体重を増やすには? 

猿楽町


今朝は7時過ぎに誰かがドアかどこかを叩く音で目が覚めた。先日、インターフォンが上がりっぱなしになりチャイムが鳴らなかったことがあるので、それかと思い覗いてみたが違った。二度寝して起きたのは10時半過ぎ。何となく損した気分だ。雨が降り薄暗い。今日は母の誕生日。生前は一度もきちんとしたお祝いをしてやれなかったのが残念だ。遺影に手を合わせる。昨日はギャラリーf分の1で佐藤一旭氏の写真展を見た。氏は2002年に大企業を定年になってから写真を始めたという人だが、すでに全日写連福島県本部委員長を務める実力で受賞歴も立派なものだ。写真展は「復興の進まぬ故郷を憂う」という副題が付いているとおり、震災と原発の被害にあえぐ氏の故郷・福島の写真である。震災発生以来、今日まで約2万カットを撮影したという。氏の撮り方は、ほとんどが長目のレンズで被写体を引き寄せる手法。私などはついワイドで迫力を付けたくなるが、氏はそんなことはしない。そのためか厳しい中にもほんわかした温もりが感じられた。

先日、区の高齢者健康診断を受けた。毎年受けるべきものだが、昨年は別にちょっとした異常が出て血液検査などをしたので健診は受けていない。検査から指摘された数値はなかったものの、私なりに見返してみると体重が減っているのが気になった。2010年12月54.9㎏、12年1月55.6㎏、そして14年2月52.3㎏と今年が低い。念のために家で入浴前に測ると51.8㎏であった。そういえばこのところ、なんだか顔が年取ったような気がしていたが、やはり痩せていたのか。心当たりがある。体に悪いといわれて深夜のおやつ(といってもパン半分程度)を止めたのである。寝る前に豆乳+牛乳に黒糖を入れ温めたものを飲むのは続けている。私の場合は朝が遅く夜も遅いので、朝昼食の間隔が狭くその分夕食後の時間が長くなってしまうのだ。さてどうしたものか。痩せる方法は多数あるが、太る方法は……?
      

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

縮まる

動植物に限って言えば、溶けたり縮まったり粉々になったりして、やがて消滅する。小生、20年前に比べれば3センチは見事に縮まった。行政の健康診断が毎年あるので受験するのだが2ミリ、3ミリと縮まっている。多くの受験者数を消化するためにいい加減に計測しているのではないかとさえ思う。そのくせ、体重は食が細くなったのに63,4キロでメタボの方も減らない!。例の医者いわく身長が縮まって体重が減らなければ、体内全内臓も縮まるので、脳なら物忘れ、心臓・血管なら高血圧、筋肉なら体力も減って、最後は枯葉のごとくどこかに飛んで行ってそれで「お・し・ま・い!」だとさ。

Re: 縮まる

>それで「お・し・ま・い!」だとさ。

ふーーーーん、寂しいもんですな。
私の場合、身長は161→160→160.2とあまり変動してませんが、160を切ったりしたら考えもんです。慎重に測ってもらいたい。

太る必要は無い

ダイナー氏が、孤独都会生活を送るため、造り上げた肉体である。理想のトマトを吟味して体内取り入れした結果である。今のままで行こう。異常が無いなら。不要な肉はいらない。体に訊きながら、生きていかれよ。なあんちっちーーーい。生きながらえますぞーーーえ。ちちち。

Re: 太る必要は無い

そうでしょうか。人並みにメタボになりたいな。そうでないとともだち100人できませんからね。

似たり寄ったりのを100人作っても

意味が無い。新鮮境地に誘ってくれる女性友人を数人作ったほうが良い。もちろん男性友人でもいいが、今までにない境地の友人が必要。なあんち。メタボで動けているのは白クマ氏のみ。それもあと2,3年だろう。なあんちっちい。

Re: 似たり寄ったりのを100人作っても

ガールフレンド数人は無理でも2、3人は欲しい。古稀を機に飛躍しますか? コキキキキキーなんちゃって。

力士は手本足りうるか

太ろうと思うなら、太ることを仕事にしている人-相撲取りを見習うのがいいのだろう。
彼らの生活は、朝起きてから何も食わずに稽古して朝昼兼用のようなちゃんこ鍋を腹いっぱい食って昼寝する、というものらしい。「飯食ってすぐ寝ると牛になる」という言葉を待つまでもなく、医者に言わせればメタボ一直線のような不健康生活。かつて糖尿病に悩んだ横綱がいたが、糖尿病患者がトップを張れるスポーツなど相撲以外にはありえないだろう。
太ることは、やせることに比べれば容易だろうが、健康的に太るのは至難。一般的に言えば、太ることは生活の緊張、思想の緊張の欠如・緩みであるから、だらけた生活をすれば太れるということだ。やせてる人には思想的緊張がある、とは限らない。逆は必ずしも真ではないが、好き好んで糖尿予備軍-メタボ体型になる必要は薄いようだ。
通りがかり人さんの言うとおり、あるがままの状態を受け入れて自前の健康管理手法に自信を持って対処するということなのでしょう。

Re: 力士は手本足りうるか

太る痩せるにもいろんな内容がありますからね。
成人してからこのかた、体重は50~55の範囲にほぼ収まってきました。ウエストは昔70でしたから、中年以降少し増したようです。要は増減率がどのくらいかということでしょう。来年も減少が続くようなら考えた方がいいということでは。

>一般的に言えば、太ることは生活の緊張、思想の緊張の欠如・緩みである

ひと言にそう断言することは憚られますが、逆に緊張状態が続くのもよくないことかと……。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/260-4c11087c