アンガージュマン 

御茶の水


「午後三時。何をするにも早すぎ、何をするにも遅すぎる時刻――。」
とは確かJ・P・サルトル『嘔吐』の有名な一節だったと思うが、今や巷でサルトルの名前を聞くことはなくなったし、かの一節を口ずさんだとしてもはや後を引き取る者もいない。政治参加を表す「アンガージュマン」などの語を知る者は絶無である。いや、私は単に仕事もなく、午後は長いなと思っただけなのであるが……。母が元気な頃は、夕食前の4時半すぎに必ず電話して母に語りかけ、返事を聞けなくても弟に体調を確かめる。携帯でも家から掛けないと落ち着かず、いつも電話が終わってからギャラリー回りに出掛けていたのだ。それがなくなったので、いささか調子が狂ったのは事実。早く新しい生活パターンを作らなければならない。今はほとんど毎日10時起きで、午前中はネット情報やメールのチェック。午後はテレビを見始めるとかなりだらける。

仕事といえば、従来の例からいくと今週入らなければならない雑誌の仕事が入らず、ミスでもして切られたのかと思っていたら、来週から入ってきた。毎月下旬のWebの校正と前後して飛び飛びに予定が埋まり、21日の四十九日にはとても帰れそうにない。23日には古紙回収もある。仕事が最優先だからここはいさぎよく弟に任せ、私は来月4日の月命日に帰ることにした。そのくらいは母も許してくれるだろう。仲間内の忘年会も7日に決まったし、今年も本当に後がない。来月30日に私は待望の70歳を迎える。年金の繰下げ受給の分を受け取るようにし、シルバーパスの申請もしたい。この時期、山羊座は愛・財・芸という金星の恵みを受ける。そろそろ動きだす時期かも知れない。
     
前夜「ドクターX」を観ていたせいか、朝方、他人がおできの手術を受けるというへんな夢を見てしまった。腰にできた巨大なおできをグリグリと無造作に切っていく。夢診断ではどういう意味になるのだろう。
    

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

な、ななななな、なななな、ななな、んと

繰り下げとは、もらえるものを、もらってこないで生きていた、ということなのですかな? こっ、こここここここ、コケ国庫ーということですかな。なんだかこの変換の偶然がめでたいので、このままにしておきましょうかな。仕事は来てるし、誕生日だし、金星にずっぽりですかな。金星恵みの恵みを取れば金恵みですな。これは大宴会レベルといっても良いですな。白くま商会からも祝い酒の一本が届くことでしょうな。めでたいことです。 

Re: コケ国庫ー

いやいや、繰り下げは厚生年金の分でごくわずかです。全体がごくわずかなのに少しでも増やそうという根性でして……。コケ国庫ーなほどではありません。白クマ商会の資本金の十分の一というところです。

なんと、白くま商会はそれほどの

資金量ですとな。コケ国庫氏と、山姥さん、それに私などは白クマ氏の精神的株主でありますので、当然、配当処置などがあってしかるべきものなのに、カニの甲羅を噛み砕くほどの丈夫な歯を誇っているだけで、いまだ無配当であることに、呵責の念すら覚えていない様子。憎い、憎い、憎い。悔しい、悔しい。…いけね、ここは年齢的にも一目置くべき大納言氏のブログでした。こりゃまた失礼を……大納言氏よ、まだまだ総合生命力での勝負はこれからですぞ。弱き歯が負けではありません。カニの甲羅を噛み砕ける白くまの牙が憎い、憎い、悔しい。がんばれ大納言氏。

Re: なんと、白くま商会はそれほどの

カニの甲羅をかみ砕くならまだしも、蟹座の甲羅をかみ砕くようだとコラコラといわざるを得ません。しかし、ハイエナやハゲタカは骨も食うんでしょうか?

白クマ商会の配当‥

最近のテレビで、猛禽類の鶏が骨を丸呑みする映像を見たばかりです。ただしハゲタカやハイエナが骨まで食べるかどうかは自信がなくなりました。ハゲタカとハイエナが怒っているかもしれませんね。
祝い酒の提供や、無配当であることについては株主総会で審議の上「善処したい」と思います<(_ _)>

サルトル、確かに聞かなくなりましたね。私は結局サルトルは、何も読まずに今になっています。本屋さんからサルトルの名が消えてしまったような気がします。

  • [2013/11/16 01:00]
  • URL |
  • メタボの白クマ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

Re: 白クマ商会の配当‥

> 最近のテレビで、猛禽類の鶏が骨を丸呑みする映像を

鶏が猛禽類とは初めて聞きましたが、ひょっとして白クマさんお得意の誤変換? ハイエナもハゲタカも腐肉を漁る下劣な動物というのが通説ですから、過大評価かもしれませんよ。なお、サルトルは数年前に新書で再評価本が出ましたが、フランス五月革命でも既に顧みられることはなかったようです。ロシアマルクス主義に傾いたのがミソをつけたか……。

「鳥」のつもりが「鶏」

本人の意思とは関係なく・・。イライラしつつ、訂正させていただきますm(_ _)m

  • [2013/11/16 23:50]
  • URL |
  • メタボの白クマ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

Re: 「鳥」のつもりが「鶏」

そういう人が多いから私たちの仕事も成り立っていたんですが……最近は何だか鳥でも鶏でもよくなってきているようで。イライラするでしょうけど、これからも誤変換を摘発させてもらいます。よろしく、ロックンロール!

フフフ…

『猫のつもりが虎』というエッセイ集がありましたが、「鳥のつもりが鶏」ですか(笑)。
まぁ、鶏とて鳥のうちですし、砕いて粉末状にした骨なら食べるような気がします。
サルトルは、学生時代(1980年代前半)に私の周囲で読んだ者はいなかったような気がします。
個人的にはボーヴォワールの付録としか思ってませんでしたf(^^;

午後の過ごし方、テレビがお伴では腰が重くなるばかりですよ。
特に、テレ朝の再放送ドラマはいけません(笑)。
見終わったら日暮れ時の今の季節、“サザエさん症候群”の気分に毎日襲われそうです。

Re: フフフ…

『嘔吐』読んだことのある人、手を挙げて。おおっとこれだけか……なんてね。70年代には既に忘れられてました。

サザエさん症候群なら心配要りません。何しろ仕事がないので。

o

「お茶の水」のカットは大好きなところで関連写真の載ってる雑誌はよく買う。関連した古地図も合わせて見ているが、生きているうちに現場に行けたら握り飯食いながら終日カメラを設定して眺めたいと思っている。(通りがかり人にバッタリあったりしたりなんちゃってネ!)(笑い)。今回のだがもう少し明るい時間帯のカットがみたかったな。もうすぐ古稀とか。小生なんか、なって見たらとたんにあっちこっちが変調し始めて来て嫌だね!こうなれば何としてもせめて喜寿まではカメラ散策を当面の目的として血圧を下げる努力を続けるか!(絶対ヤッテやるゾ!)

Re: o

通りがかり人さんは神出鬼没ですからね。ロボコップという説もあり。
この写真はバウハウスへ行く途中に電車が来たので、慌ててシャッターを切ったものです。必要ならば明るいときのを送りましょう。しかしこの地形、ちょっと水位が上昇したら地下鉄に水が流れ込みそうで心配ですよね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/238-537a4cde