仕事はこっくりさん 

菱刈俊作展


hao123にやられた。haoは中国の検索サイト百度(バイドゥ)のポータルサイトらしいが、マルウェアみたいにパソコンの設定を変えて自サイトに誘導するソフトをばらまいているのだ。フリーウェアと一緒にダウンロードされ、インストールするときに入り込んでしまう。回避するオプションもあるのだが、それがいたってわかりにくい。現象としてはブラウザの立ち上げ画面がhao123になり、日本語入力がATOKからバイドゥIMEになってしまう。バイドゥIMEはユーザーのデータを勝手に本社に送っていたことがわかり、問題になった。アンインストールした後で、書き換えられた設定を元に戻す作業が必要だ。これを読んでいる人はあまりフリーウェアなど使わないかもしれないが、用心されたい。

土曜日、中目黒のウッディシアターで河馬壱公演『ピーターと狼と・・・』を観る。結果は失礼ながら、プロコフィエフの名作の後ろに伊勢物語と百人一首をくっつけたがうまくいかなかった……といっては身も蓋もないか。少なくとも昨年の『荒地伯ゴッケルの試練』、アラフォーの月石しのぶが分別のない少女を演じ、『ネバーエンディングストーリー』を思わせるピュアなテイストにまとめたのには及ばない。着想が悪いとはいえないにしても、百人一首から先の展開がいまいちであった。最年長のCOZYさんも大変そうだ。とはいえ、打ち上げではなぜか昨年横浜で開かれた「92歳の報道写真家 福島菊次郎展」の思わぬ裏話も聞くことができた。火曜日はトリフォニーホールで現代音楽のグループNEXTコンサートへ。現代音楽の刺激に慣れたわけではないが、演奏の中盤、かなり肝心の個所でついこっくりさんしてしまった。最近は仕事がないためダレ気味で、朝も早く目覚め二度寝するので眠りが浅いのだ。恥ずかしながら電車でもすぐ眠くなる。水曜日は六本木の菱刈俊作『レディー・メイド・メモリー』展初日。今回はコラージュのみだが、こぢんまりしたスペースに収まりがよい。絶妙のテキストとともに幻惑されつい何度も観て回ってしまう。

土曜日の昼過ぎはテレビの十津川警部シリーズ52を観る。既に何度か観ているのに引き込まれる。最近の高嶋政伸はどうもしっくりこない。
    

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

うーむ、フリーウエアという言葉の意味が分からない。

びくびくしながら、パソコンいじりし、逃げるのです。5万円?だった修理費恐怖がよみがえります。悪い奴らが、いるのですな。さすがにアダルトも、多少、ログインする気力が薄れてきました。ダイナー氏も、ウイルスに気をつけて、やって行ってくだされ。電信電波は誰が操るか、わかりませんので。がんばれダイナー氏。

  • [2014/06/21 19:44]
  • URL |
  • 通りがっかり人
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

Re: うーむ、フリーウエアという言葉の意味が分からない。

早速のコメントありがとうございます。
フリーウェアとはフリーソフトともいわれますが、無料で使えるソフトウェアです。私はyoutubeから歌をダウンロードするAntVideoDownloaderというのをインストールしたときにやられました。もちろん歌だけでなく、アダルトにも使えます(そっちが主体?)。

ま、アダルトも危ないけれど、その辺はうまく乗り切るというか、見分ける力が必要でしょうね。深入りはいけませんが……。

コックリさん

小生にとってさっぱりわからん題名の展示会や芝居(というのかな?)、1日に何か所も鑑賞行脚ご苦労様です。電車に乗ればすぐ眠くなるのは田舎でも同じで最終電車は22時頃で終わりなので元同僚と飲んでの帰りは心地よく寝てしまう。何度か乗り越したがこの頃の時間になると戻る電車も2時間近くはない。吹雪の最中暖房もない無人駅で待つ辛さが「電車の中でのコックリさん」をやると今でも鮮明に思い出す。だから夜は絶対に出かけない。

Re: コックリさん

地方の方々にはWEBでたどってもらうしかないのがつらいところですが、書いておかないとこういう記憶はすぐ日常に紛れてしまいます。ギャラリーは増え続け、展覧会も回りきれない数で、無為徒食の身でも時にはアタフタすることがありますね。

こっくりさんは困りもの嫌われ者。吹雪の無人駅で折り返し電車を待つ苦労を察しますが、まだ電車があるんだからいいともいえます。隣の人に寄りかかってしまったり(私のせいじゃありません、みんなこっくりが悪いんです)、テレビドラマで犯人が分からず仕舞い(再放送をお楽しみに)という事態もしばしば。こっくりさんを寄せ付けない方法、募集中。

ネットは厄介そうですが…

LINEをすれば内容が韓国に筒抜けで、PCを弄ればhao123が中国に情報を持っていく…。
もっとも、日本はエシュロンが置かれるはるか以前から、どこぞの国から丸裸にされてましたっけねぇ(苦笑)。

こっくりさんと聞いて、10円玉が入る大きさの鳥居と1~10(100だったかも)の数字・五十音・はい・いいえ・東西南北等を紙に書いて…のアレを連想するのは、少女時代が昭和だったゆえでしょうか(苦笑)。
あれは、罪作りな遊戯でありました。

椅子に深く座り、両手を身体の中心に来るように置き、前方(真っ直ぐの方向)に僅かに身体を傾ける…私はロングシートの車内で眠る時はこの姿勢です。
左右の方に迷惑をかけたことは…多分無いと思います。

Re: ネットは厄介そうですが…

こっくりさんとはそんな奥深いものだったんですか? ナント森田療法の森田先生まで論争に参加しているようですね。ホラー映画にも出てきたような記憶が……。

>私はロングシートの車内で眠る時はこの姿勢です。

その程度の防御で大丈夫かなあ。ま、眠ってしまえば分かりませんからね。究極の防御は座らないことですか。

こっくりがっくりそっくりさん

こっくりに夢砕かれし無人駅

こっくりにつけこまれぬため座らない

こっくりにこの世の果てまで連れてかれ

こっくりは子供時代に築かれし無難技

こっくりとそっくりかえり眼が覚める

こっくりさん、いらっしゃい、なあんちち

  • [2014/06/22 20:20]
  • URL |
  • 通りがっかり人
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

Re: こっくりがっくりそっくりさん

こっくりさん、さんを忘れてお仕置きだ

永遠に吹雪止まざる無人駅

こっくりと頷くことに意味がある

こっくりさんろうそく灯せばなお怖い

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/282-ac983154