CM斬り 

お茶の水


東京メトロの「東京の魅力を伝えるカラフルな広告キャンペーン」が始まった。堀北真希が千駄木で一日甥っ子と遊ぶ、さわやかな「こどもに返れる篇」……待てよ、うっかり真希ちゃんに騙されるところだったぜぃ。それを言うなら「こどもに帰れる」じゃないの? 何度も流れるのでメールしてやった。一方、三菱自動車の「デリカ D:5/パジェロ クリーンディーゼルの実力」というCM。特殊な車の上につくった45度の急坂を市販車で登る。すごい。字幕は「チャレンジ! 脅威の登坂」……。一瞬だから見逃してしまうが、正しくは「驚異」。これはYouTubeでも公開されているからぜひ確かめていただきたい。誤変換の典型例だ。軍需に縁の深い三菱系だから、「脅威」が先に来たのか。やはり宣伝部にメールする。
まず東京メトロから返事が来たが、「CM中の文字表記により、不快な思いをおかけし……」とあり、そのパターン化した表現にガッカリしてしまった。「今後の参考にさせていただきます」と、のんびりしたものだ。参考程度かい。しかし、東京メトロの名誉のために付け加えると、メトロはこういう点で間違ったとなると対応は実に素早い。三菱自工からも返事が来て、さすがにこちらは「早速関連部門へ対応を検討するよう申し伝え……」と、多少あわてた心理が分る。上記2つのCMはいずれも大手広告代理店の制作である。

今日、お茶の水の井上眼科クリニックへ行く。4時前に入って6時に終わったから、早い方だろう。予約していくと手早いようだが、その余裕がない。ラウンジは19階で暮れゆく神田川がよく見える。眼の断層写真を撮ってもらったら、真ん中にプチッと白いものが見える。それが病気かどうかは微妙なところだと……。
   

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

いつのまにか

来訪者数が8000人を超えました。ありがとうございました。引き続きよろしくお願いします。

従従心と古稀

孔子の時代では「従心、古稀」は「よくぞここまで生きながらえたな。もうこの先には何の欲も未練もない・・・」てな意味だとに思っていて、では現代に当てはめたら何と考えたらいいのだろう、と自問している。今年の賀状で、古稀を迎えた友人からは、「気力に体力がついていかないのが辛いネ!でも健康第一で気ままに川の流れのように自然の摂理に任せておくしかないね。」などのご挨拶があった。「古稀を迎えたらとたんに体のあっちこっちにガタが出始めたよ」というのもあったな。これには同感、同感。

Re: 従従心と古稀

70歳まで生き延びれば御の字だった昔の人とは違い、今はなにかと欲望が先立ちます。老いには逆らわずとはいえ、つい凡人はジタバタしてしまいがちです。ほどほどに折り合いを付けて、テキトーにやるのがいいかなと……。

欲望に支配される年代

大納言氏の生き方をストイックに感じることがよくあります。節制していると言った方がいいか。理想のトマトの飲み方とか、おのれにブレーキを掛けている。これがすごいところです。この世を生きながらえる必須技です。私はブレーキの踏みがうまくないことがしばしです。時節を嘆きつつ、管理してるか、どこかで流せることが出来ている。体だけが頼りなのは伝わる。井上医院で、がんばろう。

Re: 欲望に支配される年代

ストイックとは言えるかもしれませんが……アクセルをふかすと同時にブレーキがかかる仕組みになっているようです。井上眼科……どうなりますやら。

工事現場がカラフル

右下に工事用車両と思われるものが写っています。出来上がった都会の様相よりも工事現場、あるいは工事関係のものの方が色彩は豊かですね。
道を歩いていると過剰な色彩に辟易する場合が多いですが、俯瞰するとそうでもない。不思議ですね。

  • [2014/01/25 23:14]
  • URL |
  • メタボの白クマ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

Re: 工事現場がカラフル

車輌ではなく工事用の台船みたいです。そこへ上流からボートが接近しています。カラフルな、またはそうでない様々な情報がぎっしり詰まった画像だと思うのですが……。この日は検査で散瞳剤を差したので視野が霞み、御茶ノ水駅の下で何の工事が行われているのか確かめる余裕もなくまっすぐ帰りました。

確かに台船みたい

失礼しました。少し上に船が見えました。

  • [2014/01/26 01:04]
  • URL |
  • メタボの白クマ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

おー、クマ氏が軒下におられますな

それにしてもお茶の水は、これほどにも、変わってしまったのか。お茶の水は昔は小さな改札口だったはず。私はこの道をトボトボと、楽しい本屋さんがある神保町だったか、桜通りだったか、そんな通りはなかったか、わくわくと歩いていたのですな。たしか川瀬という楽器店がありまして、自社ブランドのギター弦を売っていました。最初はいい音鳴らすのですが、すぐ伸びきってしまいます。値段が、ヤマハやマーチンと比べて安かった。その店を越えて、楽しい本屋さんに行くのでした。

Re: おー、クマ氏が軒下におられますな

さくら通りはすずらん通りの続きで岩波ホールの裏側を通る道ですね。カワセ楽器は靖国通りにあります。

お茶の水も新御茶ノ水ビルができたり、日立の跡にソラシティができたり、大変な変わりようです。私は25年位前、小川町でしばらく働いていましたが、戦後の古い建物が空き屋になり壊されていく時期でしたね。

三菱自動車は直した

今日、CMをたまたま見たら、脅威が驚異に直っていました。偉いぞ、三菱!

地下鉄は…

二月になり、東京マラソンのものに変わりましたね。
“東京には、ひとつになれる場所がある”って、何のこっちゃ…と思うへそ曲がり婆です(笑)。

Re: 地下鉄は…

えええっ! そうですか? 見てません。
去年のやつを出してきたのかな?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/251-f68ad305