五十肩 

8日夜10時頃


今日は朝から灯油販売の会社に怒鳴ってしまった。ずっと前には冬になると日曜日の朝にやってくる石油販売の音に怒りがこみ上げた。キンキンしたオルゴールの「月の沙漠」に休日の安息を台無しにされたが、着替えをして下まで降りていくのが面倒で文句は言えなかった。最近は別の販売車が別のオルゴールを響かせるようになった。コンクリート造りの団地は反響がものすごい。これが来るとテレビ(だいたいNHKの日曜討論の時間)の音が聞えなくなる。お客もほどほどにあるようで敵はいい気分かもしれないが、こちらはたまったものではない。行ったり来たり、小1時間は鳴らし続ける。今日、よく聞いてみると「××灯油販売センター」と言っているのが分った。検索してすぐ電話を掛ける。出た女性に思わず積年の恨みをぶつけてしまった。携帯で連絡したのだろう、オルゴールはすぐ止まった。やれやれだ。やり方を考えてもらいたいものだ。

五十肩になってしまった。五十肩はもう2回経験している。最初は比較的すぐ直ったが、それでも初めての激痛に唸った。同時に整骨院が役に立たないこともわかった。2回目はかなり時間がかかったが、いずれも足裏の反射区にサロンパスなどの貼り薬を貼る方法で直した。私は肩の骨と首の骨がくっつきすぎ、肩と首の痛みが出やすいと言われていた。それでテンピュールの首にいいという枕を使ったら、しばらくその手の痛みは出なかったのだが、ここにきて効果が薄れたようだ。このところ何だか妙に肩が凝るなと思っていたのは、五十肩の始まりだったのだ。右手が動かしにくい。こいつは弱った。
    

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

出ましたか

月の砂漠への怒りも、五十肩と無縁ではないかもしれません。私も二度やっておりますぞ。あれは結構長期間続くのですな。私ですか? やはり千年灸でしたな。オムロンのビクッ、ビクッ、というのも使いました。整形外科で、電気もかけました。即効はなかったと記憶してます。あれは一体なんなんでしょう? あの激痛は。私は今回の腰痛を含め、これからは痛みとの戦いだと、ふんでいます。自分は汗かいて運動しているとき、調子上がります。寒くて、ストレス感じてるとき、血圧上がります。体のこわばりがいけないです。いつの間に、どこかに力入れてるのです。ですから首の回り、温め出す。ダイナー氏も長時間PC使っているようです。やはりほぐすことは大事です。体が気持ちいいことすべきです。部分だけ気持ちいいのではなく、全身気持ちいいことであります。なんちちち。

Re: 出ましたか

せんねん灸は何というツボに据えるんでしょうか?
右肩が痛いのでは全身気持ちいいこともできません。
背中流すのだってどうしたらいいのか……?

千年灸の極太タイプです。

乱暴ですが、激痛部分に、ダイレクトに押し当てます。じんわり、火傷の一歩手前まで、我慢して、離すのです。そして、その周辺を、順次、同じように。正確なつぼは、私は意識しません。主婦の友社のつぼの本をあえて捨てたくらいです。ずばり痛む部位がつぼです。私の場合ですが。扱うのが火なので、火事に注意して下さい。器具や、灰がすっぽり収まるクッキーが入っていたような空き缶が必要です。がんばれ、ダイナー氏。

Re: 千年灸の極太タイプです。

そんな大雑把なことではいけませんね。納得できません。
全体を温めるならほっかいろでもいいんじゃないかな……。

うーむ、これは、私の場合ですので…

つぼはつぼで、絶対存在でありましょう。私の場合はということで、とどめておきます。
ダイナー氏、いろいろ試行錯誤されよ。

Re: うーむ、これは、私の場合ですので…

オッケー。

追伸

今さっき起きて、新都知事のニュースを知りました。おはようございます。白クマ氏の朝風呂に付き合いましたが、私の心の中のTomが暴れる前に、退却してきました。
 さて、くどいですが、むしかえしますが、千年灸にも大小さまざまです。たとえば今腰痛に使っている極太タイプも、つぼを意識しては使えません。背中は見えませんから。片手で、それこそ、大雑把に、激痛部分に、あてがうのですな。じんわーと、熱が、広がり、痛みがほぐれるのです。ギターで左手がひどい腱鞘炎になった時も、お灸の煙でいぶすようにして治しました。右足のアキレス腱の痛みも、いぶして楽になりました。ただ、五十肩には泣けました。子供を風呂で洗ってあげられず、抱えて湯船にも入れてもあげられず、まいりました。一番手強い痛みでした。それでも根性であてていました。もし、つぼにこだわるのであれば、千年灸のサイトを見るといいです。つぼに貼り付ける小さいのや、細いのがいく種類もあります。がんばれ、ダイナー氏。くどいが、試行錯誤であります。

Re: 追伸

白クマ氏の混浴、あそこまでして酒を飲まなければいけないものなのか……なんとも合点がいきませんねえ。今年になって酒は2月6日が初めてです。1人では飲めないたちですし、酒場に1人で行くこともできないので。酒は習慣にせず必要に応じて飲む、これが私のモットーです。

