少し天狗になっていた 

砂町銀座・花祭り


天狗党の過激派、田中愿蔵の名誉を回復しようとする気運が高まりつつあるという記事が東京新聞に載っていた。栃木の町を焼き払ったことで評判の悪い愿蔵だが、若くして郷校の校長を務めたほどの秀才で、二世の藤田小四郎とはライバル関係にあった。愿蔵隊は天誅組の残党・土田衝平を参謀にして転戦し、髷を切り落とした風体から「ザンギリ組」と呼ばれた。小四郎のように頑迷な水戸学に囚われることなく、倒幕の端緒を掴んでいたのかもしれない。愿蔵隊は主流派に除名され助川で敗れた後、追い詰められ塙村で処刑された。舟で逃れ再起を図った土田も相馬で斬首されている。
私が天狗党に興味を持ったきっかけは、30代の頃、山口武秀の『水戸天狗党物語』(三一新書)を読んだことだ。山口武秀は戦後革命期に裸馬に乗り山野を駆け回ったという伝説を持つ農民運動の指導者である。本書は複雑きわまりない天狗党の全体像を、ともかくコンパクトな1つの物語として纏めている。だが若い友人たちは、甘いとか公式史観だとかいうかなり否定的な評価でいささかガッカリした。それでも天狗党に興味を持った数人で天狗党ツアーなるものを企画し、石岡の鈴ノ宮稲荷を見に行ったことがある。我々の天狗熱はそれだけで終わったが、殺風景な境内に集まった集団があれほどの騒乱を引き起こすことになろうとは、当時の人々にも予測できなかったのではないか。
それにしても天狗の物語は暗い。関わる者すべてが死んでしまう。松平頼徳のような大名ですら例外ではない。その中で山口が書いている松前藩士の娘・板東はじめという女性が気になる。愿蔵隊と行動を共にし長刀を振るって奮戦するが、やがて袂を分かつ。駕籠に乗り36人の親衛隊に囲まれていたというから、どういう関わりだったのかわからないが、彼女はいったいどこへ消えたのか。新宿で背筋の伸びた女性に会ったら訊いてみたい。「板東はじめさんじゃありませんか?」と。なお、三島由紀夫の祖母は松平頼徳の姪に当たるという。
      

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

天狗党

福井県敦賀市の気比の松原からすぐのところに、松原神社があります。
武田耕雲斎を首領とする天狗党の終焉の地で、昔(1980年代半ば)訪れた時、境内には彼らが監禁されていたという古ぼけたニシン倉が置かれていました。
夕方、人気の無い中で延々と流れる解説のテープ(これがまたおどろおどろしい口調でした)を聞いていると、“逢魔時”という言葉が連想されて首筋がヒヤリとしたものでした(苦笑)。
狭いニシン倉に何十名もが閉じ込められ、食事もきちんと与えられない劣悪な環境の中で、処刑される前に亡くなった者も少なくなかったそうですね。
800名もの軍勢が、茨城からよくもまぁ敦賀まで辿り着いたもの、というのが正直な感想でした。


砂町銀座の花祭り、地域の仏教会の主催でしょうか。
なかなか盛会のようですね。
お稚児さんの装束で草臥れた様子の子どもも微笑ましい(笑)。

Re: 天狗党

そうですか。敦賀までお出かけになった。ニシン倉には今なお天狗の遺恨が渦巻いていることでしょう。
まともなヤツはみんな天狗に行き、その後水戸の人材は絶えてしまったと言われます。無用の内訌により薩長土肥に油揚をさらわれてしまった格好です。

言葉が出ない

天狗党については小説の中でしか知らない。いろいろ検索した。それにしてもむごくて、コメントが出ない。往時を偲んだ若い頃の大納言氏もなかなかだ。日本史に残る出来事だと、あらためて思う。砂町銀座との調整がなかなかとれない気持ちだが、ヰゲタヤ商店の看板がよい。味わい深い。

Re: 言葉が出ない

検索までしていただき恐れ入ります。友人に頼んで買ってもらった江夏美好の『流離の記』も途中で挫折してしまいました。暗すぎて……。
ヰゲタヤ商店には残念ながらいい想い出がありません。場所はマルキ通りの突き当たりです。

