髪を切る苦労 

用賀


髪は長い間自分で切っていた。中目黒の今はなき清風ストアで買ったレザーカッターとT字カミソリ、すきバサミを使い、合わせ鏡で切るのだが大仕事であった。切りすぎて地肌が見えたりの失敗は数知れない。レザーカッターの刃は貝印の青箱というのでないとうまくできず、通販で買っていた。だが、ここ数年は大島の900円カットの店でやってもらっている。自分でやるより格段にきれいだし、手間がかからない。ただこの店、店名がハッキリしないのは我慢するとして、スタッフが微妙に変わるので落ち着かない。1人はやや固定したスタッフがいるようだが、彼に当たるとは限らないし、年配の女性がいたり若い男性になる時もある。どこかに別の店があり、そこと融通を利かせているのかと想像したりする。いつもいる人がいいとも限らない。先日は見ない顔のずんぐりした男性スタッフがやってくれたが、普通は髪を切り終わってから仕上げに眉毛を整えるのだが、彼は右側の髪を切り終わると右の眉毛を揃え、左もまた同じことをする。ドライヤーの当て方も強すぎて少々熱い時があった。自我が強すぎてお客の身になれないタイプか。しかし、終わればそれなりにグッドな仕上がりで数歳若返ったような気がした。

26日は世田谷美術館の「実験工房展」最終日で、A君の誘いを断って駆けつける。実験工房は戦後の一時期、ジャンルを越えて集まった若手前衛芸術家のグループである。活動の一端は大阪万博に繋がるなど、その後のアートシーンに多大な影響を与えた。これは無理しても観る価値があった。30日は午後から雨で、コンビニと郵便局へ行き寒中見舞いを投函するのみ。郵便局ではコンビニで売っていないインクジェット紙はがきを追加で買う。ギャラリーへ行きかけたが天気を見て断念する。寒中見舞いは制作と宛名印字に手間取り、相手に着く頃には寒が終わりそうだ。正月明けには取りかからなければならなかったのである。いつもこんな具合だ。
    

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

何やら見覚えのある場所…

砧公園横の環八ですね。
実験工房と聞くと武満徹が真っ先に浮かび、展示よりも演奏を期待してしまいそうです(苦笑)。

散髪・整髪も一苦労のご様子。
殿方も、数歳若返るなら多少の苦痛も何のその、となるのでしょうか!?
1000円前後の散髪屋はチェーン店も数多あるようで、スタッフは流動的かもしれません。
時々利用する980円床屋のスタッフを見ていると、スピードや手際良さ以外の技術はあまり身に付かないような気がします。
総合的なスキルアップを目指す理容(美容)師には不向きな職場と言えそうです。

Re: 何やら見覚えのある場所…

ものすごい風で遠くの空がグレーになってました。
実験工房展では演奏を聴くコーナーもありました。写真家では大辻清司が多くの後進を育てています。

900円床屋へ行くようになって、苦労は激減しました。ここが一番安かったので愛用しています。あとはこのようなプチ・フラストがどうなるかですね。もとよりスキルは二の次、謎解きする楽しみもあります。

環八ですな…

横浜から第三京浜、用賀を越えて、西荻窪まで、子供のリハビリのため、月1,2回は走った道です。あんな遠くにもう行けない。東京は遠し。

私はS線のT駅の似たよな床屋です。490円で、6ミリです。5分です。待ち時間も、5分。ただし、頭パタパタやると、短いのがさらさらと落ちますけど、いいのです。ありがたい。
 がんばれ、ダイナー氏。

元旦の朝ですが

昨夜は息子を風呂で温めようと、長風呂して、安いワイン飲んでましたら、酔いが回り、9時前には寝てしまい、おかげで、3時過ぎには目覚め、みなさんのブログに書き込んでいたら、また眠くなった。でも、もう息子も起き出しているので、眠れない。つらい朝で、とても元旦とは言えない。ランジェリー酒がいけなかった。

Re: 元旦の朝ですが

490円とは激安ですね。寒もまもなく明けるとはいえ、ずいぶん暖かい天気です。寒中見舞いを出すのが恥ずかしい。カンチューハイ見舞いにしましょうか。缶酎ハイは嫌いですが……。

通りがかり人様

ランジェリー酒は高齢者の体力を極端に奪うものです。飲むときはご用心あれ。
こんどラベルに注意書きを添えることにしましょう。
「このお酒は20歳から還暦まで。還暦以降の方は見るだけでも酔えます。どうしてもという方は嘗める程度に。」

缶チューハイは還暦過ぎの方にお勧めです。私も愛飲しています。

  • [2014/01/31 10:52]
  • URL |
  • メタボの白クマ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

Re: 通りがかり人様

同じ(ような)コメントが2つ付きましたが、その意図は?

古稀過ぎの男にランジェリー酒はさらに悪し。命がけでかぶり……いや、ちがった飲みますかね。缶酎ハイはもっと悪い。缶を開けただけで毒ガスが出るような気がします。

駒井哲郎

実験工房展では駒井哲郎の作品はありましたか?
実は駒井哲郎という人の作品を初めて見たとき、「なんだ、パウルクレーのパクリではいなか」と思い、それ以来見ようという気はわきませんでした。しかし友人に「それは誤解だからもう一度ちゃんと見ろ」と言われていますが、見る機会がありませんでした。
今度機会があったら是非見てみたいものです。

なお、どちらか削除してください。最初のもので投稿ボタンを押したら「不適切と判断」との表示が出ましたので、チョコッと変えて再投稿したものです。検閲にひかかったのかと思いましたが、投稿されていたんですね。

  • [2014/01/31 11:05]
  • URL |
  • メタボの白クマ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

余寒の候

季節のことばを借りるなら寒中もあと3日、4日目の立春からは余寒の候となる。しかし岩手の国は如月の月こそが厳寒真っさかり。さっそく今朝から吹雪、強風が始まった。寒中の候も春の御彼岸までは余寒でも寒中でも時候の挨拶には何の失礼にも当たりませんよ。
でも辛いのは除雪です。寒さよりもこちらの方が大変してます!

Re: 駒井哲郎

「ランジェリー」というのが不適切ワードです。高齢者が無用に興奮します。
駒井哲郎はもちろんありました。クレーのパクリというのは誤解です。ぜひじっくりご覧になって下さい。

Re: 余寒の候

そうですか。東京はやけに暖かいのでね。今日は東北が大荒れらしい。今年は野辺地も雪が少なくて助かっていると聞きました。雪が少ないとスキー場がまずいということもあります。ま、除雪で腰など痛めないように……。

駒井哲郎‥

おっしゃる通りちゃんと見ないといけないですね。若い頃は実に不遜になんでも切って捨てていました。お恥ずかしいです。

  • [2014/01/31 22:24]
  • URL |
  • メタボの白クマ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/252-921f8ff9