真家に意義が大きいのだろう。

Re: 鋭い縦線

シフトというのは建築写真に必須の技法の1つですが、最近、もう1つの技法であるチルト(ティルト)を逆に使ってすごい世界をつくりだしている写真を観ました。写大ギャラリーの本城直季「diorama」。上から見下ろすたとえば渋谷駅前の交差点が横一直線にしかピントが合わないので、ミニチュアのように見えるのです。その効果たるや驚くばかりです。http://www.t-kougei.ac.jp/arts/syadai/information/detail.html?n=178

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/150-ad157cdb