私が食器を洗うとき 

四谷4丁目
四谷4

Fs氏の料理には感服するが、こういうことを書けるのは非日常のイベントだからだろう。私にとって料理は日常のルーティンで他人に見せるものではない。もちろん部分的に、たとえばドレッシングのことなどは情報として書いておいた。さて、調理の中身ではないが、どうもあの合成洗剤が苦手である。新製品が出る度にいろんな薬品が追加されていくようだ。スポンジの除菌にポンプを8回押して洗剤を掛けグチョグチョせよという。それくらいならお湯でよく洗って乾燥させた方がいいんではないか。手にも良くない。
合成洗剤の代わりに私は固形の台所用石鹸をスポンジに擦りつけて使っている。合成洗剤と洗浄力に大差ないことは実証済みだ。ゲバラもゲリラ生活の手引きとして、石鹸があると様々に使えると書いている。しかし、石鹸はアルカリ性が強いのでアルマイト製品や塗り物、テフロン加工したものには不向きとされる。アルマイトなどにはかまわず使っている。アルマイトはアルミの酸化被膜だから、石鹸のアルカリで還元されて被膜が取れてしまうらしい。テフロンのフライパンや炊飯器の釜にはさすがに使わない。
小麦粉で食器が洗えることをご存じだろうか。小麦粉大さじ2、3杯をボールの水に溶かしそれで食器を洗うとよく落ちる。生態系への影響はかなり少ないと思う。
   

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

私が登場しましたね

光栄です。確かに私の料理は非日常のイベントになりますね。それがある意味料理を作るバネになっています。
さて合成洗剤、おっしゃるとおりです。我が家でも台所用固形石鹸を昔から使っています。一部頑固な鍋等の汚れに合成製洗剤を使う時がありますが、ごく限られた使用です。この固形石鹸、慣れればとても使いやすいですね。手の荒れもないし、よく汚れが落ちます。
小麦粉については知りませんでした。やってみます。ご教示感謝します。

宿敵はカラス

私は固形石鹸派である。手を洗っても風呂上りでも、いかにも石鹸らしいにおいは、何を洗っても一定効果のある万能性とともにうれしいものである。今、会社の若いやつに「石鹸を買っておけ」と言うと必ず液体せっけんが手洗い場に置かれる。世代ギャップとあきらめるしかないのだろう。
しかし、この液体せっけん、盗まれないという長所もある。屋外手洗い場に固形石鹸を放置すると三日と持たずになくなる。犯人はカラスである。あんなものが旨いかといぶかるが、我々が子供のころのチーズは石鹸を食ってるみたいだ、と言われた。カラスとしてはチーズが好きで石鹸はその代用品と言うことかもしれぬ。石鹸の代わりにチーズを置いて試してみるか、とも思うが持ち去られるだけつまらん。今のチーズは人間にとっても十分旨い。いわんやカラスにとってをや。
みかんの網袋などに入れて自衛するのだが、利口なカラスのことだ。そのうち網袋を破いてチーズ代わりの石鹸を持ち去るだろう。

Re: 私が登場しましたね

石鹸党の同志がいたんですね。私はミヨシの「白いふきん洗い」という石鹸を使っています。石鹸によっては意外と臭いがきついものもあります。

後藤さんに触発されて

一昔前30代の職員と話したとき、固形の石鹸を台所、手洗い、風呂・・いづれの場面でも小さい時から使った経験がないとのこと。当然家庭でも、夫にも子供にも使わせたことがないといってました。他人が使ったものは、汚れていて使うのをためらうそうです。
私は逆で浴場の備え付けの中性の液体洗剤は使いにくいし、かぶれ・荒れを避けるため固形石鹸を持参します。
若い人とのギャップは大きいですね。
また虫さされも石鹸のアルカリ性を利用してかゆみ止めとして使ってます。水に溶きながら強く皮膚に擦り込むと効果抜群です。ムヒのアンモニアより有効です。山での経験からの知恵です。

Re: 宿敵はカラス

カラスも七つの子のために石鹸を使っているんでしょう。会社の経費で落としてやって下さい。ところで、液体石鹸と液体合成洗剤は区別してますか。液体石鹸はコンビニなどではあまり売られてませんよ。

Re: 後藤さんに触発されて

しかし、髪を洗うにはシャンプーの方がいいとか。やはり強アルカリのせいでしょう。私は髪を最初石鹸で洗い、二度目にリンスの要らないシャンプーで洗います。大昔はシャンプーも粉石鹸でしたが、合成製品になって久しい。残り少ない髪をあまりアルカリに晒すのは遠慮してます。

シャンプー

台所用石鹸は香料は入っていませんが、手洗い用・洗顔用は香料のきついものが多いですね。私は液体石鹸もごく小さい容器に入れて持ち歩いています。
髪は基本はシャンプーですが、最近髪をごく短くしたらつい石鹸で洗ってしまいます。良くないですかね。

Re: シャンプー

どうなんでしょう。ネットでは多数の情報が検索できますが、石鹸の場合、カスが残りやすいのですすぎを丁寧にすることと、アルカリを中和するのに石鹸シャンプー用リンスを使うことが大事みたいです。リンスには食酢や市販のクエン酸の水溶液でもいいとか。髪が短い人ならどちらもあまり心配はないかな。

タイトルは……

吉本先生の「私が料理を作るとき」のもじりです。それにしても、相変わらず拍手が少ないなあ。

ご無沙汰してます

食器洗いからシャンプーやボディソープへと、話が広がっていますね(笑)。

本文の趣旨から外れるかもしれませんが、このような記事を見つけましたので…
http://www.google.co.jp/gwt/x?client=twitter&u=http://t.co/Cgfs9Nb6&ei=7dGAUNnICMfekgWb6YEg&wsc=tb&ct=pg1&whp=30

Re: ご無沙汰してます

> 本文の趣旨から外れるかもしれませんが、このような記事を見つけましたので…

うーん、何を言いたいのか。合成洗剤は無理矢理中性にしているということ?
    

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/166-c2447278