Silent Mode 

偽Silent Mode


瀬戸正人の『Silent Mode』は、コニカ・ヘキサーのサイレントモードというシャッター音や巻き上げ音の出ない仕掛けを使って、電車の座席に座っている女性を至近距離から撮った写真である。瀬戸によると「なるべくボーッとしている女性を狙った」のだとか。この作品をまとめた写真集が木村伊兵衛賞を受けたとき、肖像権の問題で新聞に写真を載せてもらえなかったという。ぼんやりと電車に揺られている一時、人は皆こんな表情を見せるのだろうか。大勢の人に囲まれながら、警戒も欲望も期待もなく、自我さえ忘れた放心の瞬間を瀬戸のカメラは真正面から捉えている。逆の意味で人間の本質を撮った写真と言えるかもしれない。「瀬戸さん、そんなに近づいて大丈夫?」「ヘキサー」。

ところで最近、常磐線の電車内で眠っていた女性の胸元を、携帯のカメラで撮っていた男が逮捕されたというニュースが波紋を広げている。気がついた女性に腕を掴まれ警察に通報された。波紋とは、この程度でいきなり逮捕なのか、事情を聞いてからでもよかったのではなどの声だが、大きな音の出る携帯のカメラで至近距離から撮ったら誰だって気付くだろうに、間抜けな男と言わざるを得ない。これは例外として、盗撮でなく公共の場所で撮っても犯罪にされるケースが多くなり、ヘタをすると現代写真の主流をなした街頭スナップが不可能になりかねない状況なのである。70~80年代は全共闘・反戦運動の余波で交番が写真に写ることを極度に警戒したが、現在は肖像権意識が強まったこともあり、人物が特定されるような写真はほとんどアウトになっているそうだ。可愛いからと知らない女の子を撮り、親が通報したらアウトだという。バス停の写真で写真集を出した柴田秀一郎は、バス待ちの子供を撮っていて警察を呼ばれたと書いている。私の師匠、下町スナップの雪松悟は「隠さず堂々と撮りなさい。ダメなら向こうが拒否するから」と教えてくれたが、そんな教えも今や牧歌になりつつある。
      

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

みんながカメラを持っている

街行けば、真白き太ももそこら中。男たちにとっても、かえって厳しい時代になりましたな。私が注意していることは、エスカレーターで昇る時、上を見ないこと。見たいが見ない方が、いいのですな。街行くお尻が見えそうな女性たちをつとめて見ないようにする。私には、これしか街歩きのスタイルが、思いつかない。なんて言って、さりげなく見てしまうというのが実情ではあります。カメラ付きの携帯が、スマホが、これだけ売られてるが、撮っては罰せられるものがあるのですな。
 私の娘も高校生の頃、痴漢に遭いまして、そのスカート、なんとかしなさいというと、「みんなそうなんだから、しょうがないでしょ」と、言われました。むんむむむむむ。返す言葉がないオヤジでした。複雑怪奇時代。

 

Re: みんながカメラを持っている

痴漢して下さい、撮って下さいといわんばかりの服装は困りますが、街の写真を撮っただけで犯罪者扱いされかねない風潮も異常です。カメラを向けたらにっこり笑ってポーズするくらいのゆとりが欲しいところですね。ポーズといってもピースサインはごめんですが……。ガチガチの警備があるから高度な盗撮が増える……実態はイタチごっこではないでしょうか。撮られた本人は気付かない木村伊兵衛のスナップ術はきんちゃく切りと言われましたが、現代の木村伊兵衛は……盗撮しかない、とはね┓( ̄∇ ̄;)┏

あらためてご冥福をお祈りいたします

遠景、その他大勢の中のひとりは、とりあえずありかとは思えますが・・。ひとりあるいは数人を被写体にしたものは、今の時代事前了解を前提にしないとまずいですね。
昔、明らかに至近距離から私の顔を入れて彼女の写真を撮ろうとしていた彼氏に強く注意したことがあります。
寝込んでいる人の写真、時代も違うでしょうが・・。今は成り立つのかな。
昔、スクラムのジグザグデモで、個人の顔を狙った撮影を試みた河北新報のカメラマンのカメラを前の列の友人がたたき落とそうとしたことがありました。首からぶら下げているので落ちませんでしたが、「報道だ」とそのカメラマンは怒鳴り返してきましたので、私は「甘ったれるな」と膝を思いっきり蹴飛ばしたことを思い出しました。マスコミに対しても殺気立った時代でした。
肖像権、あの頃からみんな敏感になっていったんではないでしょうか。

  • [2013/11/14 09:56]
  • URL |
  • メタボの白クマ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

題名が

直りませんでした。失礼。
題名が最初から入ってしまっていて、長文になると直しても復元されてしまいます。スマホからは不安定になるようです。変な題名ですが、本意ではないので許してください。

  • [2013/11/14 10:02]
  • URL |
  • メタボの白クマ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

Re: あらためてご冥福をお祈りいたします

> 昔、明らかに至近距離から私の顔を入れて彼女の写真を撮ろうとしていた彼氏に強く注意したことがあります.

