白けた都知事選 

ネコ

高校野球。八戸の光星学院は大会第7日目、智弁和歌山に敗退した。インタビューで主将の話す関西弁に鼻白んだ向きが多かったようで、ネットにもその手の書き込みが散見される。ベンチ入りメンバー18人のうち16人が東北以外の出身だというから、なんだろナとなる。慎太郎のジグザグ行動が波乱を巻き起こした都知事選も、AKBを引っ張り出したにもかかわらずシラケムードが漂う。渡邉美樹はワタミの社員が総動員されているそうで、いわゆる企業ぐるみ選挙であり別人に投票した社員はクビになりかねないが、なぜかマスコミも批判しない。渡邉美樹にしろ東国原にしろ気の抜けたようなスローガンを箇条書きにした公報にガッカリする。構図としては革新都政の再現を夢見る小池と、鈴木俊一の姿勢をポピュリズム的に拡大させる慎太郎に二分されると思うが、今回の大震災が冷静な政策論争を不可能にしてしまったとしたら不幸なことだ。圧倒的な優位に立ち「もう一つの国家」樹立を目指す慎太郎の公約は強者の論理で貫かれている。鈴木と同じように慎太郎も自身の健康が売りである。本質的に弱者・被差別者のことはわからないしわかろうともしない。「認知症ゼロ・寝たきりゼロ・孤独死ゼロのトリプル・ゼロ社会」を実現するとは書いているが、寝たきりの老人をむりやり立たせるイメージしか浮かばないのは私だけだろうか。上りすぎた龍はもはや下るしかない。

現代の灯火管制、節電都市の薄暗がりには困った。暗い道を相変わらず無灯火の自転車がすっ飛ばして行く。灯の消えた駅のあんどん式表示は近づいても容易には読めない。日頃、煌々と点っている団地の照明もさすがに暗くなった。
     

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

いい面構えの猫

目つきもいいですね。このパンチ、引っかき傷は痛そうです。
小池では石原をなでるようなもの。
ワタミ・東国原でも勝負にならないようですね。

Re: いい面構えの猫

そんなに睨まなくてもって言いたいが……。
さて、都民として貴重な一票を誰に入れるべきか。ドブに捨てるのも大きな1つの選択肢です。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/29-d6b89b67