台風一過 

街が金色に燃え上がる
DSC01433bg.jpg

朝、長い夢を見た。舞台はいずれも学校の校舎みたいなところ。鳴海氏の母上に2階で出会うが、お客さんの相手をして忙しそうだったので黙って通り過ぎる。時々行く皮膚科の先生に診てもらっている。だが相談しているのはなぜか裁縫みたいなことだ。包帯(?)が「上手く留められないんですよ」「ネットに書き込んで下さい」などと話す。この先生も相変わらず忙しそうだ。次は若いアーティストたちの作品が置いてある(展示ではない)場所。知らない男が声高に能書きをしゃべっている。名前を見ても知らない人ばかり。最後は仲間のコンパみたいなところ。後藤君が向こうで誰かとしゃべっている。金沢のS君だろうか。魚のフライが目に留まるが、飲み食いも会話もなし。2次会がどうのこうのという話が聞える……。夢だからもっと錯綜しているし、これに私の観念がかぶさりごちゃごちゃして展開するのだが、それにしても何年も前に亡くなった鳴海氏の母上が出てきたのはどういうわけだ。私の母親が酸素マスクを付けて呻吟している現実に呼応したのか。

今回の台風は南風だったので日よけのターフが1日中バタバタ鳴り続けてうるさかったが、直しようがない。結局下の針金が取れ、みっともない姿になってしまった。取り外し来年の夏までには新しいものを買って据え付けなければなるまい。台風が通り過ぎたあとの景色は(毎年同じだが)美しかった。遠くの街並みに夕日が差して金色に燃え上がったかと思うと、日没後は赤く染まった空を映して熾火のように燃え、やがて白い街灯が点る頃、鈍い金属光沢に変わって夕闇に融けこんでゆく。コンパクトデジカメではこの色のドラマをとても追い切れない。
   

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

わーい!

来訪者6666人だって!(午後8時38分)

6670人目

おめでとうございます。
しかし台風の後の夕焼けや月の美しさは、いつもの事ながらどこでも例えようのない美しさですね。同感です。
気持ちの上でもとりあえずほっとしているからなお、そのように感ずるのかもしれません。

  • [2013/09/18 23:48]
  • URL |
  • メタボの白クマ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

Re: 6670人目

6670では面白くありません。6666だからわーいだったんですが……。

台風の後の夕陽は確かに美しい。コンパクトデジカメではなく一眼レフを持ち出すべきだったと気がついたのは終わってから。RAWでならどんな光源でもきちんと捉えてくれます。

異床同夢

17日の夜から体調が激変し18日は終日臥せっていた。その間に見た夢が実家のあった故郷野辺地にどうしても行かなければならないのに、とうとうたどり着けないまま、何処かの大きな神社の鳥居をくぐったら真っ白の世界でとうとうたどり着けなかった。大納言殿に小生の体調不良を知らせるために出てくれたのではないだろうか・・・。

Re: 異床同夢

ご両親への供養が十分ではないのでは?
と言いたいところですが、今は自分の体調を回復させることが先決でしょう。家族へのサービスもしばし忘れてひたすらぼーっとして下さい。北上川の土手で昼寝でもして……。

夢や、夢、夢見るな、夢。

ううむ、浅き眠りなのですかな。何の夢が見たいかって、やはり青年のままの自分が、誰かに恋しているのがいいのですが、夢からさめて、現年齢に思い至ると、やはり、夢は所詮夢であり、朝から一段と暗いものになりがちであります。
 がんばれ大納言氏!

Re: 夢や、夢、夢見るな、夢。

通りがかり人さん、お疲れ様でしたね。
夢は間違いなく自分のものであるにもかかわらずコントロールできない、第2の人格みたいなものでしょうか。昔の人は夢のお告げを信じましたが、私も悪い夢の時は起きてから遺影(仏壇がないので)に手を合わせます。うきうきする夢は……とんと見ません。

夢の続きをせがんでいる

そんな朝が、ありますな。話は飛びますが、むむむむ、おめでとうございます。こりゃあ、すごい数字ですな。6の四つ並びですか。気づかずすいません。9とか8とか3とか5に比べて、静かな目立たぬ数字のような気がしますが。しかし、安定感がありますな。数字でも漢字でも。
 車を運転してますと、まれにこの四つ並びに出会います。五つ並ぶと、もっとすごいです。にやっとします。バイクでも、そうです。鳴海氏の健康を祈ります。
 

うーむ、なかなか通り過ぎない台風ですな

ぬふんむむ、今回の台風はなかなかの長さですな。台風一過というよりも、台風一家という感じですかな。でも、忙しいのはいいことです。終わった後に、達成感のある忙しさが良いですな。私の日々は疲労感と、消耗感、衰退感がほとんどですな。がんばれ雷電君!

Re: うーむ、なかなか通り過ぎない台風ですな

すみません。イライラなさっていることでしょう。2日間の緊迫労働が祟って調子が狂いました。今夜が過ぎれば大丈夫。あれ、後藤君のコメントがないな。

そうです。

Mr.GT、コメントがないですぞ。カモン、コメント、モーメント、プリーズ! 

救急車バンザイ

「通りがかり人」さんお気づかいありがとうございます。今月もはやお終い。何もせずにだ!。何かをしたとすれば血圧が夜半に200を超え119に御世話になった事か。夜中にサイレンを鳴らして自宅までくる。近所に多大な迷惑をかける。その事だけが気になって気軽に呼べない性格なのだ。戦中派の性格のせいか!(ひと様には絶対迷惑をかけるな、と学校で習った)出来れば2度は乗らないように健康には更に気をつけたい反省の今月です。

Re: 救急車バンザイ

救急車、いいじゃありませんか。当団地では四六時中ピーポーが聞えますので誰も気にしませんよ。私など昔、とんでもないことで救急車を呼んでしまい(詳しく書くと大変な顰蹙を買いそうです)、反省のしようもありません。あの時の救急隊員の皆さん、申し訳ありませんでした。二度とこのようなことは致しません。平にご勘弁を。

200越えですか…ふーむむむむ…

9月を、何もせずに、と、鳴海さんはおっしゃってますが、倒れたら、はるかに何も出来なくなります。おっかなびっくり、臆病と言われても、恐恐こわごわ、と、生きていくのでいいのではないかと思えます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/228-66545965