祭り囃子に誘われて 

ついおしゃまな女の子に目が行く
 DSC03290bg.jpg DSC03265bg.jpg

24日の日曜日は夕方から亀高神社の祭り囃子に誘われて、お神輿を追いかけてきた。亀高神社は砂町銀座の赤札堂の裏手にあるので、お神輿は狭い砂銀を通り抜けてから、裏の参道を戻ってくる。ぱっとしない天気で写真映えしない条件だが、コンパクトカメラで100枚余り撮った。六丁目の亀森稲荷の時と同様、担ぎ手グループごとのカラフルな半纏が見て楽しい。なお、亀高とは葛飾郡亀高村の名残で北を表亀高、南を裏亀高といった。我が団地内には亀高小学校がある。亀高神社は亀高新田開拓に際し鎮守として寛永年間に創建。大空襲で焼失する災禍にも遭ったが、昭和38年に地守稲荷神社を亀高稲荷神社に合祀し、亀高神社と改称。現社殿は昭和43年に落成した。ただし地守稲荷とはどこにあったものか判然としない。ともあれ江戸っ子は本当にお祭りが好きだし、そのために氏子制度が維持されているのがエライと思う。

DSC03281bg.jpg DSC03321a.jpg

野辺地の祇園祭も同じ土日に行われたが、初日は土砂降りの雷雨に見舞われたそうだ。野辺地の祇園祭は京都伝来のものだから、ワッショイはなく整然と進む。化粧した稚児たちが笛・太鼓で拍子をとるのもみやびに見える。一方、弘前ではねぷたの死亡事故で7日間の日程が5日で中止になった。油圧でねぷたを上下させる仕掛けとは戦車なみの装備ではないか。それに1週間もねぷたで跳ね続けるなんて津軽人にしかできない狂気である。

2時間ほど付き合って帰ったらぐったり疲れた。

DSC03326bg.jpg 
         
付記:本所七不思議の1つ、たぬきばやし。どこからともなく聞こえるお囃子にひかれて祭りの場所を探しても見つからず、家に帰って寝たと思っていたら実は草原だったという。
      

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

子供達が活き活きしてますな

子供の頃は活き活きしていた私でした。神輿はなかったのですが、演芸会がありました。国定忠治などが演じられてましたな。今でもああいう旅の役者さんたちはいるのでしょうかね。
 わんちゃんの上に逞しき男性型のY字路がありますな。涼しそうでいいですな。

祭りは秋の始まり

いつの間にか「処暑」も通り過ぎて、涼風が吹きわたる初秋の幕開けだ。今年も四季の区切りがなく、旧暦で楽しむ暮らしが無くなった。かろうじて祭りだけが季節の巡りを伺わせてくれる。信仰心は無くとも初詣と同じに神に感謝し「御神輿」をかついで町内の安全祈願・五穀豊穣を祈念する姿は尊い。やっぱり祭りは秋に限る。

Re: 子供達が活き活きしてますな

私の子供時代は「美しき天然」のメロディーに乗せての、オートバイサーカスが目玉だったような。八幡様の境内にできる夜店の数々も、一夜にして消え失せてしまう。その仮装の賑わいが楽しくもあり寂しくもあり不思議でもあり。

男性のもっこりY字路。お目にとまればおなぐさみ。男はいつも岐路に立つ。右か左か、A子かB子か。男のY字路、哀しい運命。さあ、仕事仕事……そっか、仕事はないんだっけ。

Re: 祭りは秋の始まり

先月末の亀森稲荷のときは盛夏で水を掛けられてちょうどよかったけど、今度のはチト冷たかったかも。岩手の町にはお祭りはないんでしょうか? ともあれ季節の変わり目です。若者には恋の終わり、老人には節々の痛み。リーフ……東京の秋は寂しい。

祭りのあとさき

祭りばやしという言葉には、その華やかさと表裏の寂しさが付いて回る。祭りの楽しさとそれが終わった後の虚脱感と言ってもいい。初秋の夜、遠くから聞こえてくる祭りばやしはそれだけで夏の終わりの静けさを実感させてさびしい。
 この感覚が、祭りを人生の最盛期の比喩にしてその喪失を語る作品のリアリティとなっているのだろう。

後で思えば、あの時の祭りの山車は
私の祭りのすべての後ろ姿だった
・・・・・・・・・・・・・・・
人は誰でも祭りの終わりを知る
祭りばやしに入れなくなる時を知る
(中島みゆき)

「宴のあと」「後の祭り」「Party is over」等々。映画「祭りの準備」とは最盛期を準備する青春期という意味だったか。
祭りばやしに誘われて神輿を追いかける大納言氏は気持ちの上では十分に若いということでしょう。体力はその気持ちに追いつかないようですが。
東京の祭りなど老人が妙に張り切っているものばかりだ。日本全国そうかもしれぬ。それでも元気な老人を見ると少しうれしくなる。
お互い、祭りに浮かれる若さは保持したいものだ。
中島みゆきの作品とはわかっているが、題名は思い出せない。ズバリ、「祭りばやし」だったか。

Re: 祭りのあとさき

ほほー、後藤氏もたまにはいいこと書く。中島みゆきの「祭りばやし」、YouTubeで聴かせてもらいました(誰かのカバーだけど)。しっとりしたメロディーの中に取り返しのつかない喪失感を込めていますね。カラオケではちと歌いにくそうです。

ううむ

gt氏が、せつせつと語りてますな。ひさしぶりにお二人の話もかみ合っております。
partyのみならず色々なものがoverですな。ダイナー氏の年とらない精神の極意はなんなのでしょう。私は耳が年齢から来る難聴といわれて明るくないのであります。

軟調は知らずのうちにやって来て居座る

そうだ、居座らせぬことなのだな。なあんちつちの居座りリッチ。

Re: ううむ

なんちょなんちょ、というわけにはいきませんか。
ミュージシャンである通りがかり人さんにとっては一大事ですね。私も人の話を聞かない病気なんだそうですが、これは治しようがありません。

難聴のツボは耳の周りに集中しているようですから、耳周りを適当にマッサージしてみてはいかが? 耳たぶを引っ張るのもいいでしょう。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://dynagom.blog.fc2.com/tb.php/292-9064fb88