ど、どういうシチュエーションでしょうね。ドキュメンタリータッチにしようとしたのかな。お茶目な彼氏ですね。協力してやってもよかったんでは? もっとも、電車の中のカメラ男が逮捕されたとはいえ、起訴されたかどうか、有罪になったか無罪になったかはわかりません。逮捕されたから罪人というヨミステ新聞の警察発表垂れ流しは相変わらずです。

パソコンからは特に支障はないようです

タイトル欄に事前にタイトルが書き加えられていることはなく、画面も安定しています。
スマホからだとどうしてタイトル欄に事前にあのような文字が入っているのでしょうね。
スマホからの投稿はひかえるようにします。

  • [2013/11/14 14:17]
  • URL |
  • メタボの白クマ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

Re: パソコンからは特に支障はないようです

意味が分りませんでした。冥福うんぬんというタイトルが勝手に入ったというんですね。分りました。漢字かな変換の予測何とかとか、そういう問題ではないでしょうか。メールの文字化けの話かと思って返信したので、私のは削除します。

三昔程前のこと…

1月15日に、高校時代の仲間6~7人ばかりが揃って浅草寺へ参詣に。
振袖姿が大半で、東武線浅草駅を出て雷門に差し掛かった時、いきなり4~5人のカメラ小僧ならぬカメラ親爺に行く手を阻まれ…。
幸い、仲間内の男子が身体を張って追い払ってくれたため何事もなく済みましたが、あの連中は何だったのか…今だに思い出すのも不愉快です。
さすがに今の婆にカメラを向ける物好きはいないと思いますが(笑)、昔も今も承諾なしにアカの他人からカメラを向けられるのは願い下げですね。
まぁ、二十年近く履歴書用の証明写真以外は写真と無縁の日々ですが…苦笑。

Re: 三昔程前のこと…

不愉快な過去を思い出させたとしたらお詫びします。
浅草に成人式の振り袖となれば、舌なめずりしてカメラを向けるジジイも多いことでしょう。しかし、被写体の行動を束縛したり干渉したりするのはいけません。カメラ者はあくまで空気のごとくタイムトラベラーのごとく、一切の干渉を慎むべきでしょう。ましてや集団で行く手を塞ぐなどはもってのほかですよね。

カメラが怖い!

意味も碌に知らないくせにカメラを向けると、クソガキさえもが「個人情報撮るな!」とのたまう。最近全国紙でスマホを向けただけで因縁つけてゆすり・脅迫のネタをみたら人物にカメラを向けるのに恐怖を覚える。飾り付けのお店の写真さえも文句を言われそうで、特定秘密保護法が成立したら「個人保護法」とセットで戦前回帰の時代に逆戻りするのは間違いないと思う。カメラを持って歩いただけで「非国民」と呼ばれる日もそんなに遠くないかも・・・。

Re: カメラが怖い!

まったくです。ガチガチに何でも法律で固めたら、みんなが生きにくくなってしまいます。おっしゃる通り、肖像権は写真に撮られていい権利でもあるのに、肖像権と撮影拒否が同じものだと思っているヤツがいるのは困りもの。お前の写真なんか街の添景でしかないんだぞ、と……あ、これは言い過ぎか。

添景かゴミか!

おっしゃる通り「お前なんか街の添景でしかないんだぞ」なら、まだましだと思え!お前なんかゴミ以下でしかないんだ。せっかくの絶景に突然いきなりカメラの前を平気で通るバカ者がこれからますます増加するんだろうね。カメラを構えたら即非国民!としてボコボコにされるんだろうな。

Re: 添景かゴミか!

ちょ、ちょっと、問題がごちゃ混ぜになってませんか。肖像権の問題とカメラの前を横切る撮影者にとっての邪魔者と、非国民にされるカメラ人とは別々の問題では……。私はカメラで風景を撮る行為に、それほどの特権があるとは思ってません。どちらかと言うと横切る人を入れて撮る方が多いね。

添景かゴミかの補足

肖像権の問題、個人情報云々、秘密保護法云々等々の国民向け(外国人向けじゃないよ!)の法律が戦前に跋扈して、かの大戦の傷跡を今も引きずっている事なんかすっかりわすれて戦前回帰にまっしぐら!・・・と小生は危惧するのだ。だからカメラを持ってるヤツは非国民、その前を通って写ったら即肖像権の侵害で犯罪者となる。・・・・・。というのが近未来だと小生は思うのだ。(今や地方の祭りでさえスマホなどを向けると睨まれる時代になったんだよ!)

Re: 添景かゴミかの補足

軍事基地を撮ったら即逮捕……だけじゃなく、他人を撮ったら即逮捕、カメラを持ってるだけで即逮捕……うーん、ヤバイね。昔、知人は「フイルム入ってないから」とシャアシャアと言ってましたが、今はフィルムは関係ないし。メモリー入ってないから……で通るかな。

今日は久々の仕事でコメントが遅れました。公明・維新・みんな・民主、総崩れの図。家康に冷水を浴びせる真田部隊はどこにいるんでしょう。出よ我らのロボコップ!

偽サイレンとモードはなかなか怖いですな

今にも車内の誰かが爆発したら、暴発したら、いま一歩ギリギリの線で堪えている偽or仮サイレントマンandウーマンたちが一挙に人間性のありったけを見せて様々な形をとるだろう。仮or偽の姿のまま20年も、30年もサイレントでいられれば、そりゃあしめしめもんだけど、そうはいかないだろう。どこかで、この人たちも、サイレントのままではいられぬことを知るだろう。この場は何とかすんだとしても。また偽サイレントの顔や、モードを作らなければならない。偽でいるのも結構しんどい。でも本性むきだしでも、つぶされる。
 電車の置換まちがえ、痴漢DVDをそのての店で買ったことはあるが、痴漢にあった娘に、こういうものを見ている父親の姿は知られたくない。ぬふんむむむ。空いた真昼の電車が一番好きだ。

  • [2013/11/21 16:38]
  • URL |
  • 尻込みロボコップ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

Re: 偽サイレンとモードはなかなか怖いですな

ギリギリこらえた全員が緊張に耐えきれずに暴発、ですか? 本屋の棚にわざと置き忘れたレモンが爆発するより恐ろしいことに……。おらしらね!

盗撮犯ども乙
さっさて捕まっちまえ

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/237-692b57b7