医者巡り 

北砂4丁目
北砂4丁目

年末に来ていくつか身体の不調が出て医者巡りをしている。まずブログでは書きにくい泌尿器の異常が出て受診し検査を受けた。前立腺肥大によるものであろうということで、薬をもらっている。同じ症状は25年位前にも出たことがあり、そのときは鬱血が原因と言われた。見た目ビックリするような症状だが、多くの場合心配はないとWikiにあった。もう1つは膝の異常である。仲間の忘年会のとき誰かに靴を履いていかれ店のサンダルを借りてやっと帰った。すると次の日から右膝が痛くて歩きづらくなった。3週間ほど経ってもよくならないので整形外科を受診したのである。X線では顕著な故障は見られないようだったが、摩擦が悪くなっているのだろうとヒアルロン酸の注射をしてくれた。しかし、次の日も高い階段などで力が加わると痛みがあり、膝を曲げるときよりも伸ばし切ったときに痛いことがわかった。もう一度診察してもらうと、変形性膝関節症の始まりであろうと言われ、湿布薬を3種類もらった。この内、温感タイプを4時間貼ってみたら格段によくなった。4時間以上続けて貼ってはいけないので、寝る前に貼るのはうまくないようだ。

川向こうの整形外科は中がちとボロいが、K先生は気さくだ。クランケの顔を見てきちんと話してくれるので安心できる。カルテしか見ていないような医者は困る。待合室で新聞を読んでいると、前のお婆さんがメガネを掛けなくて読めるのと聞くので、何とか大丈夫ですと答えると、こんどは70になってるのと聞く。まだです、来年ですというと「何だ、それじゃあ話が違う」と妙に納得している。戦争の記憶はないでしょ、私なんか空襲に遭ってうんぬんかんぬん。生まれは板橋で近くに軍の施設(造兵廠のことか)がありちゃんと照空灯が備えられていた……(そこで受付から名前を呼ばれる)。受付でもお婆さんの話が続く。帰り際に独り言で「リュウマチになると黙っていられないらしいよ。うるさくてしょうがない」自分のことを言っているのか。
     

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

泌尿器科の検査は

異常がなかったものの、初日で8,000円あまり取られました。こりゃ一番痛い。

前立腺

この検査は触診でしたか?これだとつらいですね。たまりません。

だいぶ年上に見られましたね・・フフフ。でもまだまだ私の比ではないです。羨ましい部類です。ごく最近私は明らかに70才近い方から電車で席を譲られました。むろんお断りしましたが。60代の方に席を譲られるのはいつものこと。

山でも「70代は無理をしてはいけない」と注意を受けました。

  • [2012/12/29 17:13]
  • URL |
  • メタボの白クマ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

大納言さん、白クマさん、お大事に

いつかも話したかもしれませんが、冷えがいけない。確信しております。大納言さんの温シップは絶対良いです。私もお世話になりました。私はお風呂でおよそ1分42度シャワーで、首のうしろを温めます。これは良いですよ。サウナのプロの人はご存知でしょうが。いつかも話しましたが、股引です。アンダーシャツ二枚です。私は20代の頃腹に電気アンかを当てて寝てました。これもいいです。お試しあれ。

Re: 前立腺

触診ですが、大したことはありません。瞬間的に終わります。超音波でも検査しました。5年ほど前に肥大はないと同じ先生に健診で言われ安心してました。そのときも触診でしたが、その検査はなくなってしまいました。

お婆さんは1~2歳の誤差ですからいい線と言えるでしょう。メタボの白クマさんは歳が分かりにくいかもしれませんね。

Re: 大納言さん、白クマさん、お大事に

温湿布ではなく温感タイプの湿布で、暖かくはなりません。

股引・長袖シャツ(1枚です)は遅ればせながら導入しました。首の後ろにシャワーというのも、確かにいろんなツボが集中しているところですから、効くでしょうね。腹にあんかは何に効くんですか? 今はおやりになっていない?

