お墓の修理代を稼ぐ 

成増
成増

また風邪を引いてしまった。9月30日台風の日は山羊座の大厄日だったが、うっかり薄着でガラス戸を開けておいたら、てきめん鼻と喉に来た。すぐ銀のベンザブロックってとこだが、そんな高いものは買えない。前ほどではないので、医者からもらったアズノールの残りでうがいをする。ポスティングを1日休んだだけで治り始めている。いずれにせよ油断は大敵だ。

この間ブログを更新できなかったのは、2週間以上単発の持ち帰り仕事に追われていたからだ。お墓の修理代には遠く及ばないが、少しでも挽回しないとデッドラインを下回りそうだ。仕事は医学看護用語集みたいなもの。ページ数が多いのにはうんざりする。3回にわけて入り今は最終局面だが、まずExcel原稿が2冊、表原稿、図の原稿がありパソコンには1部・2部・3部の原稿を常時開いておく。これは参照が多いのと、紙の原稿では見えないところがあるから。怪しい個所はその都度Wikipediaなどにアクセスして調べる。毎日数時間、この態勢でやらないと期限に間に合わないのだ。日夜エリスロライテスとかなんとか英語の読みを独り言を言いながらチェックしている。パソコンを見る必要もあり、公務員試験テキストの経験から座卓はやめて普段の机でやっている。なお、現代の医学用語にドイツ語はほとんどない。ヴィーナスは美の女神ではなく「静脈の」という英語だって。
      

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

体力と仕事

古稀を迎えている我々だけではないが、今後ますます体調厳重管理が必要だ。仕事もほどほどにしないとネ!医学関係の仕事のようだけど読んだだけで病も治ればいいのに(笑)

Re: 体力と仕事

何ごともほどほどにいきたいものです。読んだだけで病が治る……宗教じゃありませんので。原稿の精緻なイラストをみていると逆に病気になりそうです。経済ジャーナリストの金子哲雄さんが亡くなりましたが、まさに厄年ですね。これからという時にむごいことです。

なかなか更新がないので心配してました

なるほど仕事に追われていたのですね。しかも風邪にまで好かれて‥。
しかし知的には刺激のあるお仕事のような気もしますが、期限に追われるというのでは身につきませんね。「解体新書」を一世一代の仕事として骨身を削って仕上げた世界とはまるで違う世界ですね。
何はともあれご自愛ください。

  • [2012/10/04 22:49]
  • URL |
  • メタボの白クマ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

Re: なかなか更新がないので心配してました

ありがとうございます。心配お掛けしました。
仕事は解体新書に比すべくもない単なる用語集です。それも後2、3日で終らせなければ。風邪も大体は良くなりましたが、どうも夏バテ気味でまだ体の芯が疲れているような気がします。少しゆっくりしたいものですねぇ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/163-662f1b47