一太郎 

調布

一太郎2011 創 プレミアム(以下「一太郎」)を購入した。DOS時代は日本語ワープロのナンバーワンとして鳴らした一太郎も、Microsoft Officeに押されて苦戦が続く。しかし根強い支持者がいるからバージョンアップしているのであろう。いまなぜ一太郎を買ったかといえば、リュウミンと新ゴがファミリーで使えるというのに惹かれたのである。ところが如何せん字体が古くJIS2004以前の字体である。Windows Vista以降、MS明朝・MSゴシックがJIS2004をサポートしているのに比べて見劣りするのは言うまでもない。しかもこの書体は一太郎・花子など対応アプリでしか使えないのだ。字形の問題だけなら、たとえばリュウミン-Lの場合その漢字だけをMS明朝に変えれば何とか対応できるだろうが、新ゴは何で代替するのかなど悩みは残る。なお、一太郎は漢字・仮名を別のフォントにするような混植の指定は出来ない。

買った後で気づいたのだが、OSがVista・Win7ならばリュウミン・新ゴのファミリーにMB101を加えたTrueTypeパッケージが1万円ちょっとで買えたのである。私のパソコンはXPだから恩恵に与れないが、パソコンを新しくしてもいいくらいこのモリサワのフォントパッケージは魅力的だ。なにしろ、DTPの世界で日本語組版の定番がリュウミン・新ゴ・MB101の組み合わせなのだから。他方、ジャストシステムはなぜこんな中途半端なおまけを付けたのか疑問である。

しかし一太郎にはもっとイヤな問題があった。まず一太郎をインストールしたらパーソナル編集長の動作がおかしくなった。一太郎とパーソナル編集長をアンインストールし、入れ直したら解消した。こんどはMicrosoft Works7.0の表計算の動作が狂い始めた。これはインストールのし直しでは直らない。カーソルをセルに移動しただけでデータが次々に消えていく恐ろしい症状だ。手が付けられない。これらのファイルはExcelのファイルにしてOpenOffice(私の持っているMS Office互換ソフト)で使うしかない。で、肝心の一太郎だが、何に使ったらいいのだろうか??
 

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

たしかにきれいな書体だ これだけインストールできたらいいのにな 4まんごせんえんとは
毒素新聞で使え

Re: 4まんごせんえん

そんなことは書いてませんが。

愛用者

私は一太郎愛用者です。縦書きの機関紙を週に1回発行。縦書き編集、レイアウト枠の使い易さ、絵の貼付け具合、ページ設定の細かさ、エクセルの貼付け易さ‥‥。仕事ではワードですが、それも一太郎で作ってワードで保存してます。これも簡単。一度慣れたら手離せないですね。

Re: 愛用者

こりゃまた失礼。で、今回の「2011 創」はお買いになった? 私は一太郎自体の悪口は言ってません。しかし他のアプリケーションに影響が出るようだと困ります。コンフリクト問題は結局ユーザーが犠牲になって終わりというケースばかりなので、誠意ある対応で責任を取ってもらいたいと思っています。一太郎は初めて使いましたがエディターモードが使いやすいね。いわゆるフリーのエディター類と違い、画面の文字がきれいです。これで行間を広くしたり出来れば最高のエディターになるところですが……。  

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/25-70c02181