お誕生日、おめでとうございます<(_ _)>

正確さを欠いておりました。

ううむ、3種類ですか…。そうのうちの一つ…私が効いたと、信じているのは、その中に入っているのかな。正確でなくてすいません。
 私は高血圧ですが、お金がかかるので、医者には行ってません。冷えは良くないと気づいたのは20代から。腹や腸のあたりを温めると、ゆるむのですな。気持ちが。今は電気毛布です。恥ずかしいですが。知らぬうちに、肩や首などに力が入っていることってありますでしょう? ですからリラックスしないと、最終的に寿命にかかわると、信じているのですな。体かたいのですが、ストーブをつけ、1畳の電気じゅうたんの上で、一時間くらいストレッチします。自己流ですが。老人体操に近いかも。汗かいて、温まるし、ああ生きてるという感じになります。健康方法は人それぞれ。体質も違うし。サウナにこってる人もいますしね。お大事に願います。

Re: 誕生日

ありがとうございます。生誕69年を祝してコンパクトデジカメを買いました。ペンタックスOptioは3年使って使いつぶしたという感じです。今度はソニーのCybershot。カールツァイスレンズの優れものです。これが1万円弱(+5年保証)で買えるんですから、日本の産業が衰退するはずです。

Re: 正確さを欠いておりました。

いえいえ。今は温感タイプは止めてフェルビナクという薄いタイプを貼っています。しかし、なかなか最終的な完治には至りませんな。時間がかかりそうです。

通りがかり人様の健康法に水を差すわけではありませんが、電気毛布は電磁波が家電の中でも格段に強いそうで、内臓への影響が心配です。身体に当たる内側に薄い布団でも噛ませて、なるべく身体に密着しないようにした方が。電磁波は距離の二乗に反比例しますから、これでも効果が出るでしょう。低電磁波の電気毛布というのも売ってますが、高価です。昔ながらの湯たんぽが一番かもしれませんよ。

高血圧は耳の後ろ側を親指と人差し指で挟んで上下に揉むとよいそうです。?の字の右側のところです。

ううむむ、電磁波ですとな…

湯たんぽと、猫は子供の頃の眠りにつくときの常備品。あの頃はよかった。苦労も無くて。電気毛布については、友人も同じような事言ってました。あの時も健康の話でした。まいったなあ。

湯たんぽでピンときました

280ccのペットボトルにお湯を入れてまずしばらく首の後ろに当て、それから頬や鼻の付け根に当て、次に蓋を取って鼻孔に当てて湯気を吸い込みます。これで風邪の初期症状から鼻炎・後鼻漏の改善が期待できます。いい正月が迎えられそうだぞ。熱いときは布でくるんで当てた方がいいでしょう。

薬社会の未来

大納言殿の症状は高齢域に達した男子の間でよく話に出るものです。「原因は?」と質問すれば「加齢です」と応答されるような。
高齢域に共通の症状であるなら少なくとも対象療法程度の薬はあって然るべきだろう。高齢化が進む社会で高齢者が求めるものであれば需要が大きいとみるべきだから薬品開発も進むのだろう。「神の見えざる手」はこの分野にも働くと考えるべきでしょう。CM影響で恐縮ですが、ひざに対する痛散湯なども試してはいませんがそれなりに効くのでしょう。とにかく最近の薬はよく効く。我々が子供のころの風邪薬などほとんど気休めで、梅干しの黒焼きにお茶のほうがよっぽど効果が期待できたくらいだ。それが今の薬は治しはしないが症状を抑える程度にはよく効く。根本治療にならなくても症状を抑えて熟睡させてくれるなら根治に繋がるわけだから役目OKということだろう。
これだけ薬が進歩すると、医者の診療が、症状を聞いて薬を処方するだけ、になっても必ずしもダメとは言えないだろう。「薬で生きていくんだ」という覚悟が必要な時代と言えるのかもしれない。
かつて薬禍・薬害があった。「薬漬け」という非難言葉もあった。反動としての漢方薬ブームもあった。アントニオ古賀の「薬ルンバ」は多分に薬過信社会を揶揄したものだったか。薬を必需とする世代に入った我々の判断はいかにあるべきだろう。

Re: 薬社会の未来

さあ、如何にあるべきでしょうね。

薬はあるし貰って飲んでます。効きました。
膝も湿布でよくなりました。

アントニオ古賀、最近聞きませんね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/179-6745d22e