水戸の歴史

「天狗党事件」名前だけは微かに記憶があります。おどろおどろした顛末は知らないけど「桜田門外の変」や「新撰組」にも繋がっているんでですね。ドラマ「八重の桜」下北半島に流罪になった「会津若松」の民などに繋がっていると思うと歴史にifがないだけに、時には切歯扼腕をしたりもします。水戸藩がもう少しまともな(?)歴史を作ってくれていたら薩長に隷属しなくて済み、東北はもっと早くに成長したのではないでしょうか。「東北以北ひと山百文」は現代でも生きていますよね。福島原発、青森県の六ヶ所原発など作られた時代を見ると当てはまるのでないでしょうか。

まじめな文章をちゃかすつもりはないのですが

も、少し天狗になっていた、い。というのが、私の日常に潜んでいる私の正体だと、思えて来る時もあります。さびしく、たわいないことにですが。いや、今はもう過去形か。
「も、少し天狗になっていた、かった」かも知れないですが。

Re: 水戸の歴史

桜田門外の変でやられた彦根藩が強硬に出たため、天狗党は敦賀へのコースをとらざるを得なかったようです。また、新撰組の芹沢鴨は天狗党の生き残りとの説があります。幕末はどの場面を切り取っても血なまぐさい時代ではありますが……。

Re: まじめな文章をちゃかすつもりはないのですが

うーーーん、いいんじゃないでしょうか。ひとりで天狗になってみるのも。

司馬遼太郎不可

私も天狗党に興味を持った一時期があり、吉村昭の「天狗争乱」から、かわぐちかいじの漫画「蒼氓の叛旗」まで結構読みました。漫画の場合は「読みました」と言わないか。
その中では田中愿蔵は、やはりあまりいい印象はありません。争乱に乗じたお調子乗りみたいなイメージを抱いたせいか。郷校の校長をしていたとは意外でした。再評価の内容が出たら目を通したいですね。
水戸天狗党の話になるといつも不愉快に思い出すのは徳川慶喜。天狗党見殺しと言っていいのだろう。司馬遼太郎やその亜流のなかでは大政奉還をして内乱を防いだということで評価する向きもあるようだが、鳥羽伏見の戦いでの兵置き去りの逃亡と言い、この人には身を挺して戦うものへの思いというものが全くない。評価は不可だろう。
島崎藤村の「夜明け前」に天狗党のことが臨場感をもって書かれていると気づいたのは最近。昔読んだときには天狗党など知らなかったのだな。時を置いての2回目の読書も悪くはないようだ。

天狗党

私はウーン、天狗党は語る知識も何も無いに等しい。
だまって諸氏の話を聞くのみ。
すこしは勉強しないといけないようだ。反省。

  • [2013/05/27 22:10]
  • URL |
  • メタボの白クマ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

Re: 司馬遼太郎不可

再評価といっても系統的なものではなく、旧来のイメージを見直す漠然とした動きではないかと思います。
愿蔵については異端者・過激派・日付け強盗といったその後の為政者が創りあげた像が流布する半面、山口武秀のように暴走はそれとして認めつつ可能性を肯定的に見る史観もあったわけで、私としては当面後者に肩入れしていくつもりです。板東はじめに巡り会うまでは……。『夜明け前』……。そうですか。読んでみましょう。青空文庫にあるかな。
徳川慶喜は大河ドラマの本木雅弘が抜けきれませんが、あれも当然ずいぶん美化していたようですね。

Re: 天狗党

天狗党にメタボさんがいたら、大砲担いで箱根のお山をひとっ走り。たすかるな~。

天狗党の本は、ずいぶん出ているんですね。

アマゾンで見ていたら、天狗党関連の本が、ずいぶんとありました。値段が安いのと、吉村氏のは、文庫本だし、きっとわかりやすいだろうと、買いました。まだ届いてませんが、感想をそのうちコメントさせていただきます。

Re: 天狗党の本は、ずいぶん出ているんですね。

私は初発の契機というのか、未だにブシューです。しかしどの本も陰々滅々たる自滅への道行きを描いていることに変わりはありません。肥溜めに3日潜んで生還したのは『斬られの仙太』でしたっけ?……。

