「天罰」 

本郷

石原慎太郎は地震は天罰だと発言し慌てて撤回した。一旦吐いたが最後、言葉を取り消すことが出来ないことぐらい承知のはずではなかったのか。12chでメルトダウンをメトロダウンと言い間違えている「専門家」がいた。菅総理の「国難」云々という演説も意味のない身振りとともに陳腐であり不快であった。絶望の中に希望を喚起させる言葉は望べくもない。政治家が国難を持ち出すときは眉につばを付けるべきときだ。枝野官房長官の何にでも「を」を付けて言う会見にもいらだつばかりだ。この冗漫さは今の危機にまるでふさわしくない。東京電力副社長の会見。口の中でゴニョゴニョとこね回すような不明瞭な言い方は、言葉としても聞き取れないばかりか語る姿勢として隠蔽体質の延長にあるように思われた。事態は不透明でも明解な言葉が必要な局面だが、完全に逆効果だった。反対に死の爪を辛くも逃れた人々の体験談は、どれも短いコメントでありながら生々しく聞く者に直接届く力を持っていた。
  

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

政治家の言葉ではない

天罰発言について前回もコメントしたが
本日(3月17日)の「岩手日報」の社説に怒りをこめて石原慎太郎都知事への抗議が載った。被災地の東北にとってこれほどの侮辱は絶対に許せない!東京都民はぜひ抗議に立ち上がってほしい。

Re: 政治家の言葉ではない

「作家一流の文明論かもしれないが、被災地への配慮のなさと想像力の欠如にはあきれるほかはない。……東京には被災地出身の都民もたくさんいる。未曽有の災害に立ちすくむ人々に対して天罰と言い放ったことに驚くばかりだ。」と激しく批判しています。

また出た暴言

大阪府議会議長の長田義明の嬉々とした発言「震災はてんの恵み、本当に地震が起きてよかった」とのたまわった。阪神淡路大震災のときにも手をたたいて喜んだことだろう・・・。石原慎太郎同様いつか天罰が下ると思う。抗議の輪を広げてほしい。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/19-a2c3e5cb