自爆の歌 

用賀・世田谷美術館
DSC02541bg.jpg

  ――人はみな孤なりと思ふ真昼間のかげあざやかにめぐる日時計

いきなり拙作を持ち出して恐縮だが、これは93年に東京歌壇(岡野弘彦選)に投稿して2人目に掲載されたのはいいが、岡野先生によって「孤」を「孤独」と変えられ、以後、岡野選を避けて佐佐木幸綱選に投稿することになった因縁の歌である。日時計は物の影が動いていく様を表したもので、現実の日時計を詠んだわけではなかった。岡野先生は1・2句が平板になったと選評に書いており、それは確かにその通りだ。しかし私にとって「孤」と「孤独」は同じではない。孤独は独りぼっちというようなニュアンスの境遇を表しているのに対し、孤は情緒に左右されない存在そのものの本質である。人間は本質的に独り(単独)なんじゃないかということだ。この時、念頭にあったのは86年泉鏡花賞を受けた増田みず子の『シングル・セル』である。シングル・セルは孤細胞。単細胞とも訳す。孤に始まって孤に終る男と女の、出会いと別れを描いていたような気がするが、私が念頭に置いたのは内容ではなくそのタイトルだった。実を言えばこの歌は、ある人を勝手に思慕し自爆に終ったあとの作物だから、孤と言い孤独と言っても一種のかっこつけであることは容易に想像できよう。1・2句目はその時の偽らざる実感であった。なお、増田みず子は東京農工大で植物防疫を学んでいる。

水曜日、時間があったので世田谷美術館で「桑原甲子雄の写真 トーキョー・スケッチ60年」を観る。彼の仕事の全体像を見渡す写真展はこれが初めてだという。戦前からのモノクロとカラーのプリント約200点、コンタクトプリントなど資料約30点のほか、パリを撮ったスライド映写もあり、まことに充実した回顧展だった。桑原甲子雄はアマチュア写真家として世に出、終生そのスタンスを変えなかった。撮影地に上野・浅草が多いのは、実家の質屋の仕事から逃れるため近くに撮影場所を求めていたからだという。戦後は写真評論家や雑誌編集者として東京のスナップを撮り続けるが、終盤の『東京暦日』あたりから、ちょっと気が抜けるきらいなしとしない。会場で「作者の関わりの周期において終りを迎えつつあった」というような表現があったように記憶するが、このことだろうか。

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

始まりましたね…

世田美の桑原甲子雄展。
気になりつつも、山手線の西は多摩川の向こうと同じ位に遠く感じられるこの頃…果たして、最終日6/8までに行くことができるか(ーー;)


それにいたしましても、「思慕」という言い回しに大納言氏の奥ゆかしさを感じます。

Re: 始まりましたね…

墨田川を越えるのが一苦労の歳となりました。
田園都市線は昔、新玉川線と言っていたのを忘れてました。

思慕……奥ゆかしいというより、苦し紛れか。

玉電…

私なんか、今でも「新玉線」と呼んでいますよ。
通学・通勤で5年以上利用しましたから、「田園都市線」は二子玉から先だと反射的に思ってしまう…苦笑。

訂正

隅田川でした。ただいまパソコンの引越し中。

弧なり。いいですな。

真昼間の、誰一人、寄る辺もないところがひたひたと伝わりますな。

Re: 弧なり。いいですな。

ありがとうございます。お元気でしたか?

私は今、Windows7に移行中ですが、頼みの引っ越しツールがほとんど役に立たないようで、ハゲ頭をかかえています。やはりSSDは早計だったか……困った困った、コマタ歩き。

弧なりと

弧なりとくり返すたび深みにはまる弧の底なし

弧よまとわりつく弧よもうお前に体あずける

なあんちっちの弧弧ちっち。まだまだちっち、ここからちっち。なあんち。

Re: 弧なりと

> 弧なりとくり返すたび深みにはまる弧の底なし
>
> 弧よまとわりつく弧よもうお前に体あずける

孤、孤、孤、孤 こけっこー、私はミネソタの孤独売り……。
弾き語りになりますかな?

こっ、こっ、これわわわわ~~~

ワッ、ワッ、ワァーッ、輪が三つ、みつわ、みつわ、みつわー石鹸。返信不要。

美術館などなど

岩手の国にも美術館や博物館はあっちこっちにある。この間、生誕100年「植田正治のつくりかた」という写真展示会を見に行ってきた。数日前から新聞に案内が載っていたので(6月8日まで開催)4月23日にいってきた。初めて知った写真家、モノクロがメインで相当な枚数の展示に圧倒されてしまった。700円の入場料も何とか我慢できるほどだった、というより帰りに展示会場の売店で、各種写真集を立ち読みしたが700円以上の価値を存分に味わってきた。最近、モノクロ写真にこだわるようになって撮っているがデジカメのモノクロは昔のように暗室潜りでやった時代のものとでは格段の差を感じた。いわゆるムカシの写真の素晴らしさを植田正治氏から教えられたのだ。通販でさっそく「植田正治 私の写真作法」送料込で886円(美術館や書店では正価2200円)は安い。他にも何冊もあるが、古本といってもさすがにそれほど安くないので、貧乏年金生活者の悲哀を味わっている。アマゾン通販でいつでも、お金さえあれば買えるのでせっせとへそくりをためているのだ。わが国の場合どこの会場も車で1時間以上かかる所が多いのでその辺が辛いとこだね。

Re: 美術館などなど

植田正治は昨年が生誕100年だったんですね。
植田さんみたいな作品は誰でも撮れるわけではありませんが、刺激としては大いに学びたいものです。おっしゃる通りデジカメのモノクロはきれいすぎるし、妙にシャープでノイズがなく、アタマで作った絵になりがちです。神の出番がないような気がします。本は「日本の古本屋」のサイトをよく使ってますが、写真集は高いのでなかなか手が出ない。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/272-7a2f328f