肥溜めに落ちて生還した私

小学校の途中に肥溜めがありましてな、そこに落ちたのですな。いたずらでしたのでな、悪ふざけしてたのでしょう。肥溜めから遠くないところに、川が流れてましてな、そこの浅瀬で洗い流してましたな。私の家では隣に畑を借りてましてな、高校くらいまで、肥え桶担がされましてな、それを近所の同級生の女子に見られるのが嫌でいやで。肥溜めや、肥え桶がなくなろうとしていた時代なんですな。でも、悪い時代ではなかった。

Re: 肥溜めに落ちて生還した私

でわ、あなたが斬られの仙太さんで?
なに、ちがう? 切られのサンタだぁ?
ふむ、似て非なる者か……。
青空文庫で「斬られの仙太」を(ダウンロードせず)読んでいたら、時間が経ってしまいました。肥溜めの件は出てきませんね。小生お得意の妄想だったようです。

青空文庫とはどこの文庫…と、思ってました

な、なんとパソコン文庫のことでしたか。知りませんでした。これは、す、すごいです。大納言氏はこういうことにも精通されておるのですな。そうか…読めるのか。すごい時代になっている。まいった。

Re: 青空文庫とはどこの文庫…と、思ってました

い、いえ、それほどでも(ポリポリ)。私も人に教えられたことでして。しかし、読書の基本はやはり紙の本だと思いますね。本当に紙の本で読めないものはダウンロードして印刷・製本……するのかな。

幕末で鳥羽伏見しか思い浮かばないのは不覚でした

これは水戸の内訌そのものですな。ここまで行ってしまっていたとは。天狗勢が、旅を続けていく中で、実に様々な藩と、村々と、商人、名主たち、農民たちが関わってゆく。そして当時の武士たちはめったやたらに家々に火を付ける。これはかわいそうである。
 吉村氏は史実どおりに書く人だと信じているので、やはり市川家老は悪役ですな。しかしやはり徳川慶喜が最もいけない。この人のために、いろんな人たちが切歯扼腕で死んでいったのですな。それなのにこの人はかなり先まで生きていたのですな。
 東京湾と相模湾しか知らなかった私が、鹿島灘を見たのは二十歳過ぎてました。海パン持ってたのですが、波が怖くて、海に入れませんでした。当時は沖の黒船が不気味で、攘夷論が高まったのでしょうな。学生時代、水戸出身の女性がいました。なかなか素敵でした…関係ねえか…むんむむ、ぬむむむ。

Re: 幕末で鳥羽伏見しか思い浮かばないのは不覚でした

鹿島灘の波はそんなに荒いんですか? 
まさか紙パンじゃないでしょうね?

慶喜もひどいが田沼玄蕃などあれだけやりたい放題やっておきながら、版籍奉還後は上総小久保藩知事としてのうのうと生き延びているんですから、どうなっているのか。水戸の三ポイ=理屈っぽい、怒りっぽい、飽きっぽいはありますが、水戸美人は……???

天狗がなかなか消えていかない。

私も天狗勢の処刑の場面は、読むのが辛かった。今でもこれからもどこの国でも起こりえることでありますな。天狗勢を最悪の場面に導きたくなくて、もがき苦しんだ人々が大勢いたことが救いですな。徳川慶喜は一番いけないのですが、15人分、2百何十年分をひとり短時間のうちに背負ったので、責めきれぬところが私には残ります。今まであげてきた悪役の人たちは別にして。鳴海さんが書いていたように、歴史にifは無いのですな。大納言氏には日本史の欠かせない一ページを教えていただき、あらためて感謝です。

Re: 天狗がなかなか消えていかない。

恨みを抱いて歴史の闇に沈んだ者、責任を他に押しつけて逃れた者、へっぴり腰で関わって潰された者……そしてその陰には無数の野次馬……いろり端で孫にあの時は楽しかったと語る者たちがいたに違いありません。いずれにせよ激動期、過渡期であればこそ、神のタクトの気まぐれな一振りが人々の運命を大きく変えました。記録に残されたのはその0.001パーセントにすぎないのでは。といったところで、やりきれなさは消えはしませんが……。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/212-472d4d87