夜中に古道を歩く厄日 

不忍池


ヒマで参った。振り込め詐欺でも来ないかなと思うが来ない。ギャラリー回りという大事な仕事はあるが、金になるわけではない。3月で小さな仕事が1つなくなり、多分年度末だから来ていたゲーム本の仕事ももう入らない。こと仕事に関しては相変わらず薄氷を踏むような状況が続く。新しいパソコンは18日出荷の予定だからまだ間がある。それまではXPの旧いパソコンを使わざるを得ないが、誰かに貯金をごっそり(といっても元々少ない)持って行かれないよう祈っている。液晶モニターが先に着いたので15インチのと取り替え、その後数日間悪戦苦闘して調整した。私のおっちょこちょいで間違えた点もあったが、解像度が増えた分表示が小さくなるので、それをどうやって見やすくするかが苦心のしどころだ。IODATAのモニターは画面の色味を調節できる範囲も狭いので、フリーソフトを2つ入れ、その2つとモニターの調節機能を使ってやっと何とか見られる色味になった。なお、このモニターの売りであるブルーライト低減機能はほとんど使い物にならない。でも新しいパソコンが来たらまた調整のし直しだろうか? 

12日は私・山羊座の厄日ということになっていた。まず、コンビニでファブリーズを買ったら液が出ず、コンビニへ戻り店員に聞くと最初トリガーを強く引かなければならないのだった。そのことはラベルに書かれているが分かりにくい。要クレームだ。出がけに前日ダイエーで買ったはずのソックス3足組が見当たらず、15分も探しまくったが見つからない。止むなく1足あった旧いソックスを履いて出掛けた。夜中、観劇が終ってぼんやり歩いていると慣れない道で駅の表示を見落とし、反対に歩いていたのだった。この道、えびす通り商店街というらしいが、くねくね曲がった道に飲食店やコンビニなどが適度に配置され、もっと歩いてもいいくらいだった。帰って江戸明治東京重ね地図を見ると、やはり江戸期からの細道がそのまま残っているちと希有な例であった。ソックスは帰ってからヘンなところで見つかった。
   

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

パソコン

今度のパソコン、自作なの?完全自作ではないにしても店にある出来合いをすんなり買わないところをみると小生からみると自作に見えるよ。たいしたもんだ!(よいしょ)でもよく考えてみると18日過ぎまではXPでブログやメールしているんだよね。変なのがこられたら小生はバンザイだからダイナー氏の預金も大事だけれどオレのパソコンも心配だナ!

Re: パソコン

自作ではなくBTO(言わば注文生産)です。私はずっとこれでやってきました。

XPの問題ですが、自動アップデートさえなくなりましたが、マイクロソフトのサイトで更新プログラムは公開されるようですよ。私などはまだいい方で、役所など何%かのXPパソコンがずうっと残るらしい。第一、これで大きな問題が発生したらマイクロソフトの責任はやっぱり問われるし、警告したろうでは通らないと思います。ファイアーウォールもアンチウイルスも入れてますので、そちらさんまで影響が及ぶようなことはないはず。

江戸期明治期の夜の帳

に包まれていたのでしょうな。そうですか、武士や町人が歩いてきかねない深い夜だったのでありましょう。それにしても稀有ですな。タイムスリップ的ですな。ダイナー氏もこのところ、何かに取り付かれていますかな。春のなせる業かも知れない。

Re: 江戸期明治期の夜の帳

江戸から生き延びたタヌキオヤジに葉っぱを出されないようにしないとね。通りがかり人さんに会ったりしたら、こりゃ間違いなくタヌキです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/269-1f77c3e1