セルフイメージ 

谷中


さすがに暑い。今日土曜日からエアコンを使い始めたが、1年の間にリモコンの電池が切れてしまい単4は買い置きもない。暑い中、コンビニへ買い出しに行かざるを得なかった。東南東の我が家は特に朝が暑く、恐怖の朝日が一気に朝の室温を上昇させる。夕方からは一転、扇風機でも涼しいくらいになる。

つのだじろうの『うしろの百太郎』という漫画が70年代に守護霊・背後霊のブームを巻き起こした(つのだの『恐怖新聞』というのも怖かった)。さて昔、背に縫い目のない子供の着物は魔が忍びこむとされ、魔除けとして背守りが付けられた。糸じるしや刺繍、縫い取り、端布、押絵などだが、同じ趣向のものに百徳着物や守り袋、迷子札がある。京橋・LIXILギャラリーの「石内都展―幼き衣へ―」と「背守り 子どもの魔よけ 展」は2つの会場を使い、石内の撮り下ろし写真とともに魔除けの実物を展示している。実物の方は写真撮影が可能だ。昭和以降、洋装化に伴って消えようとしていた背守りの文化的価値を認め、保存してきたのは2人の女性だった。佐治ゆかり(郡山市立美術館長)の解説によると、自分では見ることもできない無防備な背中は、「うしろ」の世界(異界)を想起させる。つまり人は背を境界として「うしろ」(異界)と表裏一体の存在なのだという。弱い子供に対しては、特に背をしっかり守る必要があった。今でいうワクチンみたいな効用であろう。なお、百徳着物とは子育ちのいい家や長寿の年寄りから端布をもらい、丹念にはぎ合わせて作った着物で、子供に着せると丈夫に育つという風習があった。以前紹介したぼろのパッチワークを連想させるが、その昔、大勢の人の知恵と労力を集めて作られた布は貴重であり、布自体が人の身体を守る霊的存在と考えられたとしてもおかしくない。両展とも8月23日まで(毎水曜日と8/14~17は休み)。

20日は光門映恵(みつかどあきえ)の絵を見に谷中へ出向く。光門といってもご存じないだろうが、劇団河馬壱の役者として5回出演している。ぼそぼそと話すセリフ回しが逆に新鮮だった。その光門が無事美大を卒業したというので、どんな絵を描くのか興味津々だったのだ。ただし今回は彼女の個展ではなく、同世代の男子の造形作品とともに展示され、ディレクションを含めた勉強の一環だったようだ。光門の絵は全て自画像で、空白の背景にピュアなセルフイメージが突出している。今後、彼女の人生にどんな背景(関係)が描き込まれるのか、あるいは背景も主体もないゴチャゴチャした現実に直面したとき、彼女がどんな表現をとるのか、果てしない期待を抱かせるキャラクターではある。
      

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

好き嫌いが激しく

谷岡ヤスジは好きで、朝鳥の真似をして、仲間や先輩に受けるのがうれしくて、そればかりやっていた。出てくるキャラクターもおもしろかった。つのだについて絵は思い出したが、記憶がないのは避けて通っていたのだろう。語る資格なし。霊などについては、どうも、真剣に向き合わないできてしまった。
 ダイナー氏の個展探訪もこなしの数でも相当なものを感じます。長い年月をかけて築き上げてきた深みを感ずる。辿ってきたもの、辿ろうとしているものも、長年の経験がものをいっている。光らないもの光るもの輝きそうにないもの、輝きそうなものの見極めというか、嗅ぎわけというか、それが構築されている。こっちから見ていても、充実している気がするが。なあに、仕事がないから、と、謙遜てすかな。棺おけは先の話でしょうな。

Re: 好き嫌いが激しく

ギャラリー回り、暇つぶしにやっておりますが、白クマ氏のように自分の言葉で丁寧に解説するのはなかなか真似できませんな。私のはパンフレットの文言の切り貼りですからね。切り貼りがうまいとは誰も褒めてくれませんし。輝くものかどうかはどうでもよく、もっぱら我田引水でやっております。

さて、今日は地元稲荷神社のお神輿日。朝から祭り太鼓が景気よく鳴っておりますが、午後からひやかしに出かけてみようかと……。

つのだファミリー…

通りがかり人様は、つのだじろうよりもつのだひろのほうがお馴染みかもしれませんね(笑)。

つのだじろうは、小学5~6年の頃がドンピシャ流行ど真ん中…笑。
『恐怖新聞』と『うしろの百太郎』は、学校でコッソリ回し読みしましたねぇ。
あの頃は怖い話が随分と流行って、真夏の寝苦しい夜に限ってそんな話を思い出して殊更眠れなくなる…なんてことがよくありました。
あのテの話も流行り廃りがあるようで、『口裂け女』は1980年前後、『トイレの花子さん』は1990年代半ばでしたか。

それはともかく…。
幼子が育たないことのほうが当たり前だった時代は、子どもの健やかな成長を願う気持ちが今よりずっと強かったでしょうし、思い入れや創意工夫(殆どが因習として消されてしまったような…)も様々あったはず。
戦中の千人針もそうですが、思いを込めながら針をすすめることが魔除け・厄除けにつながると信じられていた(信じたかった)時代が、ついこの間まであったのですよね。
興味深い企画ですが、この暑さの中、京橋まで出かける気力があるかどうか…苦笑。

Re: つのだファミリー…

つのだ☆ひろが正しいらしいけど、何者??

