セルロイド 

西大島


あちこちで百日紅が咲き継ぎながらピンク色の花を揺らしている。なんだか今年は特に目立つようだ。父が亡くなった時も我が家の窓辺に百日紅が咲いていたが、今年は咲かないという。弟は母の介助が忙しくて、花を見る余裕もないようだ。思えば家の百日紅は、父が亡くなって以来一度も花が咲いたのを見ていない。あの年は9月に入ってからも一際暑かったからそのせいなのか、それとも父の死に繋がる特別な何かだったのだろうか。ところで、百日紅の華奢な花房は私にはなぜかセルロイド細工のように感じられてならない。触ればかさかさと軽い音を発しそうに錯覚するが、それはあくまで錯覚である。セルロイドの百日紅が現実にあったというわけでもない。あの人工的で造花っぽい花の色がそう思わせるのかもしれない。今風のプラスティックではだめで、セルロイドでなければならない。セルロイドは今や死語に限りなく近く、若い娘さんはセルライトと混同していたりするが、ダイナマイトと出自を同じくする過激な素材である。

今月のギャラは1日分だけで3千円ちょっと。さすがに愕然とした。今週は24日、25日と東京駅近くの高層ビルで仕事だったが、2日とも終りは想定外の10時、11時で疲れ切ってしまった。出来高制なので、これだけやっておそらく他の仕事の2日分に追いつく程度だろう。仕事の全体量や進み具合は世話役が把握していても私には読めないし、言われたことを唯々諾々とやるしかない。規定でがんじがらめのフラストレーションが溜まる仕事だ。26日、27日は土曜日の古紙回収に合わせ新聞をスキャンしファイリングする予定だったのだが、ここでも誤算が生じた。パソコンの調子がおかしくなったのだ。ファイリングソフトをバージョンアップしたのが原因かと思ったが、マウスの不具合だったらしい。チャタリングという現象とか。それで手間取って予定が大幅にずれ込み、結局寝たのは4時半だったが新聞を大分残してしまった。
    

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

ひとつの誤算で、食い止める力

がないと、新たな誤算が生じます。私も誤算続きのときは、人が見たら狂ったか、というような感じで、この野郎、と、誰彼へともなく、ののしります。
 苦闘の末、朝の4時過ぎまで、泣かず粘った大納言氏は賞賛に値します。これをやったか、やらなかったかで、今後も決まってしまいます。
 すっぽかせるところはすっぽかし、命につながる事から、手がけてくだされ。大納言氏が総入れ歯になるまでには、まだまだ時間がありそうです。

Re: ひとつの誤算で、食い止める力

単にやるべきことを延ばし延ばしにしていたのが悪いんですが……。通りがかり人さんの「この野郎」は迫力がありそうですね。総入れ歯ではハナシになりません。それまでにインプラントが安くなってくれないと……。

息子を寝かしつけながら

偉そうな事書いてしまったと、2階に上ってきて、pcの前に座りました。
 思うんですが、手がけたほうがいいのに、この先、その方がいいのに、いやで、どうも手付かずにしてしまい、あとで、どうなるか、どこかで危惧しながら、放置に近い状態にしていること。あります。そいつをやっつければ、この先、遥かに楽になりそうなのですが、そいつはやっつけたつもりが、起き上がってくる不死身に近い手強い相手なのですな。だから取り組むのにも、準備期間がかかるのですな。嘆きながら、弱ってるときは、かわし、そらし、流しながら、行くしかないのですな。偉そうですいません。がんばれ大納言氏!

Re: 息子を寝かしつけながら

私のドジは明日やり直せば済むことかもしれませんが、通りがかり人さんの手強い相手は自己の内部の敵なのでしょうか。最適の解を見つけられるよう祈ります。

セルロイド

教室の片隅にポツンとある薪ストーブや石炭ストーブもあった学童時代に、鉛筆のサックにセルロイドの下敷きを入れて熱したストーブにあげておく。どこに飛んでいくか全く分からないがロケット遊びに利用したものですね。しかしあの猛毒臭には参りましたナ!

妹はQPさんか、ミルクのみ人形を

抱えていました。着せ替え人形もしていました。兄は取り上げては、泣かせておりました。

鉛筆の金のサックがありまして、2B弾に火をつけて、入れてました。あれも危ない遊びでした。いたずらばかりしてたから、ろくな大人になってないです。

Re: セルロイド

学生服のカラーなどもイタズラの原料になりましたねえ。セルロイドは今も細々と生産されているというような話を聞いたような……。眼鏡のツルだったか。

Re: 妹はQPさんか、ミルクのみ人形を

アメリカ生まれのセルロイドという歌がありました。しかし2B弾を……危ないことをしますね。
あの頃の合成樹脂はセルロイドとエボナイト。床に使うリノリュームを入れてもいい。ソケットなどはまだエボナイトかも。

セルロイドと百日紅

おもしろい連想・飛躍ですね。でもその感覚、よく理解できます。確かにいわれてみれば…。
真夏の毒を浄化してくれているのでしょうかね。

セルロイドは私のスマホでは変換してくれません。完全に死語扱いです。

  • [2013/09/30 11:48]
  • URL |
  • メタボの白クマ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

Re: セルロイドと百日紅

百日紅の花は地面に落ちるとすぐペニャとなっちゃいます。
セルロイド、変換しませんか……。無念。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/229-00a2a318