がんばれ!「東京」 

砂町銀座


「東京新聞」を読み始めたのは蛇崩にいる時だから、もう40年になろうとしている。江東区に来てからは販売店(毎日の専売所)がだんだんおかしくなり何度も喧嘩をしたが、ついに社長がトンズラ、社員も総入れ替えしてなんとかまともになった。その話はまた後で書くこともあろう。
さて、「東京新聞」は3大紙の威光が剥落する中、メリハリのあるレイアウトと活気に満ちた紙面で読者を放さない。「東京はここまで面白い」という惹句は新聞と都市の両方に掛かっているが、それは作り手のマニフェストでもあろう。私は朝刊1面コラム「筆洗」、硬派の「こちら特報部」、匿名批評「大波小波」のほか、「本音のコラム」の竹田茂夫や斎藤美奈子を楽しみにしている。
「東京新聞」の弱点は販売網のほかに誤植が多いことで、よくすごい訂正記事を見かける。ところが、こういう指摘や問い合わせを受け付ける読者応答室というのがいささか問題である。かつて応答室には年季の入ったベテラン社員クラスが配属され、ヘンなことを電話してこちらが呆れられたり笑われたりもしたが、現在は(おそらく経費節減により)学校出たてみたいな若い女性たちが対応しており、人によってはかなりな場面もある。こういう窓口を設けていない新聞もある中では頑張っている方だろうが、それだけにスタッフにはもっと危機意識が欲しい。応答室が新聞の足を引っ張ってはつまらない。
今年の初め頃だったか、朝刊の最終面に載る「東京どんぶらこ」というイラスト入り街ルポ記事のイラストが潰れ気味で、手書きの文字がひどく読みにくい日があったので新聞を送って調べてもらった。すると担当責任者から電話があり、「多少インクが濃いけど版ズレでも潰れでもない。原画通り印刷されています」という返事であった。決して納得できる回答ではないが、こういうふうにきちんと返事をくれるところがいいではないか。
     

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

がんばれ!「東京」

ではなくて、“がんばれ!「東京新聞」”ですね(笑)。
“がんばれ!「東京」”では「オリンピックを東京に」キャンペーンが連想され、薄ら寒い気分にさせられます(苦笑)。

何事もそうですが、クレーム処理にも相応の訓練と経験が必要なはず。
一方的な思い込みや確信犯的なものなど、理不尽なクレームをいかに早い段階で処理するかが大事になってくるでしょう。
何も知らなさそうな若い女性が相手ならクレーマーも逆に諦めるかもしれない…と思うほど長閑な時代ではないと思いますが。


ところで、砂銀では鳥光の焼き鳥が美味しいとか…笑?

Re: がんばれ!「東京」

東京にカギ括弧を付けてあるのが新聞のしるしです。

読者応答室が扱うのは必ずしもクレームとは限りませんが、かなり高度なスキルが要求されることは言うまでもない。確かに彼女たちの顔(見たことないけど)を思い浮かべ、電話を断念することも最近は多くなりましたね(無念!)。

焼き鳥屋の前は目をつむり鼻をつまんで駆け足でスルーしますので……。

焼き鳥の煙に包まれて、したたるたれで、汚れた

唇をぬぐいたい。皮がいいですな。このごろでは、たれのほうが塩よりいいですな。

むかし、大手の新聞社2社受けて、落ちました。1社にはコネもあったのですが、ダメでした。新聞ダイジェストという本が、当時ありまして。それはずいぶん読んだつもりですが、そんなものでは…あまりに甘い、世を知らないおこないでした。当時B4五枚くらいの英文読解が出ましてな、当時の経済の機構についてのありかたについての文章らしかったが、手に負えなかったです。コネを請け負ってくれた人は私が家庭教師していた子の父親でしたが、ぬぬ、むんぬと、ウイスキーを勧めてくれました。複雑な顔してました。まもなく家庭教師の職は解かれましたが、ワイシャツの仕立券を送ってくれました。
 東京新聞はとったことはないですが、売店では一時何度か、買いました。東京スポーツや、内外タイムス、東京中日、報知など、競馬充実新聞に目先が流されてしまった、昨今ですが、東京新聞の大手にはない何かに、ううぬぬぬ、これはなかなかと、気づきかけた記憶はあります。値段も安かったから。

Re: 焼き鳥の煙に包まれて、したたるたれで、汚れた

そうですか、新聞社を受けた……。B4で5枚と言えばかなりの量の英文ですが、さすがに難関ですね。当時の新聞社はそういう難関を突破して入った人ばっかりだったんでしょうね。今はどうだか。「新聞ダイジェスト」は私も買っていたことがあります。就職試験のためではなく、世界の動きを知るのにいいと奨められて。でも値段がかなり高かった。

東京新聞は宅配も安いのでぜひご検討を。

また写真を見忘れている。

山姥さんと大納言氏の砂銀の意味がわからなかった。あれっ、写真見忘れていると、突然思い出しました。そして拡大しました。布を頭に巻いてる中央の人が大納言さんか? 町歩き流れ者的中高年ですかな。ぶら下げかばんのだらしなさがいいですな。

Re: また写真を見忘れている。

いや~、私はケロピョンの後ろでカメラを掲げていますよ。あんなに若くはありません。

活気のある商店街

いいですね。横浜では少なくなりました。
一度迷い込んでみたいですね。カメラを持った訪問者がかなりいるのではないでしょうか。
テレビなどの取材も多いのでしょうね。
昔はそのようなテレビを見るのは趣味ではありませんでしたが、このごろはじっくりと見ることにしています。
昔は、タレントのつまらないコメントが嫌でしたが、今は自分がそんな場面に出くわしたら、どんな風に振舞うか想像します。すると意外とつまらない振る舞いに終始する自分を想像してしまいます。そうすると意外と素直な気持ちで町歩きができるようになるのかもしれません。

  • [2013/04/01 15:17]
  • URL |
  • メタボの白クマ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

Re: 活気のある商店街

テレビのクルーを時々見かけますね。CMにもけっこう登場するようです。トイレの少ないのが玉に瑕。トイレを少なくして店に入るように仕向けているのでしょうか?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/201-afb34a04