つのだじろうの世界にはまった人がいて安心しました。『恐怖新聞』は1日の出来事を予め教えてくれるが、1回読むと100日ずつ寿命が縮まるという……。今の新聞はまさに「恐怖新聞」そのもの。怖いニュースばかりで読むたびに150日ずつ寿命が縮まりそうです。

千人針は日露戦争の時に流行りだしたといいますから、かなり付け焼き刃的なマジナイでしょうね。魔除け転じて弾除けという語呂合わせもさることながら、意匠としての創意工夫もなく、せっぱつまった意識が哀しいといったらいいか。

昨日はお祭り

久々に一眼レフを持ち出しましたが、3時間ほどお神輿について回っただけでぐったり。連中は朝からやっているんですから、わが身体のなまり方は相当なものです。途中で雨が降り出したのを言い訳に、そっと退散しました。

3時間ですとな

ううむ、神輿ですか。今日はしのぎやすい。3度の差は本当にでかいで。次回の写真が楽しみですな。

Re: 3時間ですとな

いやー、たぶんいい写真はないと思う。

今朝はAくんの電話で叩き起こされてしまいました。7時半ごろか。彼はリタイア人の生活パターンが飲み込めてないとみえます。もはや早起き勤勉の日本人ではないというのに。今日は涼しい……? そうですか。エアコンを点けていると全然分かりませんね。

「うしろ」(異界)

今でもよく言われる。「気をつけろ、弾は前からばかりとは限らないぞ!」と。うしろはまさに無防備の極み、泣き所だ。しかし今では前後左右上下から堂々と足蹴にしてくる奴がいる。アベノミクスという武器をもって・・・。『うしろの百太郎』は子供心に恐怖だったが、今度は『前後左右上下のアベシンゾウ』の方が人類にとって恐怖の大魔王だ。思い出したが、そういえば昔、柳の下のユウレイは「うらめしや~」といって出てくるが、「うら・・・」は《うしろ》の事かな?ナンチャッテ!

Re: 「うしろ」(異界)

アベシンゾウ、『妖怪図鑑』第2版に載りますかな?
一度打ち倒されたがカムバックして仲間を増やし、前後左右をのらりくらり状態にしてしまう。お坊ちゃま育ちなので50すぎても舌っ足らず。ホーレー線をつつかれるのに大変弱い。お神輿の水を掛けられただけでギャフンとなる。

私よ。千代子!本間ち、よ、こ!

覚えてくれてて、うれしいわん。うっふんふんのふん。あっはんはんのはぁ~~~~~ん。

あなた、ん、異界より早く帰ってん!
百太郎ちゃんとの遊びはほどほどになさってん。ちよこ、霊の付く言葉は嫌いよ。
異界なんて遺誡なものか…あれ、変な変換なさらないでん。うっふん、遺誡してん。いかい、いいかい! いかいん!いかいん!ちよこ、異界ょぉぉぉぉーーーーーー。ナゴンさまぁぁぁぁぁぁぁぁーーーーー

Re: 私よ。千代子!本間ち、よ、こ!

tomさんじゃありませんか、何です? 変な声出して。
ほんまもんの千代子さんからクレーム来たらどうするんですか?
後で恥ずかしくなっても知りませんよ、永久に残りますからね、これ。

ポルターガイスト

つのだじろうは懐かしい名前。ちょうど学生時代ど真ん中あたり。ただ、あまり熱心に読んだ記憶がない。寮の部屋で回し読みの漫画本が回ってきたときに目を通した程度だろう。思い出すのは、寮の部屋で互いの批判の喋りをやっているときに「ああっ、手が、手が」とか言って手を震わせながら相手の頭をゴツンとやるポルターガイスト遊び。他愛ないと言えばその通りだが、当事者間では結構楽しめた。漫画よりは記憶に残っているゆえんである。
斯様に、昔から霊性は弱かった、ないしは無かった。パワースポットに行ってパワーを感ずることもない。だからと言って稲川淳二のような人間がいることを否定はできない。霊性の強い人間も、弱い人間もいるのだろう。このブログで眺めるとあまり霊性の強そうな人間は見当たらず、大納言殿が唯一やや強いかとも思われる。それも占いへの思い入れの強さ、つのだの漫画を怖いと感じる感性から類推しているだけで、結構ガリガリのリアリストの面もあるから大した霊性ではありますまい。
鳴海氏の言うとおり、本当に怖いのはよく見えない霊などではなく、現実世界の邪悪・無邪気な邪悪のほうかも知れない。ヤンバルクイナにとっては直近にいるハブよりも人間という文明による自然破壊のほうが怖いように。

Re: ポルターガイスト

ち、よ、こ氏が来たかと思えば今度はボルターガイストさんですか。
セロ弾きのゴーシュみたいに忙しい。
忙しいといえば、29日は仕事仲間と会って四谷で飲んだら胸焼けし、30日は長州にいる某ヤスオ氏が上京してきたというので、平井から新小岩に移って飲んで歌いました。仕事してるヒマがないぞ。

霊感はときどき人の名前を思い出すと、その人がらみのメールや手紙が届いたりニュースになったりすることがありますが……。GTじゃなかったポルター氏は理屈が100%ですから、霊関係の素質は薄いでしょうな。

Re: ポルターガイスト

「ポルターガイスト」はタイトルで名前じゃありませんでしたね。
GT氏くさいがGT氏だという確証は今のところありません。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/287-4a95210c