善福寺川を歩く 

DSC_1263bg.jpg DSC_1243bg.jpg

28日の日曜日は久々の川歩き。何やかんやでタイミングが合わず、ほぼ1年ぶりの再開だ。今回は善福寺川の下流を歩く。善福寺川は何年も前に荻窪から源流の善福寺池まで歩いた。3時に丸ノ内線の南阿佐ヶ谷で待ち合わせ。参加者は6人。メタボさんと山姥さんにも声を掛けたが、2人とも予定が入っているとのことであった。さて、みんなに渡す地図はいつものA4ではコースが上手く入りきらず、A3の特大判になった。これは正解、我ながら実にわかりやすい。

南阿佐ヶ谷から南側へ建て替えで廃墟のような団地の中を縫って、川へ出る。小幅の川は流れが緩いが水はきれいだ。この水は、都の清流復活事業により千川上水へ通されている下水高度処理水を回収し、善福寺池の手前で放水しているものだという。川の内側に石貼り風の河川敷が造られ、水草が除去されているのでスッキリして見える。ここは既に善福寺川緑地公園の一部だ。快晴の休日でもあり、川沿いの緑の木陰をジョギング、サイクリング、ウォーキングの人がひっきりなしに通っていく。五日市街道を渡り、子供の広場を過ぎると和田堀公園になる。芝生の上で大勢の人が寛いでおり、ミュージックグループの演奏に拍手が上がる。和田堀池は昭和30年代に公園と一緒に造られた人工の池だそうだが、ゴイサギのコロニーができていたりで、なかなかの景観だ。くちばしの紅い水鳥はクイナかバンか。

DSC_1280bg.jpg DSC_1274bg.jpg DSC_1291bg.jpg DSC_1287bg.jpg DSC_1300bg.jpg DSC_1312bg.jpg DSC_1323bg.jpg

しばらく行くと公園は終わり普通の都市河川になる。同時に河川敷がなくなって垂直の護岸になり、一部に親水公園風の施設も造られつつある。環七の少し上流には環七地下調節池の善福寺川取水施設が口を開けている。環七の地下に造られた巨大な調整池に豪雨などの時に水を流し込み洪水を防ぐ施設で、神田川と妙正寺川に同様の施設がある。今回は環七を越えて光明橋のところまで行く予定だったが、横断が難しいことを理由に環七(方南町)で終りにする。道のりは5.5㎞くらいか。方南町は都市銀行が2つもあり賑やかなのに皆ビックリ。しかし、飲み屋のチェーン店は意外と少ない。

DSC_1325bg.jpg DSC_1345bg.jpg DSC_1350bg.jpg

久しぶりの川歩きで酒を飲み、はしゃいだせいか疲れ切ってしまい、次の日は寝坊してしまった。仕事はないが夕方になっても疲れが抜けない。やっぱり歳かな……?
    

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

残念!

行きたかったなぁ。インコがやってくる日でしたので、残念。
東京の地形が頭に入っていないので、勉強がてら参加したかった。鉄道駅周辺はわかるものの、自然地形に沿った土地勘がほとんどありません。今度また誘ってください。

  • [2013/04/30 00:26]
  • URL |
  • メタボの白クマ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

Re: 残念!

今度は秋頃を予定しています。参考までにコースを入れた地図を送っておきますのでご覧下さい。

せっかく書いたのに消えてしまった

朝から失敗ばかり。しっかり送信クリックするの忘れた。

西荻窪に家族のリハビリに長い期間通っておりました。善福寺川沿いは、時間つぶしに、何度か歩いております。穏やかな感じです。

お金持ちそうな家々を抜けていくと、その川がありました。西荻窪駅の南側でしたっけ。駅裏の中華のラーメンが好きで、よく食べました。車でしたから、環八で行きましたが、鉄道ですと、遠い街に感じます。

Re: せっかく書いたのに消えてしまった

お早うございます。
善福寺川は荻窪の南ですが、西荻だと北側になりますね。斜めに突っ切っていますから。
私も40年前に荻窪のずっと南に住んでいました。3か月くらいでしょうか。環八が出来る前、まだ工事中の時でした。川も通っていたはずなのに記憶がありません。上京したばかりで生活の見通しがまるで立たない頃でした。川歩きが出来ることに感謝しています。

取水施設の画像

差し替えました。白い建物が飛んでしまっていたので……。

東京の地形

無数の川がある。その両側は坂であり「東京の地形は凸凹でまさに坂の町と川の町だ」。GWに何十キロもの渋滞に嵌まってイライラする位なら、川を暗渠をそして坂を訪ね歩いた方がよっぽど充実すると思うのだが・・・。

Re: 東京の地形

http://tokyoriver.exblog.jp/12225556/
『東京「暗渠」散歩』の著者によるブログですが、あまりに詳細すぎて追いつけません。まさに坂と川の街。それがゴチャゴチャ入り組んで、その上に家が建ち道路が造られ、迷宮としての東京がますます煮詰まっていくんでしょうね。GWにはちょっと重たすぎるかも。

井戸のある街

トラブっていたインターネットがやっと回復した。善福寺川など土地鑑高き地元なれば、ぜひコメント参加しなければと思っていたのですがここまで遅れました。
杉並にある会社務めの身で、善福寺川付近での建築工事も多々あり、聞き及んだ話も多い。
「この辺は昔からいい水が出ていい井戸が作れた」と言う古老の話。「だから地名に『井』のつくのが多いでしょう。」言われてみれば、高井戸などはそのもの、他にも井草、石神井、井荻、桃井少し離れて井の頭、良質で豊富な水の出るところだったらしい。旧家を取り壊して新築工事となると使わなくなった井戸の処理にも一苦労。井戸は人間と同様生き物として扱うから、土で埋めても塩ビ管を差して息ができるようにしなければならない、そして酒と塩をまいて弔ってやらねばならない。
善福寺川はそんな良質の水を集めて流れる農業地帯の川だったのだろう。もちろん今は住宅地を流れる街中の川だが、極くたまに農業地だったことを彷彿とさせる景色に出会うこともある。川の会はそんな景色に出会えたでしょうか。
荻窪の川沿いの都営住宅工事の隣には近衛文麿の荻外荘。よからぬ密談も行われた場所で昭和史の舞台とも呼ばれていたようだ。
タイトルはつかこうへいをパくってみました。

ラヂオも語りだすと長くなりそうだ。短縮化が喫緊か。

Re: 井戸のある街

> 旧家を取り壊して新築工事となると使わなくなった井戸の処理にも一苦労。井戸は人間と同様生き物として扱うから、土で埋めても塩ビ管を差して息ができるようにしなければならない、そして酒と塩をまいて弔ってやらねばならない。

ほほーそれは初耳です。わが家では父が古井戸にゴミを捨ててたらしい。それで祟りを受けたのかもしれませんね。善福寺川の流域に井戸が多く、良質で豊富な水を集めて流れていたという話、頷けるところです。今は川に下水の処理水を流し、少し雨が降ると洪水に怯える……。何やってんだか。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/206-e09fc7c5