パソコンまたトラブる 

町工場


昔の同僚から電話があり、「ちらし制作の仕事がありそうなんだが、できるだろうか」と訊かれた。ちょっと調べてみると印刷の世界も完全に様変わりし、かつての紙の版下もあることはあるが、今はデータ入稿の激安ネット印刷が全盛となっている。この値段を知れば、紙版下に逆戻りはできない。キレのよさも版下の比ではない。しかし、そうなると入稿データを作るシステムが問題になる。入稿可能なのは大体マイクロソフト・ワード、エクセル、アドビのイラストレーター、フォトショップ、インデザインのデータ、またはPDFということになる。今回の話はA4片面1色くらいのものだろうから、手持ちのパーソナル編集長などからPDFにしても何とかなるが、仮に商売をやることになればこれでは済まない。私は上記のアプリケーションはどれも持っていないのだ。数万円で買えるインデザインくらいは用意しなければと思うが、そうなるとマシンの非力さがネックになる。来年はWindowsXPのサポートが終わるし、マシンの買い換えと併せて思い切った投資が迫られているのかもしれない。ただし同僚の印刷の話はどうやらなくなったらしい。

そう思った途端、パソコンが不調になった。木曜日の夜のことだ。Windowsが立ち上がらない。土曜日の古紙回収に出す新聞のスキャンがまだ大分残っている。金曜日は稀少な仕事で丸1日対処できないので、とりあえずもっと新しい新聞を仕分けして上乗せし、スキャンなしでもいいようにカサを増やしておく。safeモードで仮の起動はできるが、これではネットはできてもスキャナーは動かせない。土曜日にサポートに3回電話してアドバイスを請う。メーカーのサポート要員にもいろいろな技量とレベルの違いがあることがよくわかった。結局は立ち上がった(原因はkernel32ファイルの破損)のだが、古紙回収は失敗だった。台風の雨を嫌って出すのが遅れたせいで、Mさんが我が家を通り過ぎてしまった。ギャフンである。

台風のためか、ダイエーのほうれんそうがバカ高い。

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

パソコン復旧おめでとうございます

欠礼ハガキなどの準備などを考えるとギリギリだったのでしょうか。買い替えなどとなったら大変でしたね。
そんなことになったら私などパニックを起こしてしまいそうです。
パソコン・スマホ依存の生活・人生になっています。人格だけは依存症にならないようにしなくては‥。

  • [2013/10/27 12:36]
  • URL |
  • メタボの白クマ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

写真の町工場

実家のものよりは規模が大きいようですが、でも懐かしい…。
機械油の匂いを嗅ぎながら、工場の片隅で遊んでいた幼い頃を思い出しました。

Re: パソコン復旧おめでとうございます

仕事が少なくて助かりました。
数時間はパソコンとサポート相手の悪戦苦闘。しかしどこかに必ず情報はあるものです。トラブルもハードウエアの損傷がない限り、大体は復旧できるものだという確信が持てました。

Re: 写真の町工場

東西に長い工場で、長い何かを作っているようです。なんでしょ。

いいですな、町工場! 

町工場の写真は、大納言氏はすごいです。機械油の匂いが漂いますな。強く、過去の世界へ戻りたいものです。福島氏もかなわぬと思えます。

パソコンも、徹底的に、突き詰めていくのがさすがです。原因も投げ出している人は、何をやってもそこまでてすな。…私のことです。がんばれ大納言氏。

町工場

誰もいなかったので素早く撮りました。企業秘密が写っていたらごめんなさい。

パソコンですが、偉そうなことを書いた途端にまたおかしくなりました。どうも具合がよくない。パソコンよ、もうちょっと頑張ってくれ!

確かに

積極的には撮らせてはくれないでしょう。「遊んでんじゃねえんだ、こちとら、生活かかってるんだ」なんて。今まで見せてもらってきた、時代遅れの工場の外観、港湾、あれらもいいですな。置き去りにされてゆくものを、意図的でなく、さりげなく収めてゆくのがいいのでしょうな。大手の厳しい発注で、競争を強いられながら、やりくりしていくんでしょうな。猫とはまた違った郷愁ですな。こういう所で働いて、食べるドカ弁がまた、旨いのですな。

Re: 確かに

ここはそういう牧歌的な町工場とは違って、ある種の製品に特化した工場みたいですよ。お昼も隣の自宅で取っているんではないかな? 静かに何かやっている雰囲気です。

下町の風情

確か以前にもこんな模様の写真があったけど、実にいいね!これは大都会の片隅にある零細企業の必死に生きる姿がまざまざと伝わってきて、東京五輪ピックなんかやってるヒマはあるのか?と訴えているようだ。しかも、東日本大震災の復興も工事関係業者が不足だというのに未だにほったらかしだ。「復興は大儀だがオリンピックは小儀」。なぜなら経済界にとってどちらのほうが儲かるかとっくに計算済みだから・・・

Re: 下町の風情

震災復興のような面倒くさいものは屁理屈こねて先延ばしにし、うやむやになるのを待っているんでしょう。そういえば面倒くさいという意味で「たいぎ」は最近あまり使いませんね。死語となったか、ただの方言になったか……。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/234-a6f938ec