さて、お灸は私も長年使ってきましたが、このところ部屋がお灸臭くなるので敬遠していました。せんねん灸(千年灸ではないな)のサイト見ましたら、五十肩に効くツボが幾つも載っていました。でも、その前に肩をよく温めよとも書いてあります。それが大事かとも思います。数日来の寒波が悪影響を及ぼしたのかもしれませんね。

特に心臓を守るつもりはありませんが、どうしても右向きに寝るクセがあり、右肩ばかりよく寝違えを起こします。お灸もいいけど、貼り薬療法も五十肩によく効きますよ。

五十肩

古稀になっても五十肩とは部分的にまだ若いんですな!(冗談・冗談)。私の場合は針とマッサージを約1時間ほど週に1回位でほぼ治ります。月に1回か2回の時もありますが。これで数か月は耐えられるので良しとしてます。保険が効いて1200円ですから懐も何とか耐えられます。

枕…

長年使用するうちには、どうしても変型します。
およそ7~10年使用したら替え時と聞きました。
同じ品があるなら、買い替えも再発防止になるかと…。
お大事になさってくださいませ<(_ _)>

Re: 五十肩

卆寿になっても白寿になっても五十肩は健在です。

古稀を迎えて医療費が安くなったので利用してもいいかな。でも、貴兄の場合五十肩がずっと続いているような感じですが、大丈夫ですか? 

Re: 枕…

枕も買い換え? それは知りませんでした。かれこれ10年くらいは使ってますね。低反発素材は夏に弱い(熱がこもりやすい)のが難点です。

食って治す

昔から、健康と食い物に関してはほとんど対処も調整もしてこなかったのでこういう主題のコメントは書きにくい。健康と食物に一家言がないということです。
人間の体というのはよくできたもので、体内に不足しているものを欲するようにできている。糖分が不足すれば甘いものが食べたくなり、塩分が不足すれば塩気が欲しくなる、というように。だから、その時々の食べたいものを食べていれば、健康・体調は維持される。
という人生訓で生きてきたので、体調不良への対処も、食へのこだわりも小さい。食欲には、体が欲するというよりは、目が食べたがる、鼻が食べたがる、といった面もありますから自戒は必要でしょうが。
というわけで、五十肩にはどんな食い物が有効か。肩が痛い時に食べたくなった食物が、肩に効く食物でしょう。

Re: 食って治す

なぜ「食」が出てくるのでしょう、私は何も書いていないのに。

>肩が痛い時に食べたくなった食物が、肩に効く食物でしょう。

それはご親切さま。今は何もしなくても痛みが続いていて、食事どころではありません。強いて言えばアイスクリームが食べたいような気もするが、そうでもないような気もする。かと言ってアイスクリームが肩に効くとは思えませんしね。身体が欲しているものが食べたくなるものだという説自体、根拠のない相当な眉唾かと……。

おお、gt氏、来てますな

うちの母は、農家で育った原始的人間であります。母は小さい頃は弱く、祖父は当時は豊かな自然の田んぼで、たくさんの赤ガエルを捕まえてきては、焼いて食わせたとか。
 母は88.5歳ですが、食いたいものを食いたいときに食うのが大原則です。それが体の欲しているものだと、私もこのごろ、そう思うようになってきてます。ダイナー氏はきっちりタイプですので、こういうのは納得できないかもしれませんが、何の病気にかかわらず、食いたいものを食うのは、悪いことばかりではない。ただ、歯止めがかからぬ食べ方になってしまうのが、人の弱さか…なあんちちちちと、インコ居座る。ちっ、ちっ、ち。

Re: おお、gt氏、来てますな

お母さんが赤蛙を食べて元気になった。赤蛙の何がよかったんでしょうね。
それにしても、なぜ食物の話になったのか不思議です。身体が欲するからと言って、毎日ドーナツではエルビスの二の舞ですぞ。インコ居座る。ちっ、ちっ、ちっのち。

60間近の50肩

退職間際に50肩と言われました。40歳、50歳でなった時は肩を冷やさずに寝ることと軽い方の上下・回転運動を繰り返し、いつの間にか治しました。
しかしこの時はつらくてキーボードに手は乗せられても、指を動かすのもつらくなりました。食事を飲み込むときにも痛みが走り、おかゆなどあまり噛まないで済むものを食べました。
やむを得ず整形外科に行ったら、電気や温湿布では無理といわれ、特に痛い右肩の筋肉に週2回軽い麻酔注射を打ちました。4週間通ったら痛みが取れていました。

  • [2014/02/12 20:07]
  • URL |
  • メタボの白クマ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

Re: 60間近の50肩

私もマウスを使うのが厳しいので、左手でやっています。今日は少しいいようです。服の脱ぎ着は大変ですが……。

しかし、食事を呑み込むのも痛いとは、本当に五十肩? 麻酔注射ですか。私は、このまま続くようなら鳴海氏から聞いた鍼治療にでも行こうかと思っています。でも、五十肩は長引くんですよね。

思い出しました。すいません。

右肩のどこかに、Fs氏と同じく、数回注射を受けてました。お灸ばかりを勧めて、申し訳ありません。それなりに、西洋医学も効きました。負けるな大納言氏。

Re: 思い出しました。すいません。

西か東か、関ヶ原ですな。

肩の具合は今日はだいぶいいようです。鍼に行こうと思ったんですが予約制だというし、流しの蛍光灯が壊れたのでその工事のこともあり、様子見します。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/255-7dfa5512