アイリス 

ベレッタ

今月のギャラは2万3000円だという。覚悟してはいたがあんまりじゃないだろうか。もはや笑うしかない。それはさておき、TVは震災のニュースばかりなので、とっておいた韓国ドラマ「アイリス」のDVDを観続けた。日本円で約15億円をかけ大規模な海外ロケも行った連続ドラマだが、視聴率は後半かなり低迷したという。「アイリス」はイ・ビョンホン扮する兵士キム・ヒョンジュンが韓国国家安全局(NSS)にスカウトされ、不可解な運命に翻弄されながら秘密組織アイリスに戦いを挑んでいく。そこに、離ればなれになる恋や親友との確執がからむ。私が日本では絶対つくれそうにないと思うのは、銃器や爆発の描写がすごいのである。韓国は徴兵制もあり一般市民の実弾射撃場があるくらいで日本のようにチャチなモデルガンではごまかせない。このドラマの銃器はほとんどが本物(いわゆるステージガン)だと思ってよかろう。また俳優の銃の扱いもぴったり決まって危なっかしさが全然ない。日本もこのあたりの規制を早く緩和しないと世界に伍していけないだろう。逆にNSS内部の恋愛模様などは学園ドラマレベルで笑える。私のお気に入りは北鮮護衛部のメンバーを演じたキム・ソヨンだ。
    

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

手持ちで撮ったので

せっかく起こしたハンマーにピントがきてませんでした。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/